ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

見せしめ?2ちゃんねるに家宅捜索。だが追求すべきはひろゆき氏の賠償金未払いの方

 

 遠隔操作ウイルス事件で、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に真犯人が直接書き込んだ可能性があるとして、警視庁を中心とする合同捜査本部は26日、同掲示板の管理を代行しているシステム会社を家宅捜索した。

 家宅捜索されたのは、札幌市にあるシステム会社「ゼロ」。同社はインターネット掲示板「2ちゃんねる」の掲示板の運営管理を代行している。 同掲示板には事件で使われたのと同じ遠隔操作ウイルスをを配布する書き込みがあり、合同捜査本部は真犯人が書き込んだ可能性があると判断した。
 真犯人は発信元を秘匿するソフト「Tor(トーア)」を使っていたが、8月28日の書き込みだけは、匿名化ソフトを使っていなかったとみられる。ただし、それが犯人の不注意なのか、故意なのかは不明。

 警察は、同掲示板の運営者に通信記録の開示を任意で要請していたが、運営者側は拒否していた。このため家宅捜索に踏み切ったという。

 だが今回の家宅捜索が犯人逮捕につながるかどうかは微妙だ。そもそも「2ちゃんねる」のサーバーは国内には存在しておらず、日本の警察が手を出すことができない。しかも「ゼロ」はコンテンツの管理を請け負っているに過ぎず、サーバーそのものを保有しているわけではない。アクセスしたログを閲覧することは可能かもしれないが、サーバーのログそのものは「ゼロ」が保有しているわけではないのだ。
 しかも同社の社長は、「2ちゃんねる」の実質的運営者である「ひろゆき」こと西村博之氏と昵懇であり、同社と2ちゃんねるは実質的に一体となっている。このため警察が安易にログを解析できる状況にしてあるかどうかも疑問だ。

 もっとも今回の家宅捜索の目的は、遠隔操作事件の証拠収集ではなく、一種の無法地帯となっている「2ちゃんねる」に対する「見せしめ」であるとの見方も多い。だとするならば、実質的な証拠が確保できるかどうかはどうでもよい問題となる。

 確かに「2ちゃんねる」では犯罪を幇助する書き込みが存在したり、匿名を隠れ蓑にした誹謗中傷が激しい。自由な意見交換の場として擁護する意見がある一方、批判が多いのも事実だ。だが今回の家宅捜索がその批判を背景にした同掲示板に対する「見せしめ」なのだとすると、ピントがずれている。
 「2ちゃんねる」の実質的運営者である西村博之氏は名誉毀損などにおいて無数の賠償判決を受けている。だが本人は「賠償金を支払うつもりはない」と公言し、請求に応じていない。自身の資産もうまく隠匿しており、賠償金はほとんど支払われていないという。

 掲示板が犯罪幇助にあたるのかどうかは極めて微妙な問題であり慎重な議論を要する。だが西村氏が判決に従わず賠償金を支払わないのは明らかにルール違反である。社会的に制裁を加えるのであれば、そういった明確なルール違反に対してであって、掲示板そのものではないはずだ。やりやすいところをだけを摘発するという姿勢では、国民からの支持は得られない。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

kyouikusaisei
35年続いてきた1発勝負の大学受験システムがようやく終了?

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は6月6日に開かれた会合から …

haken
まとまりつつある派遣制度改正の具体案。背景には派遣会社と労働組合の事情?

 労働者派遣制度の改正に向けた具体的な動きが出てきた。これまで特定業種以外では3 …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

no image
無罪確定の村木氏が厚労省局長に復帰。  だが彼女は決してヒーローではない

 厚生労働省は、10日付けの幹部人事において、郵便不正事件で逮捕・起訴され無罪が …

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …