ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走している。鴻海精密工業の傘下に入ったシャープは、政府が支援する日の丸液晶メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)に突然、連携を呼びかけた。JDIはこれにまったく反応していないが、市場では再び経営危機に陥るとの声も聞かれる。

jdiishikawa

 シャープの戴正呉社長は8月末、次世代ディスプレイである有機ELパネルについて、JDIと共同開発したいとの考えを突然、明らかにした。
 シャープは鴻海精密工業の支援を受け、約2000億円を投じて有機ELの開発を進めている。堺の工場内に生産ラインを設置し、2018年にも量産を始める予定といわれる。

 有機ELについては、アップルがiPhoneの次世代ディスプレイとして採用を決定したこともあり、韓国勢が先行投資を進めている。シャープがわざわざJDIとの連携を口にしたのは、同社の有機ELシフトが順調ではないことを暗に物語っている。一部からは製造装置の確保がうまくいっていないとの声も聞かれる。

 提携を呼びかけられたJDIの現状はさらに厳しい。同社は政府が全面的に支援して設立された国策液晶メーカーだが、売上高の半分以上がアップル向けという完全なiPhone依存企業となっている。iPhoneが大失速したことで同社の業績も急激に悪化しており、2016年3月期決算は318億円の赤字となった。

 同社は石川県に1700億円を投じてアップル向けの最新工場を建設しており、今年6月の稼働を予定していたが、現時点で稼働の見込みは立っていない。

 JDIは今のところシャープからの申し出を無視しているが、現実には資金的余裕がなく、動こうにも動けない可能性が高い。政府系ファンドの産業革新機構は全面的な支援を約束しているが、巨額の資金をつぎ込んで再生させた企業が再び赤字転落する中、税金を使って追加支援をするのは容易ではないだろう。

 鴻海の傘下に入ったシャープと、政府の傘下に入ったJDI。このままでは、有機ELに対して、どちらも立ち往生という事態になりかねない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

freeway
原油価格の下落は、世界経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

 安い原油価格を背景に、米国で自動車が好調な売れ行きを見せている。原油価格の下落 …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

a380
世界の航空機市場は急拡大。日本の閉鎖市場は製造業にも影響を与える可能性がある

 欧州の航空機大手エアバスは、中東の航空会社3社から合計で137機、推定400億 …

no image
産業革新機構がルネサスを愛国救済。まるで中国の反日デモとの声も

 産業革新機構が、経営不振に陥っているルネサスエレクトロニクスに対して、トヨタ自 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …