ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙まで10日というタイミングで突然FBIがクリントン候補への捜査再開という不可解

 

 クリントン候補優勢の状態で投票日を迎えると思われていた米大統領選挙の行方が不透明になっている。投票日までわずか10日というタイミングでFBI(米連邦捜査局)がクリントン氏への捜査を再開すると議会に通知したからである。

kurinton

 最新の世論調査では、クリントン候補が数ポイントの差を付けてトランプ候補をリードしていた。トランプ氏はテレビ討論会では目立った実績を残せず、女性蔑視発言など失点が続いたが、思いのほか失速せず、支持率はむしろ上昇傾向となっている。だがクリントン氏を上回るほどの勢いはなく、クリントン氏優勢の状況で11月8日の投票日を迎えると思われていた。

 だがここにきて状況が大きく変化した。FBIは10月28日、クリントン氏が国務長官在任中に私用メールを使った問題で、クリントン氏に対する捜査を再開したと議会に対して通知した。別件の捜査過程で、クリントン氏が関与するメールの中に、政府の機密情報を含む可能性があるものを新たに発見したというのがその理由だ。

 選挙まであと10日しかなく、一部では期日前投票も始まっている。このようなタイミングで選挙結果に重大な影響を与える可能性のある情報を公開するというのは前代未聞であり、FBIの上部組織である司法省も今回の発表には難色を示したといわれている。また、問題のメールの内容など捜査情報は一切公表されていないことから、政治的な背景を疑う声も出ている。

 このニュースが出た後の世論調査(ABC・ワシントンポスト)ではクリントン氏が47%、トランプ氏が45%となり両候補の差は一気に縮まった。
 米メディアの多くは、今回の出来事は無党派層の行動に大きな影響を与えると報じている。無党派層の有権者の中には、どちらの候補に投票するかまだ決めていない人も少なくないという。

 どちらかというとクリントン氏支持に傾いていた無党派層の一部が、私用メール疑惑が再び浮上したことでトランプ氏への投票に切り替える可能性も指摘されており、今回の捜査再開のニュースはトランプ氏に有利に働く可能性が高い。

 今回のFBIの発表は唐突で、かつ不透明なものであり、選挙を前にして政府内部でもかなりの勢力争いがあることをうかがわせる。仮にクリントン候補が逃げ切ったとしても、その後の政権運営に影響する可能性は高いだろう。

 - 政治

  関連記事

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

futenma02
米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画 …

mujinki
米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?

 無人機によるテロリスト殺害の対象者に米国市民も含めることを可能とする米司法省の …

mujinki02
Amazon.comの商品レビュー欄を使った無人機への批判が話題に

 米国でAmazon.comのレビュー機能を使った無人機(ドローン)攻撃に対する …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

austrariadefense
豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立

 オーストラリア政府は5月3日、国防白書2013を発表した。中国の台頭について脅 …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …