ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首脳会談を行った。国内の一部から、北方領土問題に関して大きな前進があるのではないかという過大な期待があったが、大方の予想通り、ロシア側からはほぼゼロ回答だった。
 一方で、3000億円の経済協力については合意に達しており、領土問題にほとんど進展が見られないまま、資金提供の話だけが進む結果となった。

abeputin201612

 今回の首脳会談に対する安倍政権の力の入れようは尋常ではなかった。わざわざロシア経済分野協力担当相まで設置し、北方領土問題の前進と本格的な経済協力関係の構築を目指していた。一次は、シベリア鉄道の日本延伸など、少し熱に浮かされた話題まで飛び出す始末だった。

 ロシアは現在、米国などから経済制裁を科されており、国内経済は厳しい状況にある。西側で唯一、ロシアに優しい顔をする日本に対して、プーチン大統領は譲歩するサインを見せていた。ロシア側の目的はシンプルで、日米間に亀裂を入れ、米露交渉を有利に進めることである。日本はそのためのコマであり、日本側はその状況を冷静に受け止め、狡猾に交渉を進める必要があった。やり方次第では、領土問題においても多少の譲歩を引き出せる余地があったかもしれない。

 だが日本側がはしゃぎすたことで、ロシア側には完全に足元を見られる形となってしまった。ダメ押しとなったのが米大統領選挙である。

 トランプ次期大統領はロシアに対して態度を軟化させており、米露交渉が進展する可能性が見えてきた。ロシアにとって対米関係が最重要課題であることを考えれば、プーチン大統領が日本に対して興味を失ってしまうのもやむを得ないかもしれない。

 日本とロシアは地政学的に見て、基本的に利害が対立する国であり、そもそも歩み寄れる余地が少ない。しかも北方領土はロシアによる不法占拠であり、下手に条件交渉を進めてしまうと、ロシアによる支配を正当化することにもつながってしまう。

 平和条約締結に向けて交渉すること事態は重要だが、日米関係の行き詰まりや日中関係の悪化を理由に、むやみにロシアに近づくことは戦略的にほとんど無意味である。ゼロ回答に終わってしまった今回の日露交渉は、こうした現実をあらためて認識させることになった。

 今回、ロシアの天然ガス開発や都市インフラの整備などで約3000億円の経済協力を実施することが決まったが、これらのプロジェクトについても要注意だ。領土問題をちらつかせ、政治的な進展と引き換えに、さらに多額の資金提供を求められる可能性もある。経済協力についても、一度ゼロベースで考え直すくらいで丁度よいだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

f1
ギリシャ政府がF1への補助金にゴーサイン。政治家と役人だけがオイシイ思いを満喫?

 ギリシャ政府が、F1サーキットの整備計画に3000万ユーロ(約30億円)の補助 …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

tinageeft
日銀が買い入れをコミットした賃上げETFが事実上の売買ゼロ状態に

 積極的に賃上げを実施する企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が危機的状 …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

asesan48th
閉幕したASEAN外相会議。ようやく共同宣言がまとまったが中国批判は抑制的

 中国の南シナ海進出問題で注目を集めていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会 …

jinminginkou
中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …