ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化した。日本でもようやくLCCが軌道に乗る道筋が見えてきたが、グローバルな競争力は相変わらず低いままとなっている。日本の空がガラパゴスから脱するのは容易ではなさそうだ。

jetstar
 現在、日本にはピーチ・アビエーション、バニラ・エア(旧エアアジア・ジャパン)、ジェットスター・ジャパンの3社が就航している。これに加えて中国系のLCCである春秋航空が2014年から運航を始めているほか、エアアジアが2017年の国内再就航を目指している。

 もっとも業績がよいのはピーチで、2016年3月期における売上高は前期比29%増の479億3900万円、営業利益は約2.2倍の61億8100万円となった。3年連続の増収増益であり同社はこの決算で累損を一掃している。

 ピーチ以外の2社は苦戦していたが、今期の決算では揃って黒字化に成功している。全日本空輸(ANA)の100%子会社になったバニラ・エアの2016年3月期における売上高は217億9600万円、営業利益は14億9900万円だった。
 バニラ・エアはもともとエアアジアの子会社としてスタートしたが、同社は日本から撤退し、事業はANAが引き取り100%子会社として再スタートを切った。当初は搭乗率の低迷に苦しんだが、路線の見直しで業績が回復した。

 3社の中でもっとも苦しかったのはジェットスター・ジャパンだが、2016年6月の通期決算では、売上高が522億3800万円、営業利益が13億500万円と、とうとう黒字転換を果たした。これで主要3社はすべて収益体質となった。

 LCCは安い運賃を実現するために低コスト運航を行っているが、日本のLCCは諸外国に比べるとまだまだ高い。3社の座席キロあたりのコストは6円から8円となっている。JALとANAは12円程度なので2社に比べるとかなり安いが、それはJALとANAのコストが国際的に見て異常に高いからである。

 米系の大手エアラインである、デルタ、ユナイテッド、アメリカンの3社のコストは9円程度と日本のLCCと大差はない。諸外国のLCCのコストは大幅に安く、欧州の大手LCCであるライアンエアーは4円、エアアジアは3円と、日本のLCCの半分以下である。

 日本のエアラインが高コストなのは着陸料など施設利用コストが高いことが大きいといわれている。空港は官営のところが多く、一部は完全に政治利権となっているからである。
 国土交通省は、利用客の少ない地方空港の着陸料を大幅に値下げする方針を固めている。しかし、これに対しては、民営化を実施した一部の地方空港から反対の声が上がるなど難航が予想される。

 JALとANAを守る必要があることから、国土交通省はこれまでLCCの普及には消極的だった。だが一方では、海外からの観光客誘致のため、着陸料の大幅引き下げも検討している。さらにもう一方では、低コスト化というお題目で空港の民営化も進めているというちぐはぐな状況だ。羽田と成田の関係をどうするのかも調整出来ていない。

 とりあえずLCCの黒字化は達成したが、どっちつかずの航空行政は以前から何も変わっておらず、日本の空のガラパゴス化は当分の間、解消されそうにもない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

hongkong
香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香 …

yanai00
柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会 …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …