ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方、核燃料サイクルについては維持する方針を明確にしており、あらたに高速炉の開発を行う計画も打ち出した。核燃料サイクルは、増え続けるプルトニウムを燃やすという消極的なスタンスで、計画が維持される可能性が高まってきた。

monju

 政府は2016年9月21日、原子力関係閣僚会議を開き、現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた抜本的な見直しを行う方針を固めた。しかし、同時に「高速炉開発会議」の設置も決定し、核燃料サイクルを維持する方針を明確にした。

 現在の日本では、核燃料サイクルの中心となるもんじゅが運転を停止していることに加え、青森県の六ケ所村に建設した再処理施設もトラブル続きで稼働できていない。全国の原子力発電所から出てくる使用済み燃料はフランスに再処理を委託している状態であり、フランスから返却されたプルトニウムを燃やす炉がない。このままではプルトニウムは蓄積される一方であり、米国はこれを問題視し始めている。

 もんじゅは核燃料サイクルのカギとなる施設なので、これを廃炉にしてしまうと核燃料サイクルそのものを断念せざるを得なくなる。政府はこれを避けるため、増殖は目指さない形で高速炉の開発を継続し、最終的には高速炉を使って余ったプルトニウムを燃やすという方向に舵を切った。

 ただ、もんじゅ以外の開発は行われていないことから、現実にはフランスが開発中の高速炉ASTRIDを共同開発するという形でプロジェクトを継続する可能性が高い。フランスも日本と同様、核燃料サイクルの確立を目指していたが、事実上、これを断念している。
 新型高速炉のASTRIDは積極的なプルトニウムの増殖は目指さず、既存のプルトニウムの消費を念頭に置いた炉である。日本の核燃料サイクルも同じような形を目指すことになる。

 フランスは核保有国であり、プルトニウム・サイクルを保有しているメリットがあるが、核兵器を保有していない日本の場合には、多額のコストをかけてサイクルを確立・維持する必要性は薄い。また独自開発ではなくフランスに依存という形式では、技術の蓄積という観点からも疑問が残る。

 すでに多額の予算を投じてしまっていることから、核燃料サイクルは一種の利権になってしまった感がある。単なる予算の維持が目的ではないということを示すためには、新しい開発計画の意義について、もっとオープンに説明する必要があるだろう。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

fbx-t
京都府が米軍レーダー受け入れを表明。中国は不快感を表明するもポーズか?

 京都府の山田啓二知事は9月19日、京都府京丹後市の航空自衛隊経ケ岬分屯基地に設 …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

francis1
新ローマ法王は「フランチェスコ1世」。中南米出身でイエズス会という初めてづくしの法王

 新しいローマ法王がとうとう選出された。退位したローマ法王ベネディクト16世の後 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

abe201409
臨時国会冒頭解散・11月9日選挙という説が台頭。確実性はどの程度?

 安倍政権が9月29日に招集される秋の臨時国会冒頭で解散に踏み切るという話が永田 …

todai
東大生の親は金持ちという統計学者の投稿が話題。議論の本質はどこにあるか?

 東大生の親の6割が年収950万円以上というツイッターの投稿がネットで話題となっ …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …