ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これまで垂直統合モデルを堅持してきた自動車メーカーの産業構造が大きく変わりつつある。背景にあるのはEV(電気自動車)への対応だ。

nissangone02

 日産自動車は2016年11月22日、保有するカルソニックカンセイの株式を米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると発表した。日産はカルソニックカンセイの株式を約41%保有しているが、KKRはカルソニックカンセイに対して公開買い付け(TOB)を行って傘下に収める。日産は今回の売却によって約1900億円の資金を得ることになる。

 獲得した資金は三菱自動車の取得費用などに充てられるが、最大の使途はやはりEVの開発だろう。全世界的に次世代のエコカーはEVになるという流れが確立しつつある。
 これまで次世代のエコカーについてハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)を中心に開発を行ってきたトヨタですら、EVの量産化を決定している。トヨタほどのフルラインナップを持たない日産としてはEVに特化する方が現実的だ。

 だがEVが次世代の自動車ということになると、自動車業界の産業構造は激変する。EVは内燃機関と異なり、技術的な難易度が低く、多業種からでも容易に参入することができる。
 これまで自動車産業は、部品メーカーを系列として囲い込むという垂直統合モデルを採用してきたが、EV時代においてはこうしたモデルは必要なくなる。つまり、自動車メーカーを中心とした巨大な企業グループが解体されてしまう可能性が出てくるのだ。

 カルソニックカンセイは、コンプレッサーや排気システムから電装系まで揃える総合部品メーカーである。単独での競争力が付いたとはいえ、わざわざ中核の部品メーカーを売却するという決断の背景には、EV化を見据えた長期的な判断があると考えられる。

 今回の売却によって、すぐに自動車業界に大きな変化が訪れるわけではないが、将来的には、2016年から2017年にかけては、自動車業界における一大転換点だったとみなされる可能性が徐々に高まっている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …