ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

カジノ基本法案が衆院通過。あくまで基本法であり、具体的な駆け引きはこれから

 

 カジノを推進するための基本法である「統合型リゾート整備推進法案」(いわゆるカジノ法案)が2016年12月6日の衆院本会議で可決された。週内にも参院で可決・成立する見込みだが、今回の法案はあくまで基本法に過ぎない。カジノについての詳細は、来年以降に策定される具体的な法案にかかっている。
 kajino

 今回、衆院を通過したのは、カジノ推進に関する基本法であり、運営に関する具体的な内容は何も定められていない。カジノ運営の詳細については、1年以内に整備される各種の法案の中に明記されることになる。つまりカジノ利権を左右することになる具体的な項目については、年明け以降、駆け引きが本格化することになる。

 カジノに対しては、産業界の一部から期待が寄せられているが、一方では反対の声も大きい。特に懸念されているのがギャンブル依存症問題である。
 今回の基本法には、利用者の入場規制、青少年に対する知識の普及といった項目が盛り込まれているが、依存症対策については特に言及がない。衆院では、法案の内容に対する懸念から、付帯決議が実施され、依存症対策について政府に検討を促すことになったが、どの程度の措置が実施されるのかは何ともいえない。

 依存症対策は、日本においては実はパンドラの箱である。あくまで建前上の話だが、日本ではこれまで賭博は公営しか認められてこなかった。パチンコは実質的にギャンブルだが、表面的には景品を出すアミューズメント施設に過ぎない。
 だが、カジノ法案が成立し、民間企業が賭博場を運営するということになると、既存のパチンコ産業をどう位置付けるのかという問題が発生する。もしパチンコをギャンブルと見なした場合、日本は世界でも屈指のギャンブル大国であり、公営ギャンブルも含め、総合的な依存症対策が必要という話になりかねないのだ。

 パチンコは警察庁、公営ギャンブルは農林水産省、国土交通省、経済産業省などと管轄が分かれており、省庁間の権益争いになる可能性があり、話はややこしい。
 このほか、カジノのライセンスをどう付与するのかといったところでは、カジノ参入を検討する企業や、機器のメーカー、各省の思惑が錯綜し、調整が難航するのは必至だ。カジノ運営の詳細を決める法案作成は政府に丸投げされているが、一筋縄ではいかないだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …

hasimoto2
橋下氏が石原氏とたちあがれの分断工作を開始。石原氏最大の弱点が露呈!

 次期衆院選を控えた「第三極」勢力の結集をめぐって、橋下徹大阪市長による「たちあ …

no image
李明博大統領、政敵である朴槿恵氏と会談。退任後は逮捕されずに済むのか?

 韓国の李明博大統領と与党セヌリ党の次期大統領候補に指名された朴槿恵氏は2日、青 …

yasukuni
安倍首相が靖国参拝を見送った背景。秋の臨時国会における重要課題を最優先か?

 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を見送った。自民党総裁として私費で玉串料を奉 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

kidera
中国大使の木寺氏が着任。真紀子大臣に責められ病気になっちゃった人だけど大丈夫?

 丹羽中国大使の事実上の後任となる木寺昌人駐新中国大使が25日着任した。木寺氏は …

gillade
中国が今度は豪の諜報機関をハッキング?だが政府首脳は中国擁護に必死

 オーストラリア放送協会(ABC)は5月27日、中国のハッカー集団が、建設中のオ …