ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の経済ブレーンである浜田宏一氏が、金融政策の誤りを認めたという話の虚実

 

 アベノミクスの理論的支柱と言われ、内閣官房参与を務めている浜田宏一エール大学教授が、金融政策の誤りを認めたという話が話題になっている。

 浜田氏が誤りを認めたとされているのは、11月25日に日本経済新聞に掲載されたインタビュー記事。その中で「デフレ脱却には金融政策だけでは不十分だったのか」という記者の質問に対し、浜田氏は「私がかつてデフレはマネタリーな現象だと主張していたのは事実で、学者として以前、言っていたことと考えが変わったことは認めなければならない」と述べた。

hamadak

 浜田氏が言及しているのは、貨幣数量説的なデフレ解釈のことと考えられる。貨幣数量説とは、物価の水準は基本的に貨幣の量で決まるという経済学上の学説である。浜田氏など、現在の量的緩和策を支持する、いわゆるリフレ派と呼ばれる専門家は、基本的に貨幣数量説に立っている。
 物価の下落が貨幣の量が少なすぎることに起因するのであれば、貨幣を増やせばデフレを脱却できる。したがって量的緩和策でマネーを市中に供給すればデフレを脱却できることになる。

 現実には、浜田氏や日銀の黒田総裁も認めているように、当初はデフレ脱却に成功したかに見えたが、その後は、原油価格の下落や消費増税などによって思ったように物価が上がらなかった。
 純粋な貨幣数量説に立てば、原油価格といった個別の財の価格の変化によって全体的な価格水準が決まることはないはずなので、確かに解釈としては誤りだったということになる。浜田氏はそれを認めたということなのだろう。

 ただ、現実社会において、物価が個別の財の影響をまったく受けないということはなく、ましてや、金融政策だけが有効ということもあり得ないだろう。場合によっては需要を喚起したり、構造改革を実施しなければ、思ったような成果は得られないというのは常識といってよい。このあたりはリフレ派と呼ばれる専門家もよく分かっているはずだ。
 アベノミクスも当初は、金融・財政・構造改革をセットにした政策パーケージだった。しかし、いつの間にか、量的緩和策だけで景気回復ができるかのような論調に変わってしまった部分があることは否定できない。

 一部の識者は、今回の発言によって金融政策の誤りが証明されたと指摘する一方、リフレ派と呼ばれる人たちからは当然のことながら反論が出ている。インタビューでの発言がその通りであるならば、あくまでデフレはすべて貨幣現象であるという部分について誤りを認めたということであり、金融政策がすべて間違っていたという解釈は少々強引だろう。

 ただ、リフレ派と呼ばれる人の一部には、金融政策だけですべてを解決できるかのように説明していた人もいる。その点では、現行の政策に反対する人たちに格好の反論材料を与えてしまったといえなくもない。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

abe
安倍総裁が景気が悪い場合の消費増税中止を示唆。狙いは予算バラマキの継続的な拡大

 自民党の安倍総裁は、2014年4月に実施される消費税増税について、GDPの数字 …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …