ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部からは高齢者ドライバーの事故率が上がっているとの指摘があるが、これは事実ではない。事故の増加は、高齢者の絶対数が増加したことによるものであり、対策もこうした現実を前提にする必要がある。

koreishajiko

 11月12日に東京都立川市の病院敷地内で発生した事故では、乗用車が突然暴走し2人が死亡した。乗用車を運転していた女性は83歳だったが、免許取り消しの対象となる認知症の診断はなかったといわれる。純粋に高齢化による判断力の低下が原因と考えられている。

 警察庁の調べによると、今年10月末時点における運転者による死亡事故は2740件だったが、75歳以上の事故は377件と約14%となっている。交通事故全体の件数は年々減少しているが、80歳以上のドライバーによる事故は例外で、2015年は2005年と比較して約1.7倍に増加した。

 これは高齢者ドライバーの事故率が上がっているわけではなく、高齢化に伴い運転する高齢者の絶対数が増加したことが主な原因である。
 80歳以上の免許保有者は、同じ期間で2.5倍以上に増えており、これに伴って事故の絶対数も増えた格好だ。一部からは高齢者の事故率が上がっているので、対策が必要との声が出ているが、それは正しくない。あくまで絶対数の増加が原因であり、対策もこうした現実をベースにする必要がある。

 警察や自治体では、運転免許を保有する高齢者に対して免許を返納してもらうよう働きかけている。返納者に対しては公共交通機関の運賃を割り引くなどのサービスを提供しているが、ほとんど効果は上がっていない。地方の場合にはクルマがなければ生活ができず、免許を返納したくてもできない人が多いと思われる。

 こうした状況に対してAI(人工知能)による自動運転システムの普及は有力な解決手段となる。日本政府は段階的な自動運転の普及を計画しており、2020年には部分的な自動運転が実用化され、2025年頃には完全自動運転車が登場してくる見込みだ。
 だが諸外国の開発スピードは速く、2020年頃には完全自動運転車が実用化される可能性が高い。自動運転車については、その安全性について疑問視する意見もあるが、少なくとも高齢者ドライバーに運転を委ね続けるよりは、安全が確保される可能性は高い。

 自動運転を普及させるには自動車保険の扱いなど、制度的に決めなければならない部分がたくさんあり、政府の動きがカギを握る。現実を見据えた対応が必要な時期に来ているだろう。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

hagejapan201401
ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

fbikomi
トランプ大統領がFBI長官を電撃解任。第2のウォーターゲート事件との声も

 トランプ米大統領は米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃的に解任した。トラン …

kankokugenpatu
韓国での原発トラブルが止まらない!本当にヤバイのでは?との声も

 韓国で原発のトラブルが相次いでいるが、このところその傾向に拍車がかかっている。 …

no image
マッカートニーとオノヨーコが完全和解。今後のビートルズ事業が狙いか?

 ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニー氏がTVのインタビューで「ビ …

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

merukeruputin
プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …