ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年の世界経済の成長率見通しを3.1%とし、7月の見通しを据え置いた。これまで成長の牽引役だった米国の成長が鈍化しており、世界経済を引っ張る主役がいなくなりつつある。

imf201610
 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。7月と1月に見通しの改定値を出しているが、7月時点では、英国のEU(欧州連合)離脱の影響は十分に考慮されていなかった。今回の見通しでは、7月時点の見通しから、どの程度、変化するのかが注目されていた。

 世界経済の成長率見通しは物価変動の影響を除いた実質でプラス3.1%と、7月の見通しを据え置いた。最大の要因は世界経済の牽引役であった米国の見通しが引き下げられたこと。7月の見通しではプラス2.2%だったが、0.6ポイント引き下げられ、プラス1.6%になった。大統領選挙への不安から投資が抑制されていることが主な理由。

 一方、新興国は最悪の状態からは脱しつつある。ロシアはまだマイナス成長だが0.4ポイント引き上げとなり、中国は6.6%成長が据え置かれた。インドは0.2ポイント上昇でプラス7.6%となっている。ただ新興国はあくまで最悪期を脱したというだけであり、低成長が続いていることに変わりはない。

 米国しか好調な経済圏がなかったことを考えると、米国の鈍化は、そのまま世界経済全体の鈍化につながってしまう。
 EU離脱に揺れる英国は2016年の見通しは0.1ポイント上昇してプラス1.8%だったが、2017年については0.2ポイントの引き下げでプラス1.1%にとどまった。大きなマイナスではないが、あくまで楽観シナリオに基づくものなので、EUと英国の交渉次第では下振れがあり得るだろう。

 欧州全体は0.1ポイント引き上げられてプラス1.7%となった。フランスは0.2ポイントの引き下げだが、スペインが0.5ポイントの引き上げでプラス3.1%となり、思いのほか貢献した。日本は消費増税の延期や経済対策からプラス0.5%となった。

 このところ世界経済は米国の先行きに依存する状況が続いている。今回の成長鈍化が大統領選を前にした一時的なものなのか、中長期にわたるものなのかで、今後の世界経済の動向も大きく変わってくるだろう。

 IMFでは特に投資の減速を懸念している。投資は、資本財などの調達などによって国際貿易を活発化する役割があり、投資の減速は全世界的な成長鈍化をもたらす可能性がある。
 その意味でも、12月の利上げの有無は、世界経済の大きな転換点となる可能性が出てきたといえそうだ。場合によっては緩和的スタンスを継続することで投資を喚起するという選択肢もあり得るかもしれない。また大統領選終了後は、大規模なインフラ投資の有無が市場の関心事となっていくだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …