ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部からは高齢者ドライバーの事故率が上がっているとの指摘があるが、これは事実ではない。事故の増加は、高齢者の絶対数が増加したことによるものであり、対策もこうした現実を前提にする必要がある。

koreishajiko

 11月12日に東京都立川市の病院敷地内で発生した事故では、乗用車が突然暴走し2人が死亡した。乗用車を運転していた女性は83歳だったが、免許取り消しの対象となる認知症の診断はなかったといわれる。純粋に高齢化による判断力の低下が原因と考えられている。

 警察庁の調べによると、今年10月末時点における運転者による死亡事故は2740件だったが、75歳以上の事故は377件と約14%となっている。交通事故全体の件数は年々減少しているが、80歳以上のドライバーによる事故は例外で、2015年は2005年と比較して約1.7倍に増加した。

 これは高齢者ドライバーの事故率が上がっているわけではなく、高齢化に伴い運転する高齢者の絶対数が増加したことが主な原因である。
 80歳以上の免許保有者は、同じ期間で2.5倍以上に増えており、これに伴って事故の絶対数も増えた格好だ。一部からは高齢者の事故率が上がっているので、対策が必要との声が出ているが、それは正しくない。あくまで絶対数の増加が原因であり、対策もこうした現実をベースにする必要がある。

 警察や自治体では、運転免許を保有する高齢者に対して免許を返納してもらうよう働きかけている。返納者に対しては公共交通機関の運賃を割り引くなどのサービスを提供しているが、ほとんど効果は上がっていない。地方の場合にはクルマがなければ生活ができず、免許を返納したくてもできない人が多いと思われる。

 こうした状況に対してAI(人工知能)による自動運転システムの普及は有力な解決手段となる。日本政府は段階的な自動運転の普及を計画しており、2020年には部分的な自動運転が実用化され、2025年頃には完全自動運転車が登場してくる見込みだ。
 だが諸外国の開発スピードは速く、2020年頃には完全自動運転車が実用化される可能性が高い。自動運転車については、その安全性について疑問視する意見もあるが、少なくとも高齢者ドライバーに運転を委ね続けるよりは、安全が確保される可能性は高い。

 自動運転を普及させるには自動車保険の扱いなど、制度的に決めなければならない部分がたくさんあり、政府の動きがカギを握る。現実を見据えた対応が必要な時期に来ているだろう。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

tocho
都庁職員が猪瀬知事のツイッター活用指示に困惑。なぜ公務員はITを駆使できないのか?

 猪瀬直樹東京都知事が、全部局に支持したツイッターによる情報発信に都庁職員が苦慮 …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

keitai
年配社員と若手社員の携帯電話論争は世代間ギャップの問題ではない

 最近、会社内における電話の使い方について、若い世代と年配世代で激しい対立がある …

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

southweekend
中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日 …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …