ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を上回る孤立主義になるとの見方もあったが、少なくとも安全保障の面では、必ずしもそうとは言えなくなってきた。

trump201611b

 米国の安全保障政策の立案に極めて大きな影響力を持つ安全保障担当大統領補佐官には、オバマ政権下で国防情報局長官を務めていたマイケル・フリン氏が指名された。フリン氏は、陸軍の退役中将であり、アフガニスタンやイラクにおいて情報関係の任務を数多く経験している。対テロ対策の専門家といってよい人物である。
 以前は民主党員だったが、国防情報局長官時代に上層部と意見が合わず、退任を迫られたことなどから、オバマ政権批判に転じていた。フリン氏は以前はテロ容疑者に対する水攻めなど過酷な尋問に反対していたが、現在では否定しないといわれる。

 ロシアとは対テロで協力する必要があるとの立場で、日米安保も重視している。フリン氏が補佐官に就任するということになれば、対テロは強硬路線に転じ、とりあえずアジア太平洋地域は現状維持ということになるかもしれない。

 対テロの諜報活動を担うCIA(中央情報局)長官には、マイク・ポンペオ下院議員が指名された。ティーパーティが支持母体であり共和党では最右派に属する政治家である。
 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏について「死刑にすべきだ」と発言したり、テロ容疑者に対する拷問を主張するなどかなり過激な人物として知られる。

 陸軍士官学校出身で軍務の経験もあるが、若くして軍を除隊しており、幹部としての経験はない。CIA長官にこうした人物が就任するケースは少なく、テロ容疑者などに対して厳しい姿勢で望むというトランプ政権のイメージを体現した人事といえるかもしれない。

 フリン氏が中東に対する軍事的関与についてどのようなスタンスを持っているのかは不明だが、この人事を見る限りは、孤立主義というよりも、テロ対策を重視してきたブッシュ政権に近いイメージがある。

 最終的な安全保障政策は、国防長官と国務長官が決まらなければはっきりしないので、現時点では何ともいえないが、テロ対策が一気に強化されることだけは間違いなさそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
日米共同の離島奪還訓練が中止に。米国側も訓練に及び腰だった

 政府は、11月に行われる自衛隊と在日米軍による共同演習において、実施予定であっ …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

kimujonunashi
金正恩第一書記が足を引きずる映像が話題に。痛風による体調不良説も

 北朝鮮の金正恩第一書記が足を引きずっている映像が話題になっている。このところ金 …

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

shukinpei06
習近平氏がダメ押しで胡錦濤氏の側近を粛正。習氏への権力集中は完成に近づく

 中国の習近平国家主席が、胡錦濤前国家主席の側近である令計画氏の排除に動き始めた …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …