ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検討に入った。罰則規定の新設も検討しているが、ザル法になる可能性も指摘されている。

zangyou

 日本の労働法制では、1日8時間、週40時間という法定労働時間があらかじめ決められており、原則としてこの基準を超える労働は禁止されている。しかし、労働者と企業が協定を結んだ場合に限り、法定労働時間を超えて仕事をさせることが可能となっている。これは労働基準法の第36条に記載されているので、36(サブロク)協定と呼ばれる。

 労使が36協定を結んだ場合でも、残業時間には1か月45時間という上限がある(法律ではなく厚労省の告示)。しかし、これには例外があり、「特別の事情」について労使の合意があれば上限を守らなくてもよいことになっている。一部の企業は、この特別条項を用いて、事実上、無制限の残業を従業員に強いている。

 残業時間の上限を法律で規制し、罰則規定を設ければ、見かけ上の残業は減ることになるだろう。だが、日本企業において残業が多いのは構造的な問題であり、これを解決しない限り、残業がアングラ化するだけになる可能性が高い。

 政府が事実上、無制限の残業を容認するような労働行政を行ってきたのは、日本では残業が正社員の終身雇用を守るための装置として機能しているからだ。

 法定労働時間を厳密に適用してしまうと、企業は好景気の時に大量雇用し、不景気の時には解雇するのが合理的ということになる。諸外国はこうした慣行なので、残業はほとんどないものの、景気が悪い時には解雇されるリスクがある。

 一方、日本では原則として解雇はできない。このため、景気がよい時は、全員が残業して業務をこなすことで、人を増やさないようにしている。人を増やしてしまうと、不景気の時にリストラを余技なくされるからだ。

 日本企業の多くで慢性的な残業が行われているのはこれが理由であり、政府も事実上これを容認してきた。つまり労働基準法を無視した残業は、終身雇用と引き換えなのである。日本企業の給料が安いのものそのためだ。総人件費を抑えておかないと、不景気の時に耐えられなくなってしまう。

 多くの日本人は、無制限の残業があるものの、終身雇用が保証されるシステムと、残業がなく人間的な生活が送れるが、解雇されるリスクがあるシステムを比較した場合、前者を選択する可能性が高い。

 残業に規制を加えた場合、ほとんどの企業が残業を減らす代わりに、所定内労働時間を増やして総労働時間を変えないという選択をするだろう。また企業によってはサービス残業を増やし、残業をアングラ化させてしまうかもしれない。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

abekaiken
安倍政権が閣議決定で憲法解釈見直しを行う理由とその影響

 安倍首相は2014年2月20日の衆院予算委員会において、集団的自衛権の行使容認 …

no image
米大統領選挙、TV討論会が先ほど始まる

 米大統領選におけるもっとも重要なイベントの一つであるテレビ討論会が先ほど(日本 …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …