ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の電撃辞任を受け、福原賢一社長が就任したばかりだが、わずか3カ月で再び社長が交代する異例の事態となった。
 新社長に就任するのは、社外取締役の安達保氏。安達氏は現在、米有力ファンドのカーライル・グループの日本法人トップを務めている。

benesse

 ベネッセは1955年に創業者である福武哲彦氏が福武書店として事業をスタートさせた。当時は中学生向けの図書や生徒手帳の印刷が主業務だったが、やがて、新規事業として始めた通信教育「進研ゼミ」が大ヒット。現在では介護など新規事業にも進出し、5000億円規模の企業になっている。

 同社の経営は、息子の總一郎氏が引き継いだが、總一郎氏は自身の引退後、子息に会社を継がせることはせず、相続税対策もあってニュージーランドに移住。資本家として同社に影響力を行使するという道を選択した。
 後任社長として白羽の矢を立てたのが、日本マクドナルドのトップを務めた原田泳幸氏であった。

 ところが原田氏は就任早々、4000万人分の顧客情報が流出するという想定外の事態に直面。通信教育の会員数は激減し、同社は赤字転落してしまう。原田氏はその責任を取る形で今年の6月に社長を退任した。

 後任社長となった福原氏は、野村證券出身。ベネッセ入りしてからは介護事業などで実績を上げ、財務の最高責任者として同社を切り盛りしてきた。創業家の財産を管理し慈善事業などを行う福武財団の副理事長も兼務しており、市場では順当な人事という認識だった。

 その福原氏が3カ月で辞任というのは尋常な事態ではない。總一郎氏ら創業家はニュージーランドに移住しているとはいえ、同社株の約3割を保有しており、経営に対しては絶大な影響力を持っている。今回の人事は創業家の決断であることはほぼ間違いない。

 上場企業のトップ人事において、ワンポイント・リリーフの人事を行い、その後、有力な後継者を探すというケースは珍しくないが、このような人事が行われるのは、何らかのハプニングで社長が辞任した時がほとんどである。

 創業家が後任社長として安達氏を本命にしていたのであれば、それなりの実力者である福原氏をわざわざ、ワンポイント・リリーフに据える意味は薄い。同社のガバナンスをめぐって創業家に混乱が生じているという印象は拭えない。

 安達氏は、外資系企業を中心に豊富な経験があるが、ベネッセの事業を直接、舵取りした経験はない。これまでの混乱が大きかっただけに、安達氏が背負うものは大きい。相当な成果を上げないと、市場からの評価を取り戻すことは難しいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

toyodaakio
トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …