ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白書」を公表したことで、遅れが目立っていた日本のたばこ対策に進展する兆しが見え始めた。

bunen

 厚生労働省の有識者検討会は8月、喫煙の健康影響に関する報告書(たばこ白書)を取りまとめた。報告書によると、世界保健機関(WHO)の評価基準では、日本は、受動喫煙防止対策、脱たばこ・メディアキャンペーン、たばこの広告・販売・後援の禁止の項目において最低レベルになっているという。

 同じくWHOは、公共的な8つの場所(医療施設、大学以外の教育施設、大学、官公庁、一般の職場、食事を主とするレストラン、飲物を主とするカフェ・パブ・バー・居酒屋、公共交通機関)における全面禁煙措置の実施状況についても調査を行っている。日本はすべての施設で全面禁煙が行われておらず、高所得国のカテゴリーでは最低評価だった。

 日本では受動喫煙について、主に吸う人の権利という視点で議論が行われていた。つまり受動喫煙はある程度は避けられないものであり「受忍限度」とされていたのである。
 白書では司法における受動喫煙に対する認識の変化についても言及している。このところ受動喫煙の危険性を指摘する判決が相次いでおり、受動喫煙は危険な行為であるとのコンセンサスが得られるようになってきた。他人に対して危害を加える可能性のある行為ということであれば、本人の権利に関係なく、その行為が禁止されるのは当然の結果ということになるだろう。

 白書ではこうした考え方に沿って、分煙は推奨されるべきではないとしている。日本では喫煙室を設置することで対処するというケースが多くなっているが、喫煙室では、たばこ煙の漏れを完全に防止できず、喫煙室の清掃などに従事する従業員の受動喫煙問題を解決できないと指摘している。白書は、喫煙室を設置するという考え方をあらため、日本でも屋内100%禁煙化を目指すべきと結論付けた。

 屋内の全面禁煙に関する法律を施行した国では、喫煙関連疾患による入院リスクが大幅に低くなるという結果が得られている。つまり、公共の場での喫煙を禁止することで、国民の健康レベルが上がり、国民医療費を引き下げることが可能となる。

 白書の内容は極めて合理的であり、実施した場合の効果も高い。白書の内容に沿って全面禁煙を進めるのが妥当な選択だろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

rirekisho
韓国で学生の「出自」を問う履歴書が問題視。日本と同様の社会構造が浮き彫りに

 就職活動の履歴書に、両親の学歴、財産、本籍などを記載させるという、人権を無視す …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …