ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行われているとの話が取り沙汰されている。もんじゅについては、以前も政府内部で廃炉を含め検討が行われたが、立ち消えになった。議論が表面化しないということ自体が、この問題が迷走していることを如実に示している。

monju

 もんじゅの廃炉問題について菅官房長官は報道を否定している。しかし、もんじゅを今後どうするのか、政府として明確な道筋があるわけではない。

 もんじゅは日本の原子力政策の根幹となる炉であり、もんじゅを存続させるか廃炉にするのかによって、日本の原子力政策は180度変わる。その理由は、日本は「核燃料サイクル」の確立を原子力政策の基本に据えているからだ。

 一般的な軽水炉はウランを燃料にして発電を行うが、使用済み核燃料の取り扱いについては方向性が分かれている。米国はコストが高く危険が伴う再処理は行わず、そのまま廃棄するというワンスルー方式を採用している。核兵器については軍の管轄なので民間の原子炉はこれに関与しない。コストと安全性が最優先という考え方である。

 一方、日本は使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムを抽出して再利用する方式を採用した。使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し、再び原子炉で燃やすという一連の仕組みを核燃料サイクルと呼ぶ。
 プルトニウムを有効に利用するためのカギとなる原子炉が高速増殖炉であり、核燃料サイクルが確立できるかは、もんじゅが問題なく稼働できるのかにかかっている。

 しかし、もんじゅは相次ぐトラブルで運転停止に追い込まれており、再稼働の見通しは立っていない。また、青森県六ヶ所村に建設中の核燃料再処理施設についても、何度も操業が延期になっており、こちらも稼働の見通しが立たない状況が続く。さらに言えば、再処理後に発生する高レベル廃棄物の最終処分場もまだ決まっていない。

 もんじゅは現在、日本原子力研究開発機構が運営しているが、原子力規制委員会は、もんじゅの運営主体の変更を求めている。仮に再稼働を目指す場合でも、4000億円から5000億円の追加費用が必要になるとの試算も出ており、実現はかなり難しい。

 核燃料サイクルの是非については何度も議論の対象となっては立ち消えになることの繰り返しである。進むにせよ、中断するにせよ、何を決められずにいる時間が長ければ長いほど損失も大きくなる。もんじゅの問題は、決断できない日本人の特徴がよく表れたケースといってよいだろう。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

kokintou
中国共産党大会が無事に開幕。今後の胡錦濤氏の立場はある程度担保された

 相次ぐ権力闘争で日程が延期され、クーデター発生説まで取りざたされた中国の政権交 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

googlekesan201303
Googleがスマホ広告増加で好決算。だがクリック単価の回復は遅々として進まず

 米グーグルは4月18日、2013年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …