ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙まで10日というタイミングで突然FBIがクリントン候補への捜査再開という不可解

 

 クリントン候補優勢の状態で投票日を迎えると思われていた米大統領選挙の行方が不透明になっている。投票日までわずか10日というタイミングでFBI(米連邦捜査局)がクリントン氏への捜査を再開すると議会に通知したからである。

kurinton

 最新の世論調査では、クリントン候補が数ポイントの差を付けてトランプ候補をリードしていた。トランプ氏はテレビ討論会では目立った実績を残せず、女性蔑視発言など失点が続いたが、思いのほか失速せず、支持率はむしろ上昇傾向となっている。だがクリントン氏を上回るほどの勢いはなく、クリントン氏優勢の状況で11月8日の投票日を迎えると思われていた。

 だがここにきて状況が大きく変化した。FBIは10月28日、クリントン氏が国務長官在任中に私用メールを使った問題で、クリントン氏に対する捜査を再開したと議会に対して通知した。別件の捜査過程で、クリントン氏が関与するメールの中に、政府の機密情報を含む可能性があるものを新たに発見したというのがその理由だ。

 選挙まであと10日しかなく、一部では期日前投票も始まっている。このようなタイミングで選挙結果に重大な影響を与える可能性のある情報を公開するというのは前代未聞であり、FBIの上部組織である司法省も今回の発表には難色を示したといわれている。また、問題のメールの内容など捜査情報は一切公表されていないことから、政治的な背景を疑う声も出ている。

 このニュースが出た後の世論調査(ABC・ワシントンポスト)ではクリントン氏が47%、トランプ氏が45%となり両候補の差は一気に縮まった。
 米メディアの多くは、今回の出来事は無党派層の行動に大きな影響を与えると報じている。無党派層の有権者の中には、どちらの候補に投票するかまだ決めていない人も少なくないという。

 どちらかというとクリントン氏支持に傾いていた無党派層の一部が、私用メール疑惑が再び浮上したことでトランプ氏への投票に切り替える可能性も指摘されており、今回の捜査再開のニュースはトランプ氏に有利に働く可能性が高い。

 今回のFBIの発表は唐突で、かつ不透明なものであり、選挙を前にして政府内部でもかなりの勢力争いがあることをうかがわせる。仮にクリントン候補が逃げ切ったとしても、その後の政権運営に影響する可能性は高いだろう。

 - 政治

  関連記事

chongchongan
北朝鮮の貨物船がパナマ運河で強制停泊。積荷はミサイル部品の可能性大

 パナマ政府は7月15日、キューバを出航しパナマ運河を通過しようとした北朝鮮籍の …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

lassen ddg82
米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、 …

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

eri
エリーが小沢ガールズに逆戻り?ダンナさんは維新から出馬の噂も

 日本未来の党への国民の生活が第一の合流が決まったことで、元小沢ガールズの一員で …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …