ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半期)決算を発表した。総合スーパー事業や百貨店事業の不振から約600億円の減損が発生しており、当期純利益は前年同期比で6割減となった。同社はそごう神戸店など3店舗をエイチ・ツー・オーリテイリングに譲渡する計画も併せて発表している。

seveneleven

 総合スーパーのイトーヨーカドーと百貨店のそごう・西武の不振は以前から明らかになっていた。だが、主力のコンビニが好調だったことに加え、同社躍進の立役者である鈴木敏文前会長がトップに君臨していたことから、あまり大きく取り上げられることはなかった。

 その鈴木氏が、事実上の辞任に追い込まれたことで風向きが変わった。後任トップとなった井阪隆一社長は本格的なリストラに着手。今回はその第一段ということになる。

 そごう・西武は鈴木氏の決断でグループに取り込んだ店舗だが、最近は婦人服や高級品などの販売不振が続いていた。今期の決算では店舗に関する減損で122億円、のれんに関する減損で334億円の損失を計上する。イトーヨーカドーも、現在、不採算店舗の閉鎖を進めている最中であり、今期は150億円の減損となっている。
 この結果、今期の当期利益は前年同期比6割減の334億8000万円となり、通期(2017年2月期)での純利益見通しも同5割減の800億円にとどまる予定。

 井阪氏は今回のリストラについて「鈴木前会長には報告していない」と発言しており、自らの判断で実施したという点を強調した。また、鈴木氏の長男である康弘氏が責任者を務めるオムニチャネル事業についても、失敗だったとしている。

 今回、鈴木氏が辞任するきっかけのひとつとなったのは、長男へのトップ世襲問題だが、井阪氏の発言からは、従来の経営体制にけじめを付けたいという意向が強く滲み出ている。

 今回、百貨店の譲渡が決まったことで、同社は少し身軽になったが、祖業である総合スーパー事業の見通しは不透明だ。今後のイトーヨーカドーについて、どのようなシナリオを描けるのかが、井阪体制の成否を握るカギとなるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

nichigin
日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・ …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …