ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防ぎたければ、チケットをもともと高く売り出せばよいのだが、そうもいかない事情が音楽業界にはあるようだ。

livehouse

 議論の発端となったのは、音楽関係の諸団体が、チケットの高額転売に反対する意見広告を新聞に掲載したこと。賛同するアーティストには、サザンオールスターズ、DREAMS COME TRUE、B’z、Mr.Childrenなど大御所が名前を連ねている。

 音楽団体では、チケットの買い占めや高値転売が横行すると、本当にコンサートに行きたい人がチケットを手に入れられなくなるとして、これに反対する姿勢を明確にした。

 しかし、この声明に対しては経済学者など経済やビジネスの専門家からは異論が続出した。経済学的に考えれば、高値転売は典型的な需要と供給のミスマッチであり、もともと高い値段でチケットを売り出していればこのような問題は発生しない。専門家の見解はある意味ではごく当たり前のものといってよいだろう。

 旧態依然とした一部の関係者を除けば、こうした経済メカニズムを音楽業界側がまったく理解していないわけではない。ところが音楽業界には特有の事情があり、そう簡単にはいかないようだ。

 国内の音楽販売は減少の一途を辿っており、CDの販売やダウンロードではアーティスト側は十分な収益を上げることができない。一方、コンサートやライブは比較的堅調であり、彼等にとってはこうしたイベントが唯一の収益源となっている。

 だが、全体として縮小市場であることに変わりはなく、当事者には利益の最大化とは別のモチベーションが発生することになる。それは、儲からなくてもよいので、同じビジネスを長い間続けたいというものである。

 チケットを高値で販売すれば、短期的には最大の利益を上げることができるが、経済力のないファンは離れていってしまうかもしれない。現在のように抽選制を続けていれば、経済力がない人も、長期間、ファンとして活動してくれる可能性が見えてくる。利益を最大化したところで得られる金額はたかが知れており、むしろ同じ活動を長く続けることを優先した方が効用が大きいとアーティスト側が判断している可能性は高い。

 これは市場メカニズムというより一種の共同体社会だが、縮小市場においては、十分にあり得る話である。

 しかし、抽選制である限り、抽選に外れた人の中から、高いお金を払ってでも転売サイトで買うという人が出てくることは避けられない。高値転売をやめるよう求めても、ほとんど意味はないだろう。

 確かに音楽業界には特殊な事情があるわけだが、アーティストや主宰者に企業努力が足りないのも事実である。ITを活用すれば、スマホなどを使って転売できないチケットを販売することは簡単であり、顧客の囲い込みも容易なはずだ。
 従来と同じ販売手法や販売チャネルを維持したいが、転売は困るというのは、やはり業界のワガママだろう。企業努力が求められるのは音楽業界も同じなはずである。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

komonsodanyaku
東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …