ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2017年度予算の概算要求額が出揃う。3年連続で100兆円の大台を突破

 

 財務省は2016年9月6日、各省庁が提出した2017年度予算の概算要求を取りまとめた。一般会計の総額は101兆4707億円となり、3年連続で100兆円の大台を超えた。社会保障費の増大と財政再建のバランスをどう取っていくのかがあらためて問われそうだ。

mof03
 政府の予算編成は、8月中に各省が必要とする予算額を算定して財務省に提出する。これ概算要求である。財務省は9月以降、概算要求をベースに査定を行い、各省と金額について折衝する。年末頃には最終的な政府案が確定するというのが標準的な流れである。

 今年の要求総額は総額は101兆4707億円となり、96兆7218億円だった2016年度当初予算と比較すると約4.9%増加している。昨年の概算要求額は102兆4099億円だったので、要求額自体はわずかに減少したが、3年連続で要求額は100兆円を超える結果となった。

 一般会計のうち、もっとも支出が大きいのは社会保障費となっており、厚労省は前年比2.7%増の31兆1217億円と、もっとも多い金額を要求している。ただ厚労省の要求額のほとんどは、年金、医療、介護に関するもので、支出額が高齢化に応じて自動的に決まる仕組みになっている。社会保障費を大幅に削減するためには、年金や医療の制度改革が必要であり、予算折衝で削減できる部分は限定的だ。

 次に金額の大きい地方交付税交付金も同様で、こちらも裁量で決定できる予算ではない。一般会計の要求額のうち、約半分の47兆円が裁量の余地のない予算であり、歳出削減は残りの支出から行う必要がある。

 焦点となるのは防衛費や公共事業といったあたりになる。防衛省の要求額は5兆1685億円と当初予算比で2.3%増となっているが、防衛費増額は安倍政権の目玉なので削減は限定的となる可能性が高い。
 国土交通省は当初予算比で15.2%増の6兆8188億円を要求している。ただ同省は多めに要求して、折衝で削られるパターンが多く、今年度も同じような結果になる可能性が高い。削減額という点では、国交省の金額が要注目ということになるだろう。

 政府は2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという公約を掲げている。消費税10%への増税を再度延期したことから、公約実現はほぼ不可能な状況となっているが、政府は財政再建の方針はまだ撤回していない。

 財務省としては、社会保障費、地方交付税交付金、防衛費以外のところで大幅な削減を行い、最終的には前年度並みの予算額を目指したいところである。一方、各省は1億総活躍社会をキーワードに要求額の確保に動くことになる。11月頃には予算の大枠が見えてくることになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

senkaku
米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防 …

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

no image
CIA長官が不倫で辞任。女性記者との破廉恥を暴いたのはライバルFBI

 日本はインテリジェンス(諜報活動)後進国といわれ、諸外国と比べてこの分野に対す …