ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半期)決算を発表した。総合スーパー事業や百貨店事業の不振から約600億円の減損が発生しており、当期純利益は前年同期比で6割減となった。同社はそごう神戸店など3店舗をエイチ・ツー・オーリテイリングに譲渡する計画も併せて発表している。

seveneleven

 総合スーパーのイトーヨーカドーと百貨店のそごう・西武の不振は以前から明らかになっていた。だが、主力のコンビニが好調だったことに加え、同社躍進の立役者である鈴木敏文前会長がトップに君臨していたことから、あまり大きく取り上げられることはなかった。

 その鈴木氏が、事実上の辞任に追い込まれたことで風向きが変わった。後任トップとなった井阪隆一社長は本格的なリストラに着手。今回はその第一段ということになる。

 そごう・西武は鈴木氏の決断でグループに取り込んだ店舗だが、最近は婦人服や高級品などの販売不振が続いていた。今期の決算では店舗に関する減損で122億円、のれんに関する減損で334億円の損失を計上する。イトーヨーカドーも、現在、不採算店舗の閉鎖を進めている最中であり、今期は150億円の減損となっている。
 この結果、今期の当期利益は前年同期比6割減の334億8000万円となり、通期(2017年2月期)での純利益見通しも同5割減の800億円にとどまる予定。

 井阪氏は今回のリストラについて「鈴木前会長には報告していない」と発言しており、自らの判断で実施したという点を強調した。また、鈴木氏の長男である康弘氏が責任者を務めるオムニチャネル事業についても、失敗だったとしている。

 今回、鈴木氏が辞任するきっかけのひとつとなったのは、長男へのトップ世襲問題だが、井阪氏の発言からは、従来の経営体制にけじめを付けたいという意向が強く滲み出ている。

 今回、百貨店の譲渡が決まったことで、同社は少し身軽になったが、祖業である総合スーパー事業の見通しは不透明だ。今後のイトーヨーカドーについて、どのようなシナリオを描けるのかが、井阪体制の成否を握るカギとなるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …