ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の電撃辞任を受け、福原賢一社長が就任したばかりだが、わずか3カ月で再び社長が交代する異例の事態となった。
 新社長に就任するのは、社外取締役の安達保氏。安達氏は現在、米有力ファンドのカーライル・グループの日本法人トップを務めている。

benesse

 ベネッセは1955年に創業者である福武哲彦氏が福武書店として事業をスタートさせた。当時は中学生向けの図書や生徒手帳の印刷が主業務だったが、やがて、新規事業として始めた通信教育「進研ゼミ」が大ヒット。現在では介護など新規事業にも進出し、5000億円規模の企業になっている。

 同社の経営は、息子の總一郎氏が引き継いだが、總一郎氏は自身の引退後、子息に会社を継がせることはせず、相続税対策もあってニュージーランドに移住。資本家として同社に影響力を行使するという道を選択した。
 後任社長として白羽の矢を立てたのが、日本マクドナルドのトップを務めた原田泳幸氏であった。

 ところが原田氏は就任早々、4000万人分の顧客情報が流出するという想定外の事態に直面。通信教育の会員数は激減し、同社は赤字転落してしまう。原田氏はその責任を取る形で今年の6月に社長を退任した。

 後任社長となった福原氏は、野村證券出身。ベネッセ入りしてからは介護事業などで実績を上げ、財務の最高責任者として同社を切り盛りしてきた。創業家の財産を管理し慈善事業などを行う福武財団の副理事長も兼務しており、市場では順当な人事という認識だった。

 その福原氏が3カ月で辞任というのは尋常な事態ではない。總一郎氏ら創業家はニュージーランドに移住しているとはいえ、同社株の約3割を保有しており、経営に対しては絶大な影響力を持っている。今回の人事は創業家の決断であることはほぼ間違いない。

 上場企業のトップ人事において、ワンポイント・リリーフの人事を行い、その後、有力な後継者を探すというケースは珍しくないが、このような人事が行われるのは、何らかのハプニングで社長が辞任した時がほとんどである。

 創業家が後任社長として安達氏を本命にしていたのであれば、それなりの実力者である福原氏をわざわざ、ワンポイント・リリーフに据える意味は薄い。同社のガバナンスをめぐって創業家に混乱が生じているという印象は拭えない。

 安達氏は、外資系企業を中心に豊富な経験があるが、ベネッセの事業を直接、舵取りした経験はない。これまでの混乱が大きかっただけに、安達氏が背負うものは大きい。相当な成果を上げないと、市場からの評価を取り戻すことは難しいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …