ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見が相次いでいる。特に小規模店舗からの反対の声が大きい。喫煙大国の日本では、オリンピックというタイミングを逃すと二度と導入は不可能ともいわれているが、雲行きはかなり怪しくなってきた。

bunen02

 政府は東京オリンピックを控え、公共の場所を原則禁煙とした本格的な受動喫煙対策の導入を検討している。厚労省が8月にまとめた「たばこ白書」では、日本の対策は先進国では最低レベルであると指摘。公共の場所をすべて禁煙とし、喫煙室の設置についても清掃や管理を担当する労働者の健康問題という観点から、設置を認めるべきではないとする踏み込んだ提言を行っていた。

 その後に公表された「たたき台」では、一部の施設で喫煙室の設置を認めるなど現実を考慮した内容に改定されたが、原則禁煙というスタンスは堅持した。だが自民党の部会では、この「たたき台」についても異論が続出した。特に小規模な飲食店から反発が大きく、対策が導入されるのかは微妙な情勢となってきた。

 飲食店側の理屈としては、分煙のためのコストを捻出できないというものが多いという。こうした店は、全面禁煙にした場合、喫煙できることを理由に来店していた客が来なくなり、経営が成り立たなくなる可能性は否定できない。だが、すべての事業者を満足させることは不可能であり、どこかで線引きをする必要がある。

 日本では喫煙について、主に「吸う人の権利」という観点で議論が行われていた。だが最近では、権利の有無以前の問題として、喫煙は受動喫煙を通じて他人に危害を加える行為であるという認識に変わりつつある。同様の認識は司法判断でも示されており、もはや議論の余地はなくなったといってよい。

 国際的に見ても完全禁煙は大きな流れであり、国際オリンピック委員会や世界保健機関は開催国に対して「たばこのない五輪」を求めている。小規模事業者の経営問題があるとはいえ、日本だけが一連の流れに逆行する判断をするのは望ましいことではない。原則禁煙という流れを前提に、どのような対応が可能なのか、早急に議論を進めていく必要があるだろう。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

no image
鳩山元首相、坂本龍一を党首に反原発政党を画策。東京はテクノポリスに!

 元首相の鳩山由紀夫氏が、ミュージシャンの坂本龍一氏を党首に迎えた脱原発新党を画 …

lenovo
米国政府が中国製ITシステムの調達を制限。ただし完全な実施は困難との見方

 米国で中国製ITシステムの政府調達を制限する法律が成立した。3月26日に成立し …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

abekaisan20141119
安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。も …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …