ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつある。だが具体的にどの仕事がなくなるのかという話になると、現実と願望が入り交じる。その象徴的な職種は「営業」のようである。

eigyou

 人材会社であるエン・ジャパンが行ったアンケート調査の結果は非常に興味深いものであった。同社の転職サイト利用者に対する調査では、AIによって代替されにくい職業として1位になったのは営業、2位は経営企画、3位はクリエイティブだった。転職サイトの利用者なので対象は一般ビジネスマンである。ちなみに年齢は35歳以上だという。

 同社は、似たような調査を転職コンサルタントに対しても実施している。企業側のニーズをよく知る転職コンサルタントは、AIにもっとも代替されにくい職業として経営者と回答している。2位は経営企画、3位は営業、4位は弁護士だった。

 経営者もしくは経営企画部門の人材がAIに代替されにくいということは、多くの人が同意するだろう。ここで問題となってくるのは「営業」である。営業は、もっとも数が多い職種の一つだが、どちらでもランキング入りしている。一般ビジネスマンに対する調査ではトップだ。
 もしこの調査結果が本当なら、事務系職業でもっとも多い仕事のひとつがAIによって代替されないということになるが、果たしてそうなのだろうか。

 これについて、AIに関する研究者は異なる見解を出している。オックスフォード大学が行ったAIによる職業代替の研究によると、営業系はむしろAIに代替される確率が高い仕事に分類されている。
 ただ営業といっても様々である。同大学の研究では、ルート営業や電話営業などは高い確率で代替される一方、金融商品の営業などは代替されにくいと結論付けている。

 要するに付加価値の低い営業は簡単にAIに取って代わられ、高付加価値の営業は代替されないという話である。日本の場合、対面がより重視される傾向が強く、諸外国と同じにはならないかもしれないが、低付加価値営業がAIに取って代わられる可能性は高そうだ。

 AIは職業を奪うのではなく、低い付加価値の仕事を奪うというのが正しい姿だろう。運転手やパイロットといった仕事は完全に消滅する可能性があるが、AIで消える職業そのものは少ない。職業は残るが、仕事に就けなくなる人が多数出てくるという結果になる可能性が高いのだ。

 先ほどのアンケート調査において、営業がAIに代替されない理由としては、「個性」「キャラクター」などが相手との関係構築に重要といった内容が列挙されている。確かに一部の営業マンはこうしたテクニックで生き残れるかもしれないが、現実はそう甘くはないだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 ,

  関連記事

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

konamiruku
香港ママvs本土ママ。春節を前に香港で再び粉ミルク騒動が勃発

 中国で春節(旧正月)の休暇が近づいていることから、香港で再び粉ミルクの争奪戦が …