ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続のマイナスとなっているからだ。このところ原油価格が上がっているので、来年は回復が見込めるとの予想が多いが、経済の基礎体力がない中で物価だけが上昇しても、結局は消費の抑制につながってしまう。

bukkajoushou 総務省は2016年10年28日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でマイナス0.5%となり、物価の下落はこれで7カ月連続となった。「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」もゼロ%となっており、物価上昇はストップしてしまった。完全にデフレ経済にシフトしたとみることもできるだろう。

 原油価格の影響を受けるコア指数は2014年の段階から下落が始まっていたが、原油価格の影響を受けないコアコア指数は何とか持ちこたえていた。だが、コアコア指数も2016年に入ると下落が始まり、結局、すべての指標が横ばいもしくはマイナスになった。

 消費も低迷している。同じく総務省が発表した9月の実質消費支出は前年同月比マイナス2.1%となり、こちらも7カ月連続のマイナスである。もっとも7カ月連続といっても、今年に入ってプラスになったのは2月の1回だけであり、2015年の8月からずっとマイナスが続いている。

 問題なのは物価の上昇、下落にかかわらず消費が弱いことである。原油価格の影響で物価が上がると購買力が減って消費が落ち、物価が下がるとデフレマインドで消費が落ちる。日本経済は消費のための基礎体力がない状況であり、そのような中で物価を動かしても、結果は同じである。

 このところ原油価格は反転上昇しているので、来年にかけては消費者物価指数は上昇することになるかもしれない。だが消費の基礎体力が変わらなければ、消費そのものは伸びないだろう。

 金融政策や財政政策は基本的な経済のメカニズムが機能している国でなければ、うまく作用しない。この点において米国と日本とでは大きな差がある。日本は制度疲労を起こしている従来型経済構造の改革をひたすら回避してきた。この状況が続く限り、金融や財政の効果は限定的だろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

gekyutoki
GEが家電部門を売却交渉。金融部門の分離に続いて、インフラ事業への集中が加速

 スウェーデンに本社を置く、欧州の家電大手エレクトロラックスは2014年8月14 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …