ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続のマイナスとなっているからだ。このところ原油価格が上がっているので、来年は回復が見込めるとの予想が多いが、経済の基礎体力がない中で物価だけが上昇しても、結局は消費の抑制につながってしまう。

bukkajoushou 総務省は2016年10年28日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でマイナス0.5%となり、物価の下落はこれで7カ月連続となった。「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」もゼロ%となっており、物価上昇はストップしてしまった。完全にデフレ経済にシフトしたとみることもできるだろう。

 原油価格の影響を受けるコア指数は2014年の段階から下落が始まっていたが、原油価格の影響を受けないコアコア指数は何とか持ちこたえていた。だが、コアコア指数も2016年に入ると下落が始まり、結局、すべての指標が横ばいもしくはマイナスになった。

 消費も低迷している。同じく総務省が発表した9月の実質消費支出は前年同月比マイナス2.1%となり、こちらも7カ月連続のマイナスである。もっとも7カ月連続といっても、今年に入ってプラスになったのは2月の1回だけであり、2015年の8月からずっとマイナスが続いている。

 問題なのは物価の上昇、下落にかかわらず消費が弱いことである。原油価格の影響で物価が上がると購買力が減って消費が落ち、物価が下がるとデフレマインドで消費が落ちる。日本経済は消費のための基礎体力がない状況であり、そのような中で物価を動かしても、結果は同じである。

 このところ原油価格は反転上昇しているので、来年にかけては消費者物価指数は上昇することになるかもしれない。だが消費の基礎体力が変わらなければ、消費そのものは伸びないだろう。

 金融政策や財政政策は基本的な経済のメカニズムが機能している国でなければ、うまく作用しない。この点において米国と日本とでは大きな差がある。日本は制度疲労を起こしている従来型経済構造の改革をひたすら回避してきた。この状況が続く限り、金融や財政の効果は限定的だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …