ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行われているとの話が取り沙汰されている。もんじゅについては、以前も政府内部で廃炉を含め検討が行われたが、立ち消えになった。議論が表面化しないということ自体が、この問題が迷走していることを如実に示している。

monju

 もんじゅの廃炉問題について菅官房長官は報道を否定している。しかし、もんじゅを今後どうするのか、政府として明確な道筋があるわけではない。

 もんじゅは日本の原子力政策の根幹となる炉であり、もんじゅを存続させるか廃炉にするのかによって、日本の原子力政策は180度変わる。その理由は、日本は「核燃料サイクル」の確立を原子力政策の基本に据えているからだ。

 一般的な軽水炉はウランを燃料にして発電を行うが、使用済み核燃料の取り扱いについては方向性が分かれている。米国はコストが高く危険が伴う再処理は行わず、そのまま廃棄するというワンスルー方式を採用している。核兵器については軍の管轄なので民間の原子炉はこれに関与しない。コストと安全性が最優先という考え方である。

 一方、日本は使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムを抽出して再利用する方式を採用した。使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し、再び原子炉で燃やすという一連の仕組みを核燃料サイクルと呼ぶ。
 プルトニウムを有効に利用するためのカギとなる原子炉が高速増殖炉であり、核燃料サイクルが確立できるかは、もんじゅが問題なく稼働できるのかにかかっている。

 しかし、もんじゅは相次ぐトラブルで運転停止に追い込まれており、再稼働の見通しは立っていない。また、青森県六ヶ所村に建設中の核燃料再処理施設についても、何度も操業が延期になっており、こちらも稼働の見通しが立たない状況が続く。さらに言えば、再処理後に発生する高レベル廃棄物の最終処分場もまだ決まっていない。

 もんじゅは現在、日本原子力研究開発機構が運営しているが、原子力規制委員会は、もんじゅの運営主体の変更を求めている。仮に再稼働を目指す場合でも、4000億円から5000億円の追加費用が必要になるとの試算も出ており、実現はかなり難しい。

 核燃料サイクルの是非については何度も議論の対象となっては立ち消えになることの繰り返しである。進むにせよ、中断するにせよ、何を決められずにいる時間が長ければ長いほど損失も大きくなる。もんじゅの問題は、決断できない日本人の特徴がよく表れたケースといってよいだろう。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …

isuramutero
イスラム国による邦人殺害予告。真価が問われる日本版NSCと日本人

 イスラム過激派組織「イスラム国」のグループは2015年1月20日、日本人男性2 …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

sangiin
山本太郎議員の軽率行動があぶり出す、参議院の歴史的価値と現代の存在意義

 参院議院運営委員会は11月8日、理事会を開催し、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡 …

hiranuma
維新の会と石原新党が急接近。橋下氏のたちあがれ批判は戦略?

 基本政策の違いをめぐって駆け引きが行われていた維新の会と石原新党(たちあがれ日 …