ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部からは高齢者ドライバーの事故率が上がっているとの指摘があるが、これは事実ではない。事故の増加は、高齢者の絶対数が増加したことによるものであり、対策もこうした現実を前提にする必要がある。

koreishajiko

 11月12日に東京都立川市の病院敷地内で発生した事故では、乗用車が突然暴走し2人が死亡した。乗用車を運転していた女性は83歳だったが、免許取り消しの対象となる認知症の診断はなかったといわれる。純粋に高齢化による判断力の低下が原因と考えられている。

 警察庁の調べによると、今年10月末時点における運転者による死亡事故は2740件だったが、75歳以上の事故は377件と約14%となっている。交通事故全体の件数は年々減少しているが、80歳以上のドライバーによる事故は例外で、2015年は2005年と比較して約1.7倍に増加した。

 これは高齢者ドライバーの事故率が上がっているわけではなく、高齢化に伴い運転する高齢者の絶対数が増加したことが主な原因である。
 80歳以上の免許保有者は、同じ期間で2.5倍以上に増えており、これに伴って事故の絶対数も増えた格好だ。一部からは高齢者の事故率が上がっているので、対策が必要との声が出ているが、それは正しくない。あくまで絶対数の増加が原因であり、対策もこうした現実をベースにする必要がある。

 警察や自治体では、運転免許を保有する高齢者に対して免許を返納してもらうよう働きかけている。返納者に対しては公共交通機関の運賃を割り引くなどのサービスを提供しているが、ほとんど効果は上がっていない。地方の場合にはクルマがなければ生活ができず、免許を返納したくてもできない人が多いと思われる。

 こうした状況に対してAI(人工知能)による自動運転システムの普及は有力な解決手段となる。日本政府は段階的な自動運転の普及を計画しており、2020年には部分的な自動運転が実用化され、2025年頃には完全自動運転車が登場してくる見込みだ。
 だが諸外国の開発スピードは速く、2020年頃には完全自動運転車が実用化される可能性が高い。自動運転車については、その安全性について疑問視する意見もあるが、少なくとも高齢者ドライバーに運転を委ね続けるよりは、安全が確保される可能性は高い。

 自動運転を普及させるには自動車保険の扱いなど、制度的に決めなければならない部分がたくさんあり、政府の動きがカギを握る。現実を見据えた対応が必要な時期に来ているだろう。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

hageljinin
オバマ外交を象徴する閣僚の一人、ヘーゲル国防長官が突然辞任

 オバマ大統領は2014年11月24日、ヘーゲル国防長官が辞任すると発表した。オ …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

takaichi
高市発言で浮き彫りになった原子力災害に対する根本的な誤解

 自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発 …

kosobiru
日本の1人あたりGDPは14位を維持。だがこれは円高でかなりお化粧されている

 内閣府は25日、2011年度の国民経済計算確報を発表した。それによると2011 …

cardinal obrien
セックス・スキャンダルに揺れる英国カトリックの大司教が辞任。法王選挙にも参加できず

 英国カトリック教会のトップであるオブライエン枢機卿が2月25日、スコットランド …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …