ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年の世界経済の成長率見通しを3.1%とし、7月の見通しを据え置いた。これまで成長の牽引役だった米国の成長が鈍化しており、世界経済を引っ張る主役がいなくなりつつある。

imf201610
 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。7月と1月に見通しの改定値を出しているが、7月時点では、英国のEU(欧州連合)離脱の影響は十分に考慮されていなかった。今回の見通しでは、7月時点の見通しから、どの程度、変化するのかが注目されていた。

 世界経済の成長率見通しは物価変動の影響を除いた実質でプラス3.1%と、7月の見通しを据え置いた。最大の要因は世界経済の牽引役であった米国の見通しが引き下げられたこと。7月の見通しではプラス2.2%だったが、0.6ポイント引き下げられ、プラス1.6%になった。大統領選挙への不安から投資が抑制されていることが主な理由。

 一方、新興国は最悪の状態からは脱しつつある。ロシアはまだマイナス成長だが0.4ポイント引き上げとなり、中国は6.6%成長が据え置かれた。インドは0.2ポイント上昇でプラス7.6%となっている。ただ新興国はあくまで最悪期を脱したというだけであり、低成長が続いていることに変わりはない。

 米国しか好調な経済圏がなかったことを考えると、米国の鈍化は、そのまま世界経済全体の鈍化につながってしまう。
 EU離脱に揺れる英国は2016年の見通しは0.1ポイント上昇してプラス1.8%だったが、2017年については0.2ポイントの引き下げでプラス1.1%にとどまった。大きなマイナスではないが、あくまで楽観シナリオに基づくものなので、EUと英国の交渉次第では下振れがあり得るだろう。

 欧州全体は0.1ポイント引き上げられてプラス1.7%となった。フランスは0.2ポイントの引き下げだが、スペインが0.5ポイントの引き上げでプラス3.1%となり、思いのほか貢献した。日本は消費増税の延期や経済対策からプラス0.5%となった。

 このところ世界経済は米国の先行きに依存する状況が続いている。今回の成長鈍化が大統領選を前にした一時的なものなのか、中長期にわたるものなのかで、今後の世界経済の動向も大きく変わってくるだろう。

 IMFでは特に投資の減速を懸念している。投資は、資本財などの調達などによって国際貿易を活発化する役割があり、投資の減速は全世界的な成長鈍化をもたらす可能性がある。
 その意味でも、12月の利上げの有無は、世界経済の大きな転換点となる可能性が出てきたといえそうだ。場合によっては緩和的スタンスを継続することで投資を喚起するという選択肢もあり得るかもしれない。また大統領選終了後は、大規模なインフラ投資の有無が市場の関心事となっていくだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

bouekitoukei 201502
2月の貿易収支は先月に引き続いて改善。輸出の米国依存がより鮮明に

 財務省は2015年3月18日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

ginkoyusi
とうとうマイナスに転じた都市銀の貸し出し。アベノミクスは逆回転を開始?

 大手銀行の貸し出しが45カ月ぶりに減少に転じた。日銀が大量に資金を供給している …