ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが予定通り追加利上げを決断。内容は想像以上にタカ派で、すでに金融引き締めに転換?

 

 大方の予想通り、FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを決定した。ただ内容は想像以上にタカ派で、しかもトランプ経済の影響はまだ考慮されていない。もしトランプ新大統領が公約を実現した場合には、利上げペースが加速することも考えられる。FRBの金融政策はすでに緩和から引き締めに転じた可能性が高い。

ieren03

  米国の中央銀行にあたるFRBは2016年12月14日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、短期金利の指標となるフェデラルファンド金利(FF金利)の目標を0.25%引き上げた。これまでは年0.25~0.50%だったが、15日からは0.50~0.75%となる。FRBが金利を引き上げるのは、ゼロ金利解除を決定した2015年12月のFOMC以来、1年ぶり。

  FRBのイエレン議長は、今年後半から米国経済が加速しており、賃金も上昇していると指摘。米国経済が順調に成長していることに対応した利上げであることを強調した。FRBが追加利上げに踏み切ることは既定路線だが、今回の決定にはトランプ経済の影響は考慮されていない。
 トランプ新大統領が大型公共投資と減税という公約を実現した場合には、米国経済はさらに加速し、金利が上昇する可能性が出てくる。現在、FRBでは2017年中に3回の利上げを行うことをメイン・シナリオとしているが、これが4回以上に増える可能性もある。

  FRBはこれまで追加利上げに言及しながらも、緩和的な姿勢を維持するというスタンスだった。だが、今回のFOMCはこれまでとは雰囲気が異なっている。金融政策が緩和から引き締めに転じた可能性も出てきたとみてよいだろう。

 市場もこうした状況を織り込み始めている。FMOCの声明発表後、株価は一旦上昇したが、その後は下落。一方、債券市場では急速に金利が上昇し、為替もドル高が進んだ。最終的にはトランプ経済次第だが、2016年とは市場の環境が180度変わったことは認識しておく必要がありそうだ。

 日銀は今のところマイナス金利政策を続けているが、米国の金利上昇が加速した場合、これを維持することは容易ではない。2017年は日本の金融政策にとっても大きな転換点となる可能性が高い。

 - 経済 , , ,

  関連記事

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …