ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

デフレでゲタを履かせられた7~9月期の実質GDP。輸出の落ち込みはかなり深刻

 

 内閣府は2016年11月14日、2016年7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質はプラス0.5%(年率換算2.2%)と予想を上回った。
 主要メディアは「3期連続のプラス成長」と大々的に見出しを付けているが、現実は消費者物価指数の下落で実質値が底上げされたに過ぎず、実体経済は依然として弱いままだ。特に輸出の低迷はかなり深刻な状況にある。

bouekikontena
 GDPの6割を占める個人消費は前期比プラス0.1%、設備投資は横ばいだった。輸出がプラス2.0%となっており、メディアの報道はこれを根拠に外需主導で景気が回復したと論じている。だがこれは物価の影響を考慮した実質値である。

 名目値を見てみると、GDP全体はプラス0.2%、個人消費はマイナス0.1%、設備投資はマイナス0.4%、輸出はマイナス0.5%とかなり悪い。このところ日本経済はデフレとも呼ぶべき状況となっており、消費者物価指数は7カ月連続のマイナスが続く。GDPデフレ-ターも0.3%のマイナスとなっており、これが実質値を底上げした。
 何のことはない、デフレなのでGDPが伸び悩んでも見かけ上はプラス成長になるというカラクリである。これはデフレに悩まされて続けた、かつての日本経済ではごく日常的な光景であり、それが繰り返されているに過ぎない。

 特に深刻なのは輸出入である。外需主導で景気回復というトーンの報道が多いが実体はまったく逆である。貿易統計を見ると、7~9月の輸出は大幅なマイナスが続いており、それに伴って輸入も激減している。
 輸出が減っているということは、設備投資も抑制されるので、輸入はそれ以上に減少する。そうなると輸出から輸入を引いた純輸出は、一時的には増えたように見える。今回、外需主導でGDPがプラスになったというのはこれが原因である。本当に輸出が増えているわけではないことに注意する必要がある。

 このように現実にはよい材料がない7~9月期のGDPだが、多少の楽観シナリオもある。それはトランプ政権の誕生による円安である。米国が保護貿易に傾かず、円安で輸出が増えれば、外需主導でGDPを底上げすることができる。
 だが、このことは、外部環境に頼らなければならないほど内需が冷え込んでいることの裏返しでもある。日本経済は引き続き厳しい状況にあるのが現実だ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

appletv002
アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブル …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …