ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつある。だが具体的にどの仕事がなくなるのかという話になると、現実と願望が入り交じる。その象徴的な職種は「営業」のようである。

eigyou

 人材会社であるエン・ジャパンが行ったアンケート調査の結果は非常に興味深いものであった。同社の転職サイト利用者に対する調査では、AIによって代替されにくい職業として1位になったのは営業、2位は経営企画、3位はクリエイティブだった。転職サイトの利用者なので対象は一般ビジネスマンである。ちなみに年齢は35歳以上だという。

 同社は、似たような調査を転職コンサルタントに対しても実施している。企業側のニーズをよく知る転職コンサルタントは、AIにもっとも代替されにくい職業として経営者と回答している。2位は経営企画、3位は営業、4位は弁護士だった。

 経営者もしくは経営企画部門の人材がAIに代替されにくいということは、多くの人が同意するだろう。ここで問題となってくるのは「営業」である。営業は、もっとも数が多い職種の一つだが、どちらでもランキング入りしている。一般ビジネスマンに対する調査ではトップだ。
 もしこの調査結果が本当なら、事務系職業でもっとも多い仕事のひとつがAIによって代替されないということになるが、果たしてそうなのだろうか。

 これについて、AIに関する研究者は異なる見解を出している。オックスフォード大学が行ったAIによる職業代替の研究によると、営業系はむしろAIに代替される確率が高い仕事に分類されている。
 ただ営業といっても様々である。同大学の研究では、ルート営業や電話営業などは高い確率で代替される一方、金融商品の営業などは代替されにくいと結論付けている。

 要するに付加価値の低い営業は簡単にAIに取って代わられ、高付加価値の営業は代替されないという話である。日本の場合、対面がより重視される傾向が強く、諸外国と同じにはならないかもしれないが、低付加価値営業がAIに取って代わられる可能性は高そうだ。

 AIは職業を奪うのではなく、低い付加価値の仕事を奪うというのが正しい姿だろう。運転手やパイロットといった仕事は完全に消滅する可能性があるが、AIで消える職業そのものは少ない。職業は残るが、仕事に就けなくなる人が多数出てくるという結果になる可能性が高いのだ。

 先ほどのアンケート調査において、営業がAIに代替されない理由としては、「個性」「キャラクター」などが相手との関係構築に重要といった内容が列挙されている。確かに一部の営業マンはこうしたテクニックで生き残れるかもしれないが、現実はそう甘くはないだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 ,

  関連記事

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

no image
当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするば …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …