ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

所得格差を示すジニ係数は過去最大。しかし累進課税などで最終的な格差は縮小

 

 厚生労働省は2016年9月15日、2014年度における所得再分配調査の結果を発表した。所得格差を示す「ジニ係数」は過去最大となったが、所得再分配後のジニ係数は0.3759と前回調査よりも多少緩和された。
 日本では所得格差の拡大が進んでいるが、高額所得者からたくさん税金を取ることで、最終的な格差拡大を防いでいる。

kakusazini

 ジニ係数とは所得の格差を表す指標で1に近いほど貧富の差が激しいことを示している。2014年度のジニ係数は0.5704と過去最大を更新した。つまり日本は年々、所得の差が拡大していることになる。
 給与格差が広がっているという面もあるが、高齢化が進んでいることもジニ係数増加の大きな要因のひとつである。高齢者世帯は勤労者世帯と比べて収入が大きく減るので、その分、格差も拡大することになる。

 一方、日本では世界でもかなり厳しい部類に入る累進課税制度を採用している。高額所得者から多額の税金を徴収しているほか、各種の社会保障給付金もある。これらの措置によって所得の再分配が行われた後のジニ係数は大きく下がり0.3759となっている。

 所得再分配後のジニ係数は過去10年間でわずかではあるが減少しており、最終的な格差は縮小していることが分かる。一般的に景気が悪いと高額所得者が激減するため、格差は縮小するケースが多い。過去20年間、日本では不景気が続いてきたので、所得再分配後の格差が縮小しているのはうなずける話である。

 もっとも国際的に見ると、先進国もしくはそれに準じる国の中では、日本はむしろ貧富の差が激しい部類に入る。この数字とまったく同一条件で比較はできないが、ドイツやフランスのジニ係数は0.3前後となっており、所得の差は少なく平等な社会だ。一方、米国は日本より格差が激しい。

 日本では、累進課税などの再配分措置はそれなりに機能しているが、国際的に見ると日本はまだまだ平等な国ではない。かつて日本には一億層中流という言葉があり、貧富の差が少ない国というイメージだったが、それは正しい認識ではない。今も昔も日本のジニ係数は先進国の中では高いままだ。

 格差水準をどの程度にすべきなのかについては、多くの考え方があるが、日本が平等な国という前提で議論を進めることは避けた方がよさそうだ。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …