ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方、核燃料サイクルについては維持する方針を明確にしており、あらたに高速炉の開発を行う計画も打ち出した。核燃料サイクルは、増え続けるプルトニウムを燃やすという消極的なスタンスで、計画が維持される可能性が高まってきた。

monju

 政府は2016年9月21日、原子力関係閣僚会議を開き、現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた抜本的な見直しを行う方針を固めた。しかし、同時に「高速炉開発会議」の設置も決定し、核燃料サイクルを維持する方針を明確にした。

 現在の日本では、核燃料サイクルの中心となるもんじゅが運転を停止していることに加え、青森県の六ケ所村に建設した再処理施設もトラブル続きで稼働できていない。全国の原子力発電所から出てくる使用済み燃料はフランスに再処理を委託している状態であり、フランスから返却されたプルトニウムを燃やす炉がない。このままではプルトニウムは蓄積される一方であり、米国はこれを問題視し始めている。

 もんじゅは核燃料サイクルのカギとなる施設なので、これを廃炉にしてしまうと核燃料サイクルそのものを断念せざるを得なくなる。政府はこれを避けるため、増殖は目指さない形で高速炉の開発を継続し、最終的には高速炉を使って余ったプルトニウムを燃やすという方向に舵を切った。

 ただ、もんじゅ以外の開発は行われていないことから、現実にはフランスが開発中の高速炉ASTRIDを共同開発するという形でプロジェクトを継続する可能性が高い。フランスも日本と同様、核燃料サイクルの確立を目指していたが、事実上、これを断念している。
 新型高速炉のASTRIDは積極的なプルトニウムの増殖は目指さず、既存のプルトニウムの消費を念頭に置いた炉である。日本の核燃料サイクルも同じような形を目指すことになる。

 フランスは核保有国であり、プルトニウム・サイクルを保有しているメリットがあるが、核兵器を保有していない日本の場合には、多額のコストをかけてサイクルを確立・維持する必要性は薄い。また独自開発ではなくフランスに依存という形式では、技術の蓄積という観点からも疑問が残る。

 すでに多額の予算を投じてしまっていることから、核燃料サイクルは一種の利権になってしまった感がある。単なる予算の維持が目的ではないということを示すためには、新しい開発計画の意義について、もっとオープンに説明する必要があるだろう。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

takaichi
高市発言で浮き彫りになった原子力災害に対する根本的な誤解

 自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発 …

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

bestrestaurant2013
世界のレストラン・ランキング。食中毒を出した超有名店は2位に陥落

 英「レストラン」誌は4月29日、世界でもっとも優秀なレストランを選ぶ「ワールド …

pariosen
北京に引き続き、パリでも深刻な大気汚染。原因は本当に自動車なのか?

 中国の北京に引き続いて、フランスのパリで大気汚染が深刻化している。フランス政府 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

shukinpei06
中国共産党が今度は人民解放軍幹部の党籍を剥奪。習氏への権力集中は完成段階に

 中国共産党は2014年6月30日、政治局会議を開催し、人民解放軍幹部の徐才厚・ …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …