ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

あまりにも低い日本の生産性。労働経済白書が示す衝撃的な現実

 

 厚生労働省は2016年9月30日、2016年版の労働経済白書を公表した。日本の労働生産性は先進国の中では極めて低い状況にあり、IT投資や人的資本投資の強化が必要と白書は指摘している。

seisansei
 日本の労働生産が低いことは以前から指摘されていたが、現実の数字はかなり衝撃的である。主要国の中で日本の労働生産性は突出して低く、フランス、ドイツ、米国の生産性は日本の約1.5倍もある。これは実質値、名目値とも同じような結果になっているので物価水準は関係ない。純粋に日本の労働者の生産性と考えてよい。

 実質労働生産性の要因を分解すると、他の主要国は生産性の上昇分のうち多くが付加価値の増加によってもたらされている。つまり企業は儲かる製品やサービスを作り出していると解釈できる。一方、日本の上昇分には付加価値要因はほとんどなく、物価下落でのみ生産性が上昇している。つまり数値の上では、日本は儲かる製品やサービスをまったく生み出せていない。

 日本はサービス業の生産性は低いものの、製造業は高いとされていたが、この神話も崩れ去っている。製造業の実質労働生産性の水準は米国、ドイツ、フランスと比較すると2割から3割も低い。製造業においても、日本はまったく勝てていないのが現実だ。

 当然のことながらサービス業の生産性水準は低く、主要国では最低である(飲食の比較)。また産業間の格差はドイツについで大きい。全体の水準が低いうえに、格差も大きいということになると、生産性がもっとも低い産業分野の状況はかなり悲惨といえるだろう。

 最大の問題は、日本において付加価値の上昇がまったく見られない点である。付加価値が低い原因としては情報化投資や社外での教育投資が少ないことを白書では指摘している。主要国の中では日本はIT資産装備率の上昇ペースがもっとも遅く、さらに人的資本投資の増加率についてはマイナス10%となっている(諸外国はプラス2%から7%程度)。

 日本はただでさえ人口が減少し、供給制限からGDP(国内総生産)が伸びにくい状況となっている。生産性だけが頼みの綱だが、現実はかなり厳しい。
 生産性の低さは、情報化投資と人材への教育投資を怠ってきた結果であり、これは一朝一夕で改善できるものではない。時間はかかるが、地道に回復させる以外に方法はないだろう。まずはこの厳しい現実を直視するところから始める必要がある。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

hmv
英国でHMVが破綻、90年以上の歴史に幕。日本と異なりAKBがいないので復活困難か?

 英国の音楽ソフト販売大手HMVグループは14日、破綻を宣言した。すでに管財人を …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …