ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙まで10日というタイミングで突然FBIがクリントン候補への捜査再開という不可解

 

 クリントン候補優勢の状態で投票日を迎えると思われていた米大統領選挙の行方が不透明になっている。投票日までわずか10日というタイミングでFBI(米連邦捜査局)がクリントン氏への捜査を再開すると議会に通知したからである。

kurinton

 最新の世論調査では、クリントン候補が数ポイントの差を付けてトランプ候補をリードしていた。トランプ氏はテレビ討論会では目立った実績を残せず、女性蔑視発言など失点が続いたが、思いのほか失速せず、支持率はむしろ上昇傾向となっている。だがクリントン氏を上回るほどの勢いはなく、クリントン氏優勢の状況で11月8日の投票日を迎えると思われていた。

 だがここにきて状況が大きく変化した。FBIは10月28日、クリントン氏が国務長官在任中に私用メールを使った問題で、クリントン氏に対する捜査を再開したと議会に対して通知した。別件の捜査過程で、クリントン氏が関与するメールの中に、政府の機密情報を含む可能性があるものを新たに発見したというのがその理由だ。

 選挙まであと10日しかなく、一部では期日前投票も始まっている。このようなタイミングで選挙結果に重大な影響を与える可能性のある情報を公開するというのは前代未聞であり、FBIの上部組織である司法省も今回の発表には難色を示したといわれている。また、問題のメールの内容など捜査情報は一切公表されていないことから、政治的な背景を疑う声も出ている。

 このニュースが出た後の世論調査(ABC・ワシントンポスト)ではクリントン氏が47%、トランプ氏が45%となり両候補の差は一気に縮まった。
 米メディアの多くは、今回の出来事は無党派層の行動に大きな影響を与えると報じている。無党派層の有権者の中には、どちらの候補に投票するかまだ決めていない人も少なくないという。

 どちらかというとクリントン氏支持に傾いていた無党派層の一部が、私用メール疑惑が再び浮上したことでトランプ氏への投票に切り替える可能性も指摘されており、今回の捜査再開のニュースはトランプ氏に有利に働く可能性が高い。

 今回のFBIの発表は唐突で、かつ不透明なものであり、選挙を前にして政府内部でもかなりの勢力争いがあることをうかがわせる。仮にクリントン候補が逃げ切ったとしても、その後の政権運営に影響する可能性は高いだろう。

 - 政治

  関連記事

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

mujinki02
Amazon.comの商品レビュー欄を使った無人機への批判が話題に

 米国でAmazon.comのレビュー機能を使った無人機(ドローン)攻撃に対する …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

onkaho
温家宝首相の2200億円蓄財手段が明らかに。日本のSBIグループもファンドに出資

 中国の政権交代に関連して、現指導部と対立している太子党グループから、温家宝首相 …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

aso03
公的年金による株の買い支えを示唆した麻生財務相の発言。真意はどこに?

 麻生財務相が公的年金による株の買い支えとも取れる発言を行ったことが株式市場で話 …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …