ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と会談した。500億ドル(約5兆7000億円)を米国に投資し5万人の雇用を生みだすことをトランプ氏に確約した。投資のパートナーとしては台湾の鴻海精密工業の名前も並ぶ。

sontrump

 会談はトランプ氏の自宅がある、ニューヨークのトランプタワーで行われた。約45分の会談後、両氏はロビーに現われ記者からの質問に応じた。トランプ氏は「孫氏は米国への投資を決断してくれた」「彼は偉大な人物だ」と孫氏を賞賛。孫氏も「積極的に米国に投資していきたい」と語った。

 孫氏は投資の具体的な内容には触れていないが、スタートアップ企業への投資ということには言及しているので、ベンチャー企業への投資が中心になると考えられる。ただ、金額が5兆円と極めて大きいことを考えると、大企業への投資も含まれている可能性がある。
 そうなってくると、イメージされるのは買収を実現しようと試みて断念した通信会社TモバイルUSである。ソフトバンクは、スプリントの買収に続いてTモバイルも買収することで、AT&Tとベライゾンという米国の通信大手2社に一気に近づく算段だった。だが司法省の理解が得られず断念したという経緯がある。

 このほか、孫氏がトランプ氏に示した資料の中には鴻海精密工業の名前も見える。鴻海はソフトバンクのロボットであるPepperを生産するなどソフトバンクとの関係が深い。また孫氏は鴻海によるシャープ買収にも深く関与したともいわれる。
 鴻海はiPhoneの製造を一手に引き受けており、もしトランプ氏がこれまで主張してきたように、アップルに米国内での製造を求めるということになると、鴻海も工場を米国に移す必要が出てくる。アップルや鴻海にとっては経営の根幹を左右する事態である。

 今回のトランプ氏と孫氏との会談に鴻海の名前が出ているということは、こうした事態を織り込み、IT企業側が先手を打ったという解釈もできる。そうだとすると、孫氏の動きはもはや世界レベルの政治家ということになる。
 もし孫氏がアップル・鴻海とトランプを間を取り持ったという結果になれば、米国社会における孫氏の存在感は極めて大きなものになるだろう。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

kitachosenmisairu
北朝鮮がミサイル発射延期。だが日本政府にとっては基本的に他人事

 北朝鮮が発射予告している長距離弾道ミサイルについて、発射が延期される可能性が高 …

guncontrol
オバマ大統領が銃規制強化策を提案。だが演出のやり過ぎで一部から批判も

 オバマ大統領は16日、攻撃用銃器の販売禁止や銃購入時の身元調査を義務付ける包括 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …