ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GEやシーメンスが相次いでソフト会社を買収。IoT陣営作りは最終段階?

 

 IoT(モノのインターネット)時代の到来を見据え、世界レベルの業界再編が相次いでいる。IoTへの準備は急ピッチで進んでいるが、残念ながら日本メーカーの存在感は薄い。この分野は現代の産業革命ともいわれているが、主導権の確保に失敗した場合、日本のモノ作りは致命的なダメージを受ける可能性がある。

siemense

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2016年11月14日、在庫管理や人事管理システムを開発する米サービスマックスを9億1500万ドル(約990億円)で買収すると発表した。GEはIoTビジネスのプラットフォームとなるシステム基盤をすでに開発している。事務管理システムをシステム基盤に接続することで、企業情報システムとの本格的な連携を狙う。

 同じく14日、GEのライバルである独シーメンスも米国のソフトウエア企業であるメンター・グラフィックスを45億ドル(約4860億円)で買収すると発表した。シーメンスはドイツのソフトウェア企業SAPと組み、GEと同様のIoTシステム基盤を提供している。
 シーメンスは、設計システムに強みを持つメンター社を買収することで、製造業におけるIoT化をさらに進めていく

 世界的な動きはまだ続く。今度は韓国サムスン電子が米自動車部品大手ハーマン・インターナショナル・インダストリーズを約80億ドル(8640億円)で買収すると発表した。ハーマンは通信機能を備えたコネクテッドカーの分野に強く、サムスンは自動車IT化の分野に足がかりを得る。

 製造業におけるIoTの分野では、GEとシーメンスの躍進は突出している。IoT時代においては、各デバイスからネットを通じて送信される情報を処理し、顧客サービスの向上につなげるためのソフトウェアがカギを握る。
 この部分で主導権を握ることができた企業は、ライバル企業にシステムを有償で開放したり、システムの運用を他社から請け負うなど、圧倒的な競争力を確保できる可能性が高まってくる。逆に、主導権を握れない企業は、ライバル企業の下請け的な立場に陥ることにもなりかねない。

 世界的な業界再編はここ1~2年が正念場と思われるが、残念ながら日本企業の名前は出てこない。日本勢はIoT仕様の標準化で出遅れたことから不利な戦いを強いられている。日本勢が置かれた状況を考えると、多少の利益を犠牲にしても、GEやシーメンス陣営の傘下に入るという現実的な選択肢を考えていく必要があるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

twitter
ツイッターの決算。閲覧数の伸び鈍化がより鮮明になり、フツーの会社へ

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年4月29日、2014年1~3月期の決算 …

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …