ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を上回る孤立主義になるとの見方もあったが、少なくとも安全保障の面では、必ずしもそうとは言えなくなってきた。

trump201611b

 米国の安全保障政策の立案に極めて大きな影響力を持つ安全保障担当大統領補佐官には、オバマ政権下で国防情報局長官を務めていたマイケル・フリン氏が指名された。フリン氏は、陸軍の退役中将であり、アフガニスタンやイラクにおいて情報関係の任務を数多く経験している。対テロ対策の専門家といってよい人物である。
 以前は民主党員だったが、国防情報局長官時代に上層部と意見が合わず、退任を迫られたことなどから、オバマ政権批判に転じていた。フリン氏は以前はテロ容疑者に対する水攻めなど過酷な尋問に反対していたが、現在では否定しないといわれる。

 ロシアとは対テロで協力する必要があるとの立場で、日米安保も重視している。フリン氏が補佐官に就任するということになれば、対テロは強硬路線に転じ、とりあえずアジア太平洋地域は現状維持ということになるかもしれない。

 対テロの諜報活動を担うCIA(中央情報局)長官には、マイク・ポンペオ下院議員が指名された。ティーパーティが支持母体であり共和党では最右派に属する政治家である。
 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏について「死刑にすべきだ」と発言したり、テロ容疑者に対する拷問を主張するなどかなり過激な人物として知られる。

 陸軍士官学校出身で軍務の経験もあるが、若くして軍を除隊しており、幹部としての経験はない。CIA長官にこうした人物が就任するケースは少なく、テロ容疑者などに対して厳しい姿勢で望むというトランプ政権のイメージを体現した人事といえるかもしれない。

 フリン氏が中東に対する軍事的関与についてどのようなスタンスを持っているのかは不明だが、この人事を見る限りは、孤立主義というよりも、テロ対策を重視してきたブッシュ政権に近いイメージがある。

 最終的な安全保障政策は、国防長官と国務長官が決まらなければはっきりしないので、現時点では何ともいえないが、テロ対策が一気に強化されることだけは間違いなさそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

shukinpei07
習政権の腐敗撲滅運動。国営企業の報酬や党幹部の学歴にもメス

 中国で習近平指導部による腐敗撲滅運動がさらに激しくなっている。好待遇で批判の的 …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

hongkongryosinei
香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関す …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

no image
米大統領選挙、イスラエル支持をめぐって民主党大会が紛糾。米国社会に変化の兆候

  ノースカロライナ州シャーロットで開催中民主党全国党大会で、イスラエル問題でひ …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …