ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

カストロ議長が死去。キューバに厳しいトランプ大統領の誕生で両国関係はどうなる?

 

 キューバ革命を起こし、反米的な社会主義政権を50年以上にわたって率いてきたフィデル・カストロ前国家評議会議長が2016年11月25日に死去した。90歳だった。
 昨年7月、米国とキューバは歴史的な国交回復を実現しており、カストロ氏は両国の国交回復を見届けての死去となった。ただ米国の新大統領であるトランプ氏は、キューバに対して厳しい発言をしており、今後の展開は不透明だ。

kasutoro

 カストロ氏は1959年にキューバ革命を起こして親米政権を打倒。以後、独裁者として50年以上にわたって社会主義政権を率いてきた。当時は米ソ冷戦の最中であり、カストロ氏は旧ソ連に接近。1962年にはソ連製ミサイルのキューバ配備を行い、米ソ核戦争の危機が一気に高まった(キューバ危機)。
 冷戦終結後もキューバの社会主義政権は維持され、高齢になったカストロ氏は2008年に実弟のラウル・カストロ氏に政権を移譲している。

 キューバは米国から厳しい経済制裁を受け、国民は苦しい生活を強いられてきたが、ここ10年で両国の関係は大きく変化した。米国はキューバからの移民がいなければ経済が回らない状態となっており、キューバ側も米国との関係強化を望むようになってきた。米国に住むキューバ人からの送金や米国人観光客がいないと貴重な外貨を獲得できないからである。こうした状況が最終的には国交回復につながったと見てよいだろう。

 米国内には人権弾圧を行っているキューバ政府とは安易に交渉すべきではないという声もあるが、オバマ政権は現実優先でキューバとの国交回復を前向きに進めてきたという経緯がある。
 ところが新しく大統領に選出されたトランプ氏は、選挙戦を通じてオバマ政権のこうしたスタンスを批判してきた。カストロ氏の死去を受けてトランプ氏は「自国民を迫害した残虐な独裁者が死去した。トランプ政権はキューバの人たちが自由を得られるよう全力を挙げる」と述べている。

 ただトランプ政権になったからといってキューバとの関係が逆戻りするとは限らない。トランプ氏は選挙戦序盤はキューバとの国交回復を評価する発言を行っており、キューバに対してどのようなスタンスなのか本当のところは定かではない。

 キューバは中南米諸国の中では文化水準が高く、米国の企業はキューバ進出を大きなビジネスチャンスと捉えている。ビジネスマン出身のトランプ氏もキューバのポテンシャルについてはよく理解しているはずだ。
 トランプ政権において経済界の意向が強く反映されることになればキューバの市場開放は予定通り行われていく可能性が高い。このあたりは実際に政権がスタートしなければ何とも言えないだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

sen15 00
過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

algeriagas
アルジェリアで武装勢力が日本人を含む民間人を拘束。首謀者の真の狙いは身代金?

 北アフリカのアルジェリアにある英BP社が運営する天然ガス関連施設で16日、イス …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

suzukimuneoototake
ベビーシッターをめぐる鈴木宗男vs乙武の論争は、日本社会の映し鏡

 埼玉県でベビーシッターに預けていた男児が死亡し、シッターの男が逮捕された問題で …