ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大手、米モンサントを買収すると発表した。買収額は約660億ドル(約6兆8000億円)で、必要な資金は借入れで調達する。

baierumonsanto

 バイエルの農業部門は農薬分野において高いシェアを持っており、同社が提供する除草剤バスタは各国で使われている。
 近年、遺伝子組み換え技術が発達してきたことから、強力な除草剤と、それに耐える能力(耐性)を持った種子をセットで販売するケースが増えてきている。大量の農薬を撒くことで、農地の生産性を上げることが目的である。

 モンサントは種子メーカーとしては世界最大手であり、農薬メーカーでもある。同社は除草剤ラウンドアップと、それに耐える遺伝子組み換え種子をやはりセットで販売している。バイエルとモンサントは競合する関係にあったが、両者が合併すれば、農薬と種子の分野で高いシェアを獲得し、市場を支配することが可能となる。

 農業化学分野は、新興国の人口増加で市場は拡大しているが、競争環境も激化しており、業界再編の圧力がかかっていた。
 モンサントは、スイス農業大手シンジェンタに買収提案をしていた拒否されたという経緯があり、シンジェンタは結局、中国化工集団が430億ドルで買収を決定している。また米ダウ・ケミカルは米デュポンとの合併に合意済みだ。

  バイエルとモンサントの組み合わせが実現すれば、業界にとってかなりの脅威となるが、ドイツ側には懸念材料もあるいわれる。モンサントはベトナム戦争で使われた悪名高い枯れ葉剤のメーカーとして有名であり、その後も、遺伝子組み換え作物をめぐる強引な経営手法から、企業イメージがよくない。

 多くの訴訟案件も抱えており、バイエル側にはリスクが大きいとの見方が一般的だ。また6兆8000億円もの資金を投入しており、これを回収するのは容易ではないだろう。
 今回のM&Aで、農業化学分野は、ダウ・ケミカルとデュポン、バイエルとモンサント、シンジェンタ・中国化工の3グループとなる。残る大手は独BASFだけであり、同社の立ち回りが今後、注目されることになる。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

francegas01
バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガス …

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …

orandoshukinpei
中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施

 フランスのオランド大統領は4月25日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で習近平国 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …