ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白書」を公表したことで、遅れが目立っていた日本のたばこ対策に進展する兆しが見え始めた。

bunen

 厚生労働省の有識者検討会は8月、喫煙の健康影響に関する報告書(たばこ白書)を取りまとめた。報告書によると、世界保健機関(WHO)の評価基準では、日本は、受動喫煙防止対策、脱たばこ・メディアキャンペーン、たばこの広告・販売・後援の禁止の項目において最低レベルになっているという。

 同じくWHOは、公共的な8つの場所(医療施設、大学以外の教育施設、大学、官公庁、一般の職場、食事を主とするレストラン、飲物を主とするカフェ・パブ・バー・居酒屋、公共交通機関)における全面禁煙措置の実施状況についても調査を行っている。日本はすべての施設で全面禁煙が行われておらず、高所得国のカテゴリーでは最低評価だった。

 日本では受動喫煙について、主に吸う人の権利という視点で議論が行われていた。つまり受動喫煙はある程度は避けられないものであり「受忍限度」とされていたのである。
 白書では司法における受動喫煙に対する認識の変化についても言及している。このところ受動喫煙の危険性を指摘する判決が相次いでおり、受動喫煙は危険な行為であるとのコンセンサスが得られるようになってきた。他人に対して危害を加える可能性のある行為ということであれば、本人の権利に関係なく、その行為が禁止されるのは当然の結果ということになるだろう。

 白書ではこうした考え方に沿って、分煙は推奨されるべきではないとしている。日本では喫煙室を設置することで対処するというケースが多くなっているが、喫煙室では、たばこ煙の漏れを完全に防止できず、喫煙室の清掃などに従事する従業員の受動喫煙問題を解決できないと指摘している。白書は、喫煙室を設置するという考え方をあらため、日本でも屋内100%禁煙化を目指すべきと結論付けた。

 屋内の全面禁煙に関する法律を施行した国では、喫煙関連疾患による入院リスクが大幅に低くなるという結果が得られている。つまり、公共の場での喫煙を禁止することで、国民の健康レベルが上がり、国民医療費を引き下げることが可能となる。

 白書の内容は極めて合理的であり、実施した場合の効果も高い。白書の内容に沿って全面禁煙を進めるのが妥当な選択だろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

kiki
樹木希林の全身ガン告白に対して、アナウンサーが薄っぺらな無神経発言

 全身ガンに侵されているという女優の樹木希林の発言が大きな話題となっている。樹木 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

abekaiken
安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …