ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これまで垂直統合モデルを堅持してきた自動車メーカーの産業構造が大きく変わりつつある。背景にあるのはEV(電気自動車)への対応だ。

nissangone02

 日産自動車は2016年11月22日、保有するカルソニックカンセイの株式を米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると発表した。日産はカルソニックカンセイの株式を約41%保有しているが、KKRはカルソニックカンセイに対して公開買い付け(TOB)を行って傘下に収める。日産は今回の売却によって約1900億円の資金を得ることになる。

 獲得した資金は三菱自動車の取得費用などに充てられるが、最大の使途はやはりEVの開発だろう。全世界的に次世代のエコカーはEVになるという流れが確立しつつある。
 これまで次世代のエコカーについてハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)を中心に開発を行ってきたトヨタですら、EVの量産化を決定している。トヨタほどのフルラインナップを持たない日産としてはEVに特化する方が現実的だ。

 だがEVが次世代の自動車ということになると、自動車業界の産業構造は激変する。EVは内燃機関と異なり、技術的な難易度が低く、多業種からでも容易に参入することができる。
 これまで自動車産業は、部品メーカーを系列として囲い込むという垂直統合モデルを採用してきたが、EV時代においてはこうしたモデルは必要なくなる。つまり、自動車メーカーを中心とした巨大な企業グループが解体されてしまう可能性が出てくるのだ。

 カルソニックカンセイは、コンプレッサーや排気システムから電装系まで揃える総合部品メーカーである。単独での競争力が付いたとはいえ、わざわざ中核の部品メーカーを売却するという決断の背景には、EV化を見据えた長期的な判断があると考えられる。

 今回の売却によって、すぐに自動車業界に大きな変化が訪れるわけではないが、将来的には、2016年から2017年にかけては、自動車業界における一大転換点だったとみなされる可能性が徐々に高まっている。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …