ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて、とうとう夜間の飲酒禁止令まで発令した。

 今年10月、沖縄県において米兵による集団強姦事件が発生したことを受け、在日米軍は午後11時から翌朝5時にかけての夜間外出禁止令を出している。だがその後も、禁止令を破って外出する例が後を絶たず、泥酔した米兵が住居に侵入してそのまま寝込む事件や室内にいた中学生を殴る事件などが発生していた。
 今月23日には海軍の兵士が酒に酔って横浜市内の漫画喫茶内を全裸で歩き回ったとして公然わいせつ罪で逮捕された。この事件を受けて、在日米海軍は外出禁止に加え、夜間の飲酒も禁止する措置を発表した。
 この命令は在日アメリカ海軍司令部と、第7艦隊に所属するすべての兵士が対象で、休日も適用されるという。在日アメリカ海軍司令部は「事件が再び起きることがないように必要な措置をとった」とコメントしている(ちなみに陸軍では飲酒禁止措置は取っていない)。

 米兵による犯罪は許されるものではないが、一連の外出禁止、禁酒措置は無意味ではないかとの声も多い。23日に逮捕された海軍の兵士は、横須賀基地所属の米空母「ジョージワシントン」の乗組員。同艦は長期の航海を経て今月20日に横須賀基地に帰還したばかり。

 米軍では乗艦中の飲酒を一切禁止しており、艦船には酒類は搭載されていない。厳しい環境で任務についてきた若い兵士が、上陸後、酒を飲んで多少ハメをはずすのは、やむを得ないことである。

 米軍との不平等な地位協定により、米兵の犯罪を日本で裁けないなど解決すべき課題は大きい。だが不祥事が起こったことで米兵の外出を禁止し、それを破ったからといって批判するという構図は、コトの本質を完全に見誤っている。というよりも、本質的な問題を議論の俎上に載せたくない米国側が批判の矛先をそらすために行っている一種の世論誘導ともいえる。

 外出禁止令を破った米兵と軍の対応を批判しているだけでは、米国側の思う壺なのである。加えていうと、米兵の行為を批判しているフリをしている防衛省や外務省の官僚にとっても、実は好都合であるということも国民は知る必要がある。地位協定の見直しなど、ハードな交渉はしたくないというのが、彼らのホンネなのだ。

 - 政治

  関連記事

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

kourousho
社会福祉法人改革をきっかけに、公益的事業全般に関する議論の強化を

 厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会において、介護や保育の事業を行ってい …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

egyptdemo02
エジプトの反政府デモが重大局面。軍の介入は今後の民主化運動にどう影響するのか?

 モルシ大統領の退陣を求める大規模なデモが続くエジプトで、これまで中立を保ってい …

no image
欧州が教会に対する課税を検討開始。ところで日本最大の税金逃れ団体はどこだ?

 財政危機の欧州で、宗教団体などに対する免税措置を見直す動きが広がっている。   …

no image
米国でヘルシー給食に反発の声。やっぱりジャンキーでないとダメ?

 米国で勧められている学校給食のヘルシー化に反発の声が高まっている。ヘルシー給食 …

sangiin
山本太郎議員の軽率行動があぶり出す、参議院の歴史的価値と現代の存在意義

 参院議院運営委員会は11月8日、理事会を開催し、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡 …