ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次いでいる。IoTへの準備は急ピッチで進んでいるが、残念ながら日本メーカーの存在感は薄い。この分野は現代の産業革命ともいわれているが、主導権の確保に失敗した場合、日本のモノ作りは致命的なダメージを受ける可能性がある。

siemense

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2016年11月14日、在庫管理や人事管理システムを開発する米サービスマックスを9億1500万ドル(約990億円)で買収すると発表した。GEはIoTビジネスのプラットフォームとなるシステム基盤をすでに開発している。事務管理システムをシステム基盤に接続することで、企業情報システムとの本格的な連携を狙う。

 同じく14日、GEのライバルである独シーメンスも米国のソフトウエア企業であるメンター・グラフィックスを45億ドル(約4860億円)で買収すると発表した。シーメンスはドイツのソフトウェア企業SAPと組み、GEと同様のIoTシステム基盤を提供している。
 シーメンスは、設計システムに強みを持つメンター社を買収することで、製造業におけるIoT化をさらに進めていく

 世界的な動きはまだ続く。今度は韓国サムスン電子が米自動車部品大手ハーマン・インターナショナル・インダストリーズを約80億ドル(8640億円)で買収すると発表した。ハーマンは通信機能を備えたコネクテッドカーの分野に強く、サムスンは自動車IT化の分野に足がかりを得る。

 製造業におけるIoTの分野では、GEとシーメンスの躍進は突出している。IoT時代においては、各デバイスからネットを通じて送信される情報を処理し、顧客サービスの向上につなげるためのソフトウェアがカギを握る。
 この部分で主導権を握ることができた企業は、ライバル企業にシステムを有償で開放したり、システムの運用を他社から請け負うなど、圧倒的な競争力を確保できる可能性が高まってくる。逆に、主導権を握れない企業は、ライバル企業の下請け的な立場に陥ることにもなりかねない。

 世界的な業界再編はここ1~2年が正念場と思われるが、残念ながら日本企業の名前は出てこない。日本勢はIoT仕様の標準化で出遅れたことから不利な戦いを強いられている。日本勢が置かれた状況を考えると、多少の利益を犠牲にしても、GEやシーメンス陣営の傘下に入るという現実的な選択肢を考えていく必要があるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

mh370inmarusat
マレーシア当局が公開した370便の位置特定に使われた衛星データの中身

 マレーシア航空当局は2014年5月27日、墜落したマレーシア航空MH370便の …

gold04
金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行は、2013年の決算で約90億フラン(約 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …