ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半期)決算を発表した。総合スーパー事業や百貨店事業の不振から約600億円の減損が発生しており、当期純利益は前年同期比で6割減となった。同社はそごう神戸店など3店舗をエイチ・ツー・オーリテイリングに譲渡する計画も併せて発表している。

seveneleven

 総合スーパーのイトーヨーカドーと百貨店のそごう・西武の不振は以前から明らかになっていた。だが、主力のコンビニが好調だったことに加え、同社躍進の立役者である鈴木敏文前会長がトップに君臨していたことから、あまり大きく取り上げられることはなかった。

 その鈴木氏が、事実上の辞任に追い込まれたことで風向きが変わった。後任トップとなった井阪隆一社長は本格的なリストラに着手。今回はその第一段ということになる。

 そごう・西武は鈴木氏の決断でグループに取り込んだ店舗だが、最近は婦人服や高級品などの販売不振が続いていた。今期の決算では店舗に関する減損で122億円、のれんに関する減損で334億円の損失を計上する。イトーヨーカドーも、現在、不採算店舗の閉鎖を進めている最中であり、今期は150億円の減損となっている。
 この結果、今期の当期利益は前年同期比6割減の334億8000万円となり、通期(2017年2月期)での純利益見通しも同5割減の800億円にとどまる予定。

 井阪氏は今回のリストラについて「鈴木前会長には報告していない」と発言しており、自らの判断で実施したという点を強調した。また、鈴木氏の長男である康弘氏が責任者を務めるオムニチャネル事業についても、失敗だったとしている。

 今回、鈴木氏が辞任するきっかけのひとつとなったのは、長男へのトップ世襲問題だが、井阪氏の発言からは、従来の経営体制にけじめを付けたいという意向が強く滲み出ている。

 今回、百貨店の譲渡が決まったことで、同社は少し身軽になったが、祖業である総合スーパー事業の見通しは不透明だ。今後のイトーヨーカドーについて、どのようなシナリオを描けるのかが、井阪体制の成否を握るカギとなるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

tosho05
日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかにつ …

beikokuoil
原油価格が世界経済停滞を懸念して一時90ドル割れ。日本への影響はマイナスが大きい?

 ニューヨークの原油先物価格が約1年5カ月ぶりに一時90ドルを割り込んだ。世界経 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …