ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつある。だが具体的にどの仕事がなくなるのかという話になると、現実と願望が入り交じる。その象徴的な職種は「営業」のようである。

eigyou

 人材会社であるエン・ジャパンが行ったアンケート調査の結果は非常に興味深いものであった。同社の転職サイト利用者に対する調査では、AIによって代替されにくい職業として1位になったのは営業、2位は経営企画、3位はクリエイティブだった。転職サイトの利用者なので対象は一般ビジネスマンである。ちなみに年齢は35歳以上だという。

 同社は、似たような調査を転職コンサルタントに対しても実施している。企業側のニーズをよく知る転職コンサルタントは、AIにもっとも代替されにくい職業として経営者と回答している。2位は経営企画、3位は営業、4位は弁護士だった。

 経営者もしくは経営企画部門の人材がAIに代替されにくいということは、多くの人が同意するだろう。ここで問題となってくるのは「営業」である。営業は、もっとも数が多い職種の一つだが、どちらでもランキング入りしている。一般ビジネスマンに対する調査ではトップだ。
 もしこの調査結果が本当なら、事務系職業でもっとも多い仕事のひとつがAIによって代替されないということになるが、果たしてそうなのだろうか。

 これについて、AIに関する研究者は異なる見解を出している。オックスフォード大学が行ったAIによる職業代替の研究によると、営業系はむしろAIに代替される確率が高い仕事に分類されている。
 ただ営業といっても様々である。同大学の研究では、ルート営業や電話営業などは高い確率で代替される一方、金融商品の営業などは代替されにくいと結論付けている。

 要するに付加価値の低い営業は簡単にAIに取って代わられ、高付加価値の営業は代替されないという話である。日本の場合、対面がより重視される傾向が強く、諸外国と同じにはならないかもしれないが、低付加価値営業がAIに取って代わられる可能性は高そうだ。

 AIは職業を奪うのではなく、低い付加価値の仕事を奪うというのが正しい姿だろう。運転手やパイロットといった仕事は完全に消滅する可能性があるが、AIで消える職業そのものは少ない。職業は残るが、仕事に就けなくなる人が多数出てくるという結果になる可能性が高いのだ。

 先ほどのアンケート調査において、営業がAIに代替されない理由としては、「個性」「キャラクター」などが相手との関係構築に重要といった内容が列挙されている。確かに一部の営業マンはこうしたテクニックで生き残れるかもしれないが、現実はそう甘くはないだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 ,

  関連記事

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …