ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙まで10日というタイミングで突然FBIがクリントン候補への捜査再開という不可解

 

 クリントン候補優勢の状態で投票日を迎えると思われていた米大統領選挙の行方が不透明になっている。投票日までわずか10日というタイミングでFBI(米連邦捜査局)がクリントン氏への捜査を再開すると議会に通知したからである。

kurinton

 最新の世論調査では、クリントン候補が数ポイントの差を付けてトランプ候補をリードしていた。トランプ氏はテレビ討論会では目立った実績を残せず、女性蔑視発言など失点が続いたが、思いのほか失速せず、支持率はむしろ上昇傾向となっている。だがクリントン氏を上回るほどの勢いはなく、クリントン氏優勢の状況で11月8日の投票日を迎えると思われていた。

 だがここにきて状況が大きく変化した。FBIは10月28日、クリントン氏が国務長官在任中に私用メールを使った問題で、クリントン氏に対する捜査を再開したと議会に対して通知した。別件の捜査過程で、クリントン氏が関与するメールの中に、政府の機密情報を含む可能性があるものを新たに発見したというのがその理由だ。

 選挙まであと10日しかなく、一部では期日前投票も始まっている。このようなタイミングで選挙結果に重大な影響を与える可能性のある情報を公開するというのは前代未聞であり、FBIの上部組織である司法省も今回の発表には難色を示したといわれている。また、問題のメールの内容など捜査情報は一切公表されていないことから、政治的な背景を疑う声も出ている。

 このニュースが出た後の世論調査(ABC・ワシントンポスト)ではクリントン氏が47%、トランプ氏が45%となり両候補の差は一気に縮まった。
 米メディアの多くは、今回の出来事は無党派層の行動に大きな影響を与えると報じている。無党派層の有権者の中には、どちらの候補に投票するかまだ決めていない人も少なくないという。

 どちらかというとクリントン氏支持に傾いていた無党派層の一部が、私用メール疑惑が再び浮上したことでトランプ氏への投票に切り替える可能性も指摘されており、今回の捜査再開のニュースはトランプ氏に有利に働く可能性が高い。

 今回のFBIの発表は唐突で、かつ不透明なものであり、選挙を前にして政府内部でもかなりの勢力争いがあることをうかがわせる。仮にクリントン候補が逃げ切ったとしても、その後の政権運営に影響する可能性は高いだろう。

 - 政治

  関連記事

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …

chinaoillig
中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた …

no image
ルイヴィトンのオーナーが課税強化を嫌ってベルギー国籍を取得

 フランスの大富豪で「LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)」会長のベルナール・ …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …

lee obama
オバマ大統領とリー・シェンロン首相との会談で見えてくる、米軍の南シナ海へのシフト

  シンガポールのリー・シェンロン首相は4月2日、米ワシントンのホワイトハウスで …