ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高樹沙耶容疑者の逮捕で医療用大麻への関心が高まっているが・・・

 

 大麻取締法違反で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者が、医療用大麻の解禁を訴える活動をしていたことから、医療用大麻への関心が高まっている。
 高樹容疑者本人が、どのような目的で医療用大麻の解禁について訴えていたのかは何とも言えないが、諸外国では大麻解禁の流れが加速しており、日本においても対応を考える必要が出てきている。

taima
 日本では大麻を所持することは大麻取締法で禁止されているが、諸外国では大麻が合法なところも少なくない。欧州はかなり寛容で、スペイン、オランダ、ベルギー、ドイツなど一定の制限下で大麻を使える国は多い。

 薬物やアルコールに極めて厳しいのは米国で、現在でも連邦法では禁止となっているが、州法では医療用大麻を認めるところが増えてきている(コロラド州やワシントン州などでは医療用のみならず嗜好用の大麻についても合法化された)。大麻解禁論者が主張するように、大麻合法化が国際的な流れというのは事実だろう。

 ちなみに日本は戦前までは衣類などに大量に大麻を使用していたことから、ごく日常的に大麻が存在していた。GHQ(連合国軍総司令部)による日本占領をきっかけに急遽、大麻取締法が成立し、全面的に禁止となったという経緯がある。

 医療用の大麻は末期がん患者の痛みの抑制などに大きな効果があるといわれており、解禁派はそれ以外にも多くの効用があると主張している。過剰に摂取しなければ、健康に害を与えないということも、ある程度まではコンセンサスが得られている。

 現時点では違法であるものの、もともと大麻が日常的に存在していたという日本の歴史的経緯や、国際的な潮流を考えた場合、議論そのものを排除する必要はないと考えられる。

 もっとも現実に合法化ということになると、いろいろと問題が出てくるのは事実だ。各国政府が大麻の合法化に対して熱心なのは、国家が管理することで税収が増えるからである。麻薬を合法化すれば、それは必ず政治利権となるので、別の弊害が発生する可能性を考えなければならない。

 特に日本の場合、薬物の国家管理については暗い歴史がある。太平洋戦争中、日本は旧満州においてアヘンの大量密売を行い莫大な収入を得ていたほか、大麻と比較して依存性が極めて高く危険な薬物である覚醒剤のメタンフェタミン(ヒロポン)を兵士に服用させていた。旧満州におけるアヘン利権で得た資金が岸信介元首相の政治資金になっていたのは有名な話である。
 戦後においても、税収確保を優先するという立場から喫煙が推奨され、現在でも公共の場における禁煙レベルは先進国では最低水準のままである。

 大麻合法化の議論を行う場合には、大麻の効用や健康への影響という医学的な観点に加えて、政治的、社会的な観点も必要となるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

bata
農林水産省がバターの追加輸入を決定。バターは国家独占貿易だった

 農林水産省は2015年5月27日、バターの品薄に対処するため、1万トンの追加輸 …

no image
米大統領選挙、イスラエル支持をめぐって民主党大会が紛糾。米国社会に変化の兆候

  ノースカロライナ州シャーロットで開催中民主党全国党大会で、イスラエル問題でひ …

francisco1
バチカン銀行の改革でマフィアとトラブル?フランシスコ法王の改革は進むのか?

 フランシスコ新法王の下、バチカンでは金融システム改革が進められている。フランシ …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

spain
スペインがわずか1600万円の不動産投資で外国人に永住権を付与

 スペイン政府は、銀行の不良債権問題の解決策のひとつとして、16万ユーロ(およそ …

gooddesign
グーグルマップの受賞禁止で期せずして注目を浴びたグッドデザイン賞のビジネスモデル

 日本デザイン振興会が2013年度グッドデザイン賞の大賞(内閣総理大臣賞)として …