ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが明らかとなった。専門部署を設置し、1回の充電で300キロ以上を走行できる車両を開発する。
 世界の潮流はEVに流れており、水素自動車にこだわる日本は自動車という基幹産業において世界から取り残されるリスクが指摘されていた。トヨタがようやく決断に至ったことで最悪の事態は避けられるが、課題は山積している。

toyotaeco
 トヨタはこれまでエコカー戦略に関して、ハイブリット車(HV)と燃料電池車(FCV)を中核として位置付けてきた。特に燃料電池車については、半ば日本の国策となっており、全国に水素ステーションを建設するという話も浮上している。

 しかし世界の潮流は完全に逆方向となっており、電気自動車が次世代の主役となりつつある。電気自動車の最大の欠点は走行距離が短いことで、この点において燃料電池車は完全に優っているというのが日本勢の見解であった。

 ところがITの普及によってこうした基礎的な条件も変わりつつある。米国では自動運転車の登場は時間の問題となっており、人がいなくても自動車が移動できることが大前提となっている。
 駐車スペースに充電設備を設置し、地図情報システムなどと連携すれば、駐車中に充電を行ったり、空き時間を見つけて自律的に充電ステーションに向かうといったことが可能になる。このような環境では電気自動車はむしろ有利になる。

 電気自動車は構造が簡便で大幅なコスト安が期待できることもあり、各国は電気自動車を中心とした政策に舵を切りつつあるというが現実だ。すでに米カリフォルニア州では、一定の割合で電気自動車を販売しなければならない規制が設けられているほか、中国も多額の補助金を出して普及を後押ししている。

 日本の自動車メーカーは米国市場で稼いでおり、米国でクルマが売れなくなれば、日本の製造業は致命的な打撃を受ける。燃料電池車はすでに日本の国策になっていることから、トヨタが決断できないのではないかとの懸念が市場にはくすぶっていた。少々、遅かったとはいえトヨタが戦略転換を打ち出したことで市場には安心感が広がっている。

 ただ、これまで電気自動車への投資を行っていなかった分、トヨタは後発となってしまう。自動運転システムやITインフラとの連携も含め、かなりの覚悟がなければ、この市場で競争力を確保することは難しいだろう。トヨタにとっては勝負の4年間になる。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

goan
10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年 …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

stapsaibou
理化学研究所が内外からの声に対応して、STAP細胞の詳細な作成手順を公開。

 理化学研究所は2014年3月5日、新しい万能細胞「STAP細胞」の詳細な作成手 …

zenjndaikaijou02
中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している

 中国・北京で開かれていた第12期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は17日 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …