ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これまで垂直統合モデルを堅持してきた自動車メーカーの産業構造が大きく変わりつつある。背景にあるのはEV(電気自動車)への対応だ。

nissangone02

 日産自動車は2016年11月22日、保有するカルソニックカンセイの株式を米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると発表した。日産はカルソニックカンセイの株式を約41%保有しているが、KKRはカルソニックカンセイに対して公開買い付け(TOB)を行って傘下に収める。日産は今回の売却によって約1900億円の資金を得ることになる。

 獲得した資金は三菱自動車の取得費用などに充てられるが、最大の使途はやはりEVの開発だろう。全世界的に次世代のエコカーはEVになるという流れが確立しつつある。
 これまで次世代のエコカーについてハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)を中心に開発を行ってきたトヨタですら、EVの量産化を決定している。トヨタほどのフルラインナップを持たない日産としてはEVに特化する方が現実的だ。

 だがEVが次世代の自動車ということになると、自動車業界の産業構造は激変する。EVは内燃機関と異なり、技術的な難易度が低く、多業種からでも容易に参入することができる。
 これまで自動車産業は、部品メーカーを系列として囲い込むという垂直統合モデルを採用してきたが、EV時代においてはこうしたモデルは必要なくなる。つまり、自動車メーカーを中心とした巨大な企業グループが解体されてしまう可能性が出てくるのだ。

 カルソニックカンセイは、コンプレッサーや排気システムから電装系まで揃える総合部品メーカーである。単独での競争力が付いたとはいえ、わざわざ中核の部品メーカーを売却するという決断の背景には、EV化を見据えた長期的な判断があると考えられる。

 今回の売却によって、すぐに自動車業界に大きな変化が訪れるわけではないが、将来的には、2016年から2017年にかけては、自動車業界における一大転換点だったとみなされる可能性が徐々に高まっている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …