ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これまで垂直統合モデルを堅持してきた自動車メーカーの産業構造が大きく変わりつつある。背景にあるのはEV(電気自動車)への対応だ。

nissangone02

 日産自動車は2016年11月22日、保有するカルソニックカンセイの株式を米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると発表した。日産はカルソニックカンセイの株式を約41%保有しているが、KKRはカルソニックカンセイに対して公開買い付け(TOB)を行って傘下に収める。日産は今回の売却によって約1900億円の資金を得ることになる。

 獲得した資金は三菱自動車の取得費用などに充てられるが、最大の使途はやはりEVの開発だろう。全世界的に次世代のエコカーはEVになるという流れが確立しつつある。
 これまで次世代のエコカーについてハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)を中心に開発を行ってきたトヨタですら、EVの量産化を決定している。トヨタほどのフルラインナップを持たない日産としてはEVに特化する方が現実的だ。

 だがEVが次世代の自動車ということになると、自動車業界の産業構造は激変する。EVは内燃機関と異なり、技術的な難易度が低く、多業種からでも容易に参入することができる。
 これまで自動車産業は、部品メーカーを系列として囲い込むという垂直統合モデルを採用してきたが、EV時代においてはこうしたモデルは必要なくなる。つまり、自動車メーカーを中心とした巨大な企業グループが解体されてしまう可能性が出てくるのだ。

 カルソニックカンセイは、コンプレッサーや排気システムから電装系まで揃える総合部品メーカーである。単独での競争力が付いたとはいえ、わざわざ中核の部品メーカーを売却するという決断の背景には、EV化を見据えた長期的な判断があると考えられる。

 今回の売却によって、すぐに自動車業界に大きな変化が訪れるわけではないが、将来的には、2016年から2017年にかけては、自動車業界における一大転換点だったとみなされる可能性が徐々に高まっている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

toyodaakio
トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当 …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …