ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半期)決算を発表した。総合スーパー事業や百貨店事業の不振から約600億円の減損が発生しており、当期純利益は前年同期比で6割減となった。同社はそごう神戸店など3店舗をエイチ・ツー・オーリテイリングに譲渡する計画も併せて発表している。

seveneleven

 総合スーパーのイトーヨーカドーと百貨店のそごう・西武の不振は以前から明らかになっていた。だが、主力のコンビニが好調だったことに加え、同社躍進の立役者である鈴木敏文前会長がトップに君臨していたことから、あまり大きく取り上げられることはなかった。

 その鈴木氏が、事実上の辞任に追い込まれたことで風向きが変わった。後任トップとなった井阪隆一社長は本格的なリストラに着手。今回はその第一段ということになる。

 そごう・西武は鈴木氏の決断でグループに取り込んだ店舗だが、最近は婦人服や高級品などの販売不振が続いていた。今期の決算では店舗に関する減損で122億円、のれんに関する減損で334億円の損失を計上する。イトーヨーカドーも、現在、不採算店舗の閉鎖を進めている最中であり、今期は150億円の減損となっている。
 この結果、今期の当期利益は前年同期比6割減の334億8000万円となり、通期(2017年2月期)での純利益見通しも同5割減の800億円にとどまる予定。

 井阪氏は今回のリストラについて「鈴木前会長には報告していない」と発言しており、自らの判断で実施したという点を強調した。また、鈴木氏の長男である康弘氏が責任者を務めるオムニチャネル事業についても、失敗だったとしている。

 今回、鈴木氏が辞任するきっかけのひとつとなったのは、長男へのトップ世襲問題だが、井阪氏の発言からは、従来の経営体制にけじめを付けたいという意向が強く滲み出ている。

 今回、百貨店の譲渡が決まったことで、同社は少し身軽になったが、祖業である総合スーパー事業の見通しは不透明だ。今後のイトーヨーカドーについて、どのようなシナリオを描けるのかが、井阪体制の成否を握るカギとなるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

bouekitoukei201401
1月の貿易赤字が何と倍増。最大の原因は輸出不振であってエネルギー問題ではない

 財務省は2014年2月20日、1月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …