ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が皇室典範改正ではなく、一代限りの特別法に固執する理由は女性天皇阻止?

 

 天皇陛下が生前退位のご意向を表明されたことを受けて、国会での論戦が本格化しそうだ。安倍政権は支持団体の強い意向を受け、女性天皇の議論にならないよう、今の陛下に限った特別法で対処したい考えだ。これに対して民進党は、女性天皇の議論を前提にした皇室典範の改正案を国会に提出する意向を示している。

tennoheika04

 天皇陛下のご意向表明は、戦前の摂政の問題にも言及するなど、明らかに、将来の皇室のあり方も含めた総合的な議論を望まれたものである。皇太子さまもいずれ高齢になられることを考えれば、一代限りの議論には意味がないというのが、大方のコンセンサスだと思われる。

 それにもかかわらず安倍政権が、一代限りの特別立法にこだわっているのは、安倍政権の支持団体が皇室典範の改正に強く反対しているからといわれる。現段階で皇室典範の改正を議論した場合、女性天皇についても議論せざるを得なくなるわけだが、安倍政権の一部支持者は女性天皇について強く反対しているのだ。

 日本は現在の皇室が形成されて以降、慣例として女性を含む男系の人物が天皇に即位してきた。数からすれば男子が圧倒的に多いが、中には推古天皇のように女性天皇もいる。

 明治維新後に制定された皇室典範には、男系男子という規定が入り、女性は天皇になれないと明示された。しかし、日本の長い歴史と伝統を考えると、明治以降の百数十年はむしろ例外的な期間であるともいえる。
 現実に女性天皇が存在していたことを考えれば、愛子さまが女性天皇として即位されることは、特に不自然なことではない。

 現在の日本は民主国家なので、どのような人物を天皇に即位させるのかは国民が決めることになる。その意味では、民進党から女性天皇を前提にした皇室典範の改正案が提出されることはよい議論のきっかけとなるだろう。

 陛下のご希望は、自身が早く退位したいということではなく、将来も含めて、総合的な議論をして欲しいということである。とりあえず特別法を制定するというのは、場当たり的な対応であり、陛下のご意向にもそぐわないはずだ。
 女性天皇に反対する人も一定数存在しているのであれば、皇室典範改正の議論においてオープンに議論を戦わせればよいだろう。最終的に判断するのは国民である。

 - 政治 , ,

  関連記事

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

zenjindai02
中国の政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化

 中国国務院(政府)は10日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に、 …

kokusaishushi201402
経常赤字体質への転換を受け、政府は海外資本の誘致に舵を切り始めた

 財務省は2014年4月8日、2014年2月の国際収支を発表した。最終的な国の収 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

obama00003
シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリン …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …