ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネットで集合知は成立しない?偽ニュース問題でフェイスブックが大揺れ

 

 フェイスブックが偽ニュース問題の対応に苦慮している。基本的にニュースの選定には関与したくないが、機械的な選別だけでは偽ニュースを完全に排除することは難しい。SNSはメディア企業なのか、単なるサービス企業なのか、同社の立ち位置が問われている。

zakabagu
 フェイスブックにはニュースの機能があり、米国では多くの国民がフェイスブック経由でニュースを見ているという。その中には、完全に虚偽の情報を垂れ流すサイトのニュースが多数含まれており、今回の大統領選挙にも大きな影響を与えたといわれている。
 今回の選挙が、両陣営にとって後味の悪い結果となったことから、選挙終了後から、同社に対してかなりの批判が寄せられている。

 以前、フェイスブックは社内に編集部を置き、人の手でニュースの選別や配信を行っていた。ところがリベラル寄りの記事が多すぎると批判されたことをきっかけに編集部を廃止。その後は、システムが自動的にニュースを選別するようになった。

 ところが、この自動選別が新しい問題を引き起こしてしまった。現在のシステムでは偽ニュースを垂れ流すサイトを完全に見破ることができないのである。
 世界には、とにかくアクセス数を稼ぎ、広告で利益を出すことのみに特化したニュースサイトが多数存在している。こうしたサイトは、正しい情報を掲載するのではなく、ネットの利用者が求める情報を捏造して掲載することも少なくない。多くの利用者が欲しがる情報を掲載しているので、アクセス数も多く、たちまち上位サイトに躍り出ることになる。

 システムを使った判別は、人名や年号など事実関係が明確なものについては高い精度が期待できるが、定性的なものは苦手だ。例えば「ローマ法王がトランプ氏を支持した」といったニュースの真偽を判定するのは極めて難しい。ローマ法王がトランプ氏を支持していないという事実を見つけ出さない限り、このニュースが100%ウソであると断言することはできないからである。

 フェイスブックは今回の事態を受けて、システムによるチェック機能の強化や読者による通報制度など、いくつかの改善策を提示したが、この中に人によるニュースの選別は含まれていない。同社としては、あくまでサービス企業であってメディアではないとの位置付けを強調したいものと思われる。だが、ニュースを配信する以上、メディアではないという位置付けは通用しない。

 これまで、フェイスブックのような企業は、都合のよい部分ではメディアのように振る舞い、都合が悪くなるとメディアではないという、場当たり的な対応を行ってきた。インターネットという集合知を駆使すれば、既存のメディアよりも正しい情報が得られるという理屈は、やはり机上の空論だったようである。

 - マスコミ, 社会 ,

  関連記事

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

sakamoto
さかもと未明氏のマナー発言が炎上。「正論」だけが幅を利かすグロテスクな光景

 搭乗した飛行機内での騒動を記した雑誌記事が物議を醸していたマンガ家のさかもと未 …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …