ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行われているとの話が取り沙汰されている。もんじゅについては、以前も政府内部で廃炉を含め検討が行われたが、立ち消えになった。議論が表面化しないということ自体が、この問題が迷走していることを如実に示している。

monju

 もんじゅの廃炉問題について菅官房長官は報道を否定している。しかし、もんじゅを今後どうするのか、政府として明確な道筋があるわけではない。

 もんじゅは日本の原子力政策の根幹となる炉であり、もんじゅを存続させるか廃炉にするのかによって、日本の原子力政策は180度変わる。その理由は、日本は「核燃料サイクル」の確立を原子力政策の基本に据えているからだ。

 一般的な軽水炉はウランを燃料にして発電を行うが、使用済み核燃料の取り扱いについては方向性が分かれている。米国はコストが高く危険が伴う再処理は行わず、そのまま廃棄するというワンスルー方式を採用している。核兵器については軍の管轄なので民間の原子炉はこれに関与しない。コストと安全性が最優先という考え方である。

 一方、日本は使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムを抽出して再利用する方式を採用した。使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し、再び原子炉で燃やすという一連の仕組みを核燃料サイクルと呼ぶ。
 プルトニウムを有効に利用するためのカギとなる原子炉が高速増殖炉であり、核燃料サイクルが確立できるかは、もんじゅが問題なく稼働できるのかにかかっている。

 しかし、もんじゅは相次ぐトラブルで運転停止に追い込まれており、再稼働の見通しは立っていない。また、青森県六ヶ所村に建設中の核燃料再処理施設についても、何度も操業が延期になっており、こちらも稼働の見通しが立たない状況が続く。さらに言えば、再処理後に発生する高レベル廃棄物の最終処分場もまだ決まっていない。

 もんじゅは現在、日本原子力研究開発機構が運営しているが、原子力規制委員会は、もんじゅの運営主体の変更を求めている。仮に再稼働を目指す場合でも、4000億円から5000億円の追加費用が必要になるとの試算も出ており、実現はかなり難しい。

 核燃料サイクルの是非については何度も議論の対象となっては立ち消えになることの繰り返しである。進むにせよ、中断するにせよ、何を決められずにいる時間が長ければ長いほど損失も大きくなる。もんじゅの問題は、決断できない日本人の特徴がよく表れたケースといってよいだろう。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

orandoshukinpei
中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施

 フランスのオランド大統領は4月25日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で習近平国 …

chugoku70nen02
中国の抗日戦70年軍事パレード。韓国との蜜月関係が鮮明に

 北京の天安門広場で2015年9日3日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」 …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

deblasio
異人種家族を持つ元左翼活動家がNY市長選に圧勝。アメリカはどこに向かっているのか?

 ブルームバーグ現市長の任期満了に伴うニューヨーク市長選挙が11月5日に実施され …

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …