ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢に合流する。IoTについて日本は完全に出遅れており、独自の事業展開は難しい状況だった。米国勢への合流は現実的な判断といってよいだろう。

iot

 日本においてIoTの共同研究を行う産官学の協議会「IoT推進コンソーシアム」は、米国の共同研究組織と、国際標準の策定などに関して相互に協力する方向で最終調整に入った。近く基本合意に達する見込み。

 現在、製造業の分野では、あらゆる機器にセンサーやネット接続機能を搭載し、これらをすべてネット上で統合することで高度なサービスを提供しようという試みが進んでいる。すべてのモノがネットにつながるので、こうした一連の仕組みをIoT(モノのインターネット)と呼ぶ。

 IT化においてもっとも重要となるのは、国際的な仕様の標準化だが、この分野ではドイツと米国がリードしている。ドイツでは製造業大手のシーメンス、ボッシュ、IT大手のSAPなどが参画する「プラットフォーム・インダストリー4.0」が立ち上がり、一方の米国では、GE(ゼネラル・エレクトリック)、IBMなどが参画する「インダストリアル・インターネット・コンソーシアム」が設立された。

 両団体とも技術使用の標準化などを独自に行っていたが、2016年の3月に両団体が連携し、仕様の摺り合わせを行う事について合意した。ドイツと米国というIoTの2大勢力が事実上の統合に向けて動き出したことで、国際的な標準化に一気に弾みがつく可能性が高まってきた。

 一方、日本はこの分野ではかなり出遅れていた。2015年10月に産官学の協議会である「IoT推進コンソーシアム」が設立されたが、すでに米独に対抗できる状況ではなかった。このままでは、米独がすべての主導権を握ってしまう可能性が高く、日本が米国の団体に合流するというのは現実的な判断といってよいだろう。

 ただ、米国と独の団体では、かなりの部分において標準化作業が進められており、日本勢の意向がどれだけ反映されるのかは不透明だ。国際標準が確立すると、あらゆる部品や産業機器は、国際標準に従って設計や開発を実施しなければならない。日本独自の仕様が通らなくなる可能性があり、場合によっては競争力が大幅に低下するリスクがある。

 米国勢への合流によって最悪のガラパゴスは回避できたが、今後は、日本勢の仕様をどれだけ国際標準の中に盛り込めるのかが、カギとなるだろう。

 - 経済, IT・科学 , , , , ,

  関連記事

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

dendokogu
法人向けアマゾンビジネスの最終目標はアスクルではなくモノタロウ?

 これまで個人の利用者を主なターゲットとしてきたアマゾンが、いよいよ法人向けのサ …