ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高樹沙耶容疑者の逮捕で医療用大麻への関心が高まっているが・・・

 

 大麻取締法違反で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者が、医療用大麻の解禁を訴える活動をしていたことから、医療用大麻への関心が高まっている。
 高樹容疑者本人が、どのような目的で医療用大麻の解禁について訴えていたのかは何とも言えないが、諸外国では大麻解禁の流れが加速しており、日本においても対応を考える必要が出てきている。

taima
 日本では大麻を所持することは大麻取締法で禁止されているが、諸外国では大麻が合法なところも少なくない。欧州はかなり寛容で、スペイン、オランダ、ベルギー、ドイツなど一定の制限下で大麻を使える国は多い。

 薬物やアルコールに極めて厳しいのは米国で、現在でも連邦法では禁止となっているが、州法では医療用大麻を認めるところが増えてきている(コロラド州やワシントン州などでは医療用のみならず嗜好用の大麻についても合法化された)。大麻解禁論者が主張するように、大麻合法化が国際的な流れというのは事実だろう。

 ちなみに日本は戦前までは衣類などに大量に大麻を使用していたことから、ごく日常的に大麻が存在していた。GHQ(連合国軍総司令部)による日本占領をきっかけに急遽、大麻取締法が成立し、全面的に禁止となったという経緯がある。

 医療用の大麻は末期がん患者の痛みの抑制などに大きな効果があるといわれており、解禁派はそれ以外にも多くの効用があると主張している。過剰に摂取しなければ、健康に害を与えないということも、ある程度まではコンセンサスが得られている。

 現時点では違法であるものの、もともと大麻が日常的に存在していたという日本の歴史的経緯や、国際的な潮流を考えた場合、議論そのものを排除する必要はないと考えられる。

 もっとも現実に合法化ということになると、いろいろと問題が出てくるのは事実だ。各国政府が大麻の合法化に対して熱心なのは、国家が管理することで税収が増えるからである。麻薬を合法化すれば、それは必ず政治利権となるので、別の弊害が発生する可能性を考えなければならない。

 特に日本の場合、薬物の国家管理については暗い歴史がある。太平洋戦争中、日本は旧満州においてアヘンの大量密売を行い莫大な収入を得ていたほか、大麻と比較して依存性が極めて高く危険な薬物である覚醒剤のメタンフェタミン(ヒロポン)を兵士に服用させていた。旧満州におけるアヘン利権で得た資金が岸信介元首相の政治資金になっていたのは有名な話である。
 戦後においても、税収確保を優先するという立場から喫煙が推奨され、現在でも公共の場における禁煙レベルは先進国では最低水準のままである。

 大麻合法化の議論を行う場合には、大麻の効用や健康への影響という医学的な観点に加えて、政治的、社会的な観点も必要となるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

orando
フランス人は決して謝らない。オランド大統領がアルジェリアを訪問するも謝罪要求は一蹴

 フランスのオランド大統領は独立50周年を迎えるアルジェリアを訪問し、フランスに …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …