ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化した。日本でもようやくLCCが軌道に乗る道筋が見えてきたが、グローバルな競争力は相変わらず低いままとなっている。日本の空がガラパゴスから脱するのは容易ではなさそうだ。

jetstar
 現在、日本にはピーチ・アビエーション、バニラ・エア(旧エアアジア・ジャパン)、ジェットスター・ジャパンの3社が就航している。これに加えて中国系のLCCである春秋航空が2014年から運航を始めているほか、エアアジアが2017年の国内再就航を目指している。

 もっとも業績がよいのはピーチで、2016年3月期における売上高は前期比29%増の479億3900万円、営業利益は約2.2倍の61億8100万円となった。3年連続の増収増益であり同社はこの決算で累損を一掃している。

 ピーチ以外の2社は苦戦していたが、今期の決算では揃って黒字化に成功している。全日本空輸(ANA)の100%子会社になったバニラ・エアの2016年3月期における売上高は217億9600万円、営業利益は14億9900万円だった。
 バニラ・エアはもともとエアアジアの子会社としてスタートしたが、同社は日本から撤退し、事業はANAが引き取り100%子会社として再スタートを切った。当初は搭乗率の低迷に苦しんだが、路線の見直しで業績が回復した。

 3社の中でもっとも苦しかったのはジェットスター・ジャパンだが、2016年6月の通期決算では、売上高が522億3800万円、営業利益が13億500万円と、とうとう黒字転換を果たした。これで主要3社はすべて収益体質となった。

 LCCは安い運賃を実現するために低コスト運航を行っているが、日本のLCCは諸外国に比べるとまだまだ高い。3社の座席キロあたりのコストは6円から8円となっている。JALとANAは12円程度なので2社に比べるとかなり安いが、それはJALとANAのコストが国際的に見て異常に高いからである。

 米系の大手エアラインである、デルタ、ユナイテッド、アメリカンの3社のコストは9円程度と日本のLCCと大差はない。諸外国のLCCのコストは大幅に安く、欧州の大手LCCであるライアンエアーは4円、エアアジアは3円と、日本のLCCの半分以下である。

 日本のエアラインが高コストなのは着陸料など施設利用コストが高いことが大きいといわれている。空港は官営のところが多く、一部は完全に政治利権となっているからである。
 国土交通省は、利用客の少ない地方空港の着陸料を大幅に値下げする方針を固めている。しかし、これに対しては、民営化を実施した一部の地方空港から反対の声が上がるなど難航が予想される。

 JALとANAを守る必要があることから、国土交通省はこれまでLCCの普及には消極的だった。だが一方では、海外からの観光客誘致のため、着陸料の大幅引き下げも検討している。さらにもう一方では、低コスト化というお題目で空港の民営化も進めているというちぐはぐな状況だ。羽田と成田の関係をどうするのかも調整出来ていない。

 とりあえずLCCの黒字化は達成したが、どっちつかずの航空行政は以前から何も変わっておらず、日本の空のガラパゴス化は当分の間、解消されそうにもない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

mujinki02
オバマ大統領が無人機の運用厳格化を表明。グアンタナモ基地の閉鎖は進まず

 オバマ米大統領は5月23日、ワシントンの国防大学で演説を行い、無人機を使った対 …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

taima
高樹沙耶容疑者の逮捕で医療用大麻への関心が高まっているが・・・

 大麻取締法違反で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者が、医療用大 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …