ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発表と合わせ、米国内の29の州で5万台のiPadを児童生徒に無償提供することを明らかにした。また9月27日には大手保険会社エトナと共同で、顧客と従業員に、無償もしくは割り引きでApple Watchを提供すると発表している。

taburetokyoiku

 同社はもともと教育市場に強いメーカーであり、米国の教育現場では圧倒的にアップルのシェアが高かった。だが今回のiPad無償提供にはまた別の目的がある。それは、同社が開発したプログミング言語である「Swift」の普及である。

 Swiftはアプリの開発を行うための言語だが、比較的簡単にプログラミングするための工夫が施してあり、初心者でもスキルを習得しやすくなっている。今回、無償提供されるiPadには、Swiftのプログラミング学習ソフトが添付されており、児童生徒がSwiftを楽しみながら学べるようになっている。

 現在、IT業界ではIoT(モノのインターネット)と呼ばれる概念が急速に台頭している。これはあらゆる機器がインターネットに接続され、相互にデータをやり取りするというものである。
 今年7月、ソフトバンクは3.3兆円もの金額を投じて英国の半導体大手ARMを買収したが、これもIoT時代を見据えての動きといわれる。IoT時代にはARM社が開発するチップが、家電を含め多くの製品に搭載される可能性が高いからである。

 IoTの時代になると、あらゆる機器がネットに接続されるので、アプリを使ってこれらを自由自在に制御できることになる。このような環境で最後に生き残るのは、皆が使う人気アプリの有無ということになる。

 アップルが自社のアプリ開発言語をオープンにし、スキル習得を支援しているのは、iPhoneやiPad上で動くアプリをできるだけ多くの人に開発してほしいからである。Swiftを使ってアップル製品上で動くアプリを、草の根的に多くの人が開発するようになれば、今後もアップルの製品を購入し続けることになる。

 保険会社とのタイアップも同様だろう。AppleWatchの配布は、主に医療管理や健康管理が目的であり、より多くの人がAppleWatchを使って、iPhoneやiPad上にある関連アプリを利用することを狙っている。

 グーグルは10月4日に開催したイベントで、人工知能の機能を大幅に強化したアシスト・サービスを、同社製品に順次搭載していく方針を明らかにしている。利用者の生活と密着したサービスは息が長い。来たるべきIoT時代を見据えて、IT各社は利用者層の囲い込みを強く意識するようになっている。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …

twitter03
ツイッターのタイムライン閲覧数が回復。成長期待の維持で株価反転なるか?

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年7月29日、2014年4~6月期の決算 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …