ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

沖縄の基地反対派に対する「土人」発言がもたらす、安全保障上の致命的デメリット

 

 沖縄の米軍ヘリコプター発着場の建設に抗議していた人物に対し、大阪府警の機動隊員が差別発言を行ったことが波紋を呼んでいる。
 今回の出来事は、地政学的に見ると極めて重大な事案であり、日本の安全保障を著しく損ねる可能性がある話が、国内世論は、差別的意図の有無や基地反対派のスタンスの是非など、極めて低レベルな議論に終始している。日本人の地政学的センスはもはや絶望的な水準かもしれない。

matusi

 事の発端は大阪府警から派遣された機動隊委員が、工事に反対する人に対して「ボケ、土人が!」などと発言したというものである。菅官房長官は「許すまじきこと」とコメントするなど、基本的にはあってはならないというスタンスだが、松井大阪府知事が警官を擁護する発言を行うなど、国内の一部には発言を容認する動きが見られる。

 こうした日本国内の世論は、日本の安全保障上、極めて重大な問題を引き起こす可能性がある。それは日本という近代国家の存続そのものに関わる問題である。

 日本は単一民族の国家と考えている人が多いが、それは完全な誤りである。日本は北海道のアイヌ民族や沖縄の琉球民族など、複数の民族で構成される多民族国家であり、多くの日本人がどう考えようと、中国や米国など他国はそう認識している。
 近代国家とは、肌の色が同じ、言語が同じといった前近代的な共同体ではなく、共通の利益を持つチームとして、知性や理性によって作り上げられたものである。そうであればこそ、広域で強力な経済圏を構築したり、軍事力を保持することができ、国際社会において有利に振る舞うことが可能となる。

 特に沖縄は、日米安全保障条約の要となる場所であり、日本の安全保障のすべてがかかっている場所といっても過言ではない。
 そのような状況において、少数派の民族で構成される沖縄に対して、警察官から民族差別の発言が出てきたり、これを有力な政治家が擁護するということになると、国際社会に対して重大なメッセージを発してしまいかねない。それは日本国内に前近代的な次元における民族紛争が発生する余地があるという、極めて危険なメッセ-ジである。

 今回の一連の出来事について「反対派も罵詈雑言を浴びせている」「差別的な意図はない」「土人といった言い方はよくない」など国内世論はあまりにも幼稚だ。冷酷な国際社会において、発言者本人の意図の有無など何の価値もない。民族対立があると認識されること自体が致命的な不利益なのである。

 実質的に日本の安全保障問題を担当している警察庁の坂口長官は「絶無を期したい」と発言しており、この事案が持つ重大性は理解しているようである。だが安倍首相からは目立った発言はなく、日本政府の認識は総じて薄いということを内外に示してしまっている。

 民族紛争の火種を抱えている、あるいは抱えていると他国から見なされた国の末路は、クリミアの惨状を見るまでもなく明らかである。
 日本国内で民族的な対立が存在することで、もっとも利益を得るのは言うまでもなく中国である。今回の出来事が日本の近代国家としての致命的な転換点にならないことを祈りたいところだが、現在の状況ではかなり絶望的かもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

fokurando
領有権問題が発生しているフォークランドで英国残留を問う住民投票。反対票はわずか3票

 英国が実効支配し、アルゼンチンが領有権を主張している英領フォークランド諸島で、 …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

yokokume
民主比例復活議員の顛末。多くは落選したが、たくましく生き延びた人も

 前回の衆院選では、はじめての政権交代ということもあり、民主党からは大量の比例復 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

putin03
ロシアが旧ソ連崩壊以後、最大規模の軍事演習。日本と中国がその背景に

 ロシア軍は、シベリアおよび極東地域において延べ16万人が参加する大規模な軍事演 …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

senkaku02
中国が尖閣付近での活動を活発化。今度は新鋭ミサイル駆逐艦を投入

 中国が尖閣諸島付近での活動を活発化させている。これまで中国の活動は日本の巡視船 …

yudachi
中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?

 防衛省は5日、東シナ海の公海上で中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃 …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …