ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大手、米モンサントを買収すると発表した。買収額は約660億ドル(約6兆8000億円)で、必要な資金は借入れで調達する。

baierumonsanto

 バイエルの農業部門は農薬分野において高いシェアを持っており、同社が提供する除草剤バスタは各国で使われている。
 近年、遺伝子組み換え技術が発達してきたことから、強力な除草剤と、それに耐える能力(耐性)を持った種子をセットで販売するケースが増えてきている。大量の農薬を撒くことで、農地の生産性を上げることが目的である。

 モンサントは種子メーカーとしては世界最大手であり、農薬メーカーでもある。同社は除草剤ラウンドアップと、それに耐える遺伝子組み換え種子をやはりセットで販売している。バイエルとモンサントは競合する関係にあったが、両者が合併すれば、農薬と種子の分野で高いシェアを獲得し、市場を支配することが可能となる。

 農業化学分野は、新興国の人口増加で市場は拡大しているが、競争環境も激化しており、業界再編の圧力がかかっていた。
 モンサントは、スイス農業大手シンジェンタに買収提案をしていた拒否されたという経緯があり、シンジェンタは結局、中国化工集団が430億ドルで買収を決定している。また米ダウ・ケミカルは米デュポンとの合併に合意済みだ。

  バイエルとモンサントの組み合わせが実現すれば、業界にとってかなりの脅威となるが、ドイツ側には懸念材料もあるいわれる。モンサントはベトナム戦争で使われた悪名高い枯れ葉剤のメーカーとして有名であり、その後も、遺伝子組み換え作物をめぐる強引な経営手法から、企業イメージがよくない。

 多くの訴訟案件も抱えており、バイエル側にはリスクが大きいとの見方が一般的だ。また6兆8000億円もの資金を投入しており、これを回収するのは容易ではないだろう。
 今回のM&Aで、農業化学分野は、ダウ・ケミカルとデュポン、バイエルとモンサント、シンジェンタ・中国化工の3グループとなる。残る大手は独BASFだけであり、同社の立ち回りが今後、注目されることになる。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …