ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される日露首脳会談の地ならしを行った。ロシア側からは案の定、先制パンチが繰り出され、日露交渉が一筋縄ではいかないことをあらためて印象付ける結果となった。

kishidaputin

 ロシアは旧共産圏の国であり、現在でもプーチン大統領は独裁に近い権力を握っており、その体質は変わっていない。共産圏外交の特徴は、基本的にホームに招き入れ、スケジュールを何度も変更するなど相手を翻弄するというものだ。

 今回の日露交渉でもその手腕はいかんなく発揮された。岸田氏は2日にプーチン大統領との会談に臨んだが、プーチン氏は2時間も遅れて登場。会談はわずか30分で終了してしまった。岸田氏は翌日、ラブロフ外相との会談を控えており、そこでは、より具体的な交渉を行う必要がある。プーチン氏のこうした振る舞いは、日本側に心理的なプレッシャーを与えることが目的と考えられる。

 報道によると、プーチン氏は岸田氏との会談の直前まで、国内行事で演説を行っており、遅刻は意図的なものであることは間違いない。しかも会談の参加者の急な変更などもあり現場は慌てたという。

 翌日のラブロフ外相との会談について岸田氏は「有意義な会談ができた」と強調したのに対し、ラブロフ氏は何度も「両国間の立場には隔たりがある」と発言し、領土問題の早期解決は難しいとの考えを示した。
 もちろん、これはロシア側の揺さぶりということになるが、基本的に日露交渉を強く望んでいるのは日本側であるのは事実だ。今回の会談は、ボールはすべてロシア側にあるという現実を、あらためて国際社会に示す結果となった。

 尖閣諸島をめぐる日中交渉では、日中首脳会談の実現を日本側から何度も繰り返し要請したほか、大統領就任前のトランプ氏との会談を強く求めるなど、日本は常に相手に対して会談をお願いする立場になっている。
 もちろん積極的に外交を行うことは悪いことではないが、冷酷な国際社会のルールとして、最初に依頼した方はお土産を持参する必要があり、このような形でばかりで外交を行っていると、基本的に不利なレースを強いられてしまう。

 ロシアと日本は基本的に地政学的利害が対立する国であり、ロシアと接近するメリットはそもそも薄い。しかも、北方領土はロシアが不当に占拠したものであり、原理原則からすれば日本側に譲歩する余地はない。
 ロジックで考えれば、日本側から解決を依頼する状況ではないことが分かる。交渉の成果を急ぐあまり、この原理原則を曲げるようなことになってしまっては本末転倒である。

 - 政治 , , ,

  関連記事

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

debate
米大統領選挙TV討論会はロムニー氏優勢。オバマ大統領は酸素不足で失速

 米大統領選の第1回TV討論会が昨日終了した。  オバマ大統領は「ロムニー候補が …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …