ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

カストロ議長が死去。キューバに厳しいトランプ大統領の誕生で両国関係はどうなる?

 

 キューバ革命を起こし、反米的な社会主義政権を50年以上にわたって率いてきたフィデル・カストロ前国家評議会議長が2016年11月25日に死去した。90歳だった。
 昨年7月、米国とキューバは歴史的な国交回復を実現しており、カストロ氏は両国の国交回復を見届けての死去となった。ただ米国の新大統領であるトランプ氏は、キューバに対して厳しい発言をしており、今後の展開は不透明だ。

kasutoro

 カストロ氏は1959年にキューバ革命を起こして親米政権を打倒。以後、独裁者として50年以上にわたって社会主義政権を率いてきた。当時は米ソ冷戦の最中であり、カストロ氏は旧ソ連に接近。1962年にはソ連製ミサイルのキューバ配備を行い、米ソ核戦争の危機が一気に高まった(キューバ危機)。
 冷戦終結後もキューバの社会主義政権は維持され、高齢になったカストロ氏は2008年に実弟のラウル・カストロ氏に政権を移譲している。

 キューバは米国から厳しい経済制裁を受け、国民は苦しい生活を強いられてきたが、ここ10年で両国の関係は大きく変化した。米国はキューバからの移民がいなければ経済が回らない状態となっており、キューバ側も米国との関係強化を望むようになってきた。米国に住むキューバ人からの送金や米国人観光客がいないと貴重な外貨を獲得できないからである。こうした状況が最終的には国交回復につながったと見てよいだろう。

 米国内には人権弾圧を行っているキューバ政府とは安易に交渉すべきではないという声もあるが、オバマ政権は現実優先でキューバとの国交回復を前向きに進めてきたという経緯がある。
 ところが新しく大統領に選出されたトランプ氏は、選挙戦を通じてオバマ政権のこうしたスタンスを批判してきた。カストロ氏の死去を受けてトランプ氏は「自国民を迫害した残虐な独裁者が死去した。トランプ政権はキューバの人たちが自由を得られるよう全力を挙げる」と述べている。

 ただトランプ政権になったからといってキューバとの関係が逆戻りするとは限らない。トランプ氏は選挙戦序盤はキューバとの国交回復を評価する発言を行っており、キューバに対してどのようなスタンスなのか本当のところは定かではない。

 キューバは中南米諸国の中では文化水準が高く、米国の企業はキューバ進出を大きなビジネスチャンスと捉えている。ビジネスマン出身のトランプ氏もキューバのポテンシャルについてはよく理解しているはずだ。
 トランプ政権において経済界の意向が強く反映されることになればキューバの市場開放は予定通り行われていく可能性が高い。このあたりは実際に政権がスタートしなければ何とも言えないだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

abeputin
日本の制裁措置にロシア側が反発。安倍政権の対ロ独自外交は難しい局面に

 ウクライナ問題をめぐるロシアへの経済制裁について、ロシア側が反発している。ロシ …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

shukinnpeijouge
中国の外交儀礼におけるルールはシンプル。どちらが格上でどちらが格下か!

 何よりもメンツと格式。中国における外交儀礼の基本はこの2つだといわれる。中国の …

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …