ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デフレでゲタを履かせられた7~9月期の実質GDP。輸出の落ち込みはかなり深刻

 

 内閣府は2016年11月14日、2016年7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質はプラス0.5%(年率換算2.2%)と予想を上回った。
 主要メディアは「3期連続のプラス成長」と大々的に見出しを付けているが、現実は消費者物価指数の下落で実質値が底上げされたに過ぎず、実体経済は依然として弱いままだ。特に輸出の低迷はかなり深刻な状況にある。

bouekikontena
 GDPの6割を占める個人消費は前期比プラス0.1%、設備投資は横ばいだった。輸出がプラス2.0%となっており、メディアの報道はこれを根拠に外需主導で景気が回復したと論じている。だがこれは物価の影響を考慮した実質値である。

 名目値を見てみると、GDP全体はプラス0.2%、個人消費はマイナス0.1%、設備投資はマイナス0.4%、輸出はマイナス0.5%とかなり悪い。このところ日本経済はデフレとも呼ぶべき状況となっており、消費者物価指数は7カ月連続のマイナスが続く。GDPデフレ-ターも0.3%のマイナスとなっており、これが実質値を底上げした。
 何のことはない、デフレなのでGDPが伸び悩んでも見かけ上はプラス成長になるというカラクリである。これはデフレに悩まされて続けた、かつての日本経済ではごく日常的な光景であり、それが繰り返されているに過ぎない。

 特に深刻なのは輸出入である。外需主導で景気回復というトーンの報道が多いが実体はまったく逆である。貿易統計を見ると、7~9月の輸出は大幅なマイナスが続いており、それに伴って輸入も激減している。
 輸出が減っているということは、設備投資も抑制されるので、輸入はそれ以上に減少する。そうなると輸出から輸入を引いた純輸出は、一時的には増えたように見える。今回、外需主導でGDPがプラスになったというのはこれが原因である。本当に輸出が増えているわけではないことに注意する必要がある。

 このように現実にはよい材料がない7~9月期のGDPだが、多少の楽観シナリオもある。それはトランプ政権の誕生による円安である。米国が保護貿易に傾かず、円安で輸出が増えれば、外需主導でGDPを底上げすることができる。
 だが、このことは、外部環境に頼らなければならないほど内需が冷え込んでいることの裏返しでもある。日本経済は引き続き厳しい状況にあるのが現実だ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

goan
ルノーの労使交渉で露呈した、ゴーン会長が受け取る巨額報酬の真相。

 欧州経済の低迷を受けて業績不振が続く仏ルノーのカルロス・ゴーン会長は、現在難航 …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …