ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見が相次いでいる。特に小規模店舗からの反対の声が大きい。喫煙大国の日本では、オリンピックというタイミングを逃すと二度と導入は不可能ともいわれているが、雲行きはかなり怪しくなってきた。

bunen02

 政府は東京オリンピックを控え、公共の場所を原則禁煙とした本格的な受動喫煙対策の導入を検討している。厚労省が8月にまとめた「たばこ白書」では、日本の対策は先進国では最低レベルであると指摘。公共の場所をすべて禁煙とし、喫煙室の設置についても清掃や管理を担当する労働者の健康問題という観点から、設置を認めるべきではないとする踏み込んだ提言を行っていた。

 その後に公表された「たたき台」では、一部の施設で喫煙室の設置を認めるなど現実を考慮した内容に改定されたが、原則禁煙というスタンスは堅持した。だが自民党の部会では、この「たたき台」についても異論が続出した。特に小規模な飲食店から反発が大きく、対策が導入されるのかは微妙な情勢となってきた。

 飲食店側の理屈としては、分煙のためのコストを捻出できないというものが多いという。こうした店は、全面禁煙にした場合、喫煙できることを理由に来店していた客が来なくなり、経営が成り立たなくなる可能性は否定できない。だが、すべての事業者を満足させることは不可能であり、どこかで線引きをする必要がある。

 日本では喫煙について、主に「吸う人の権利」という観点で議論が行われていた。だが最近では、権利の有無以前の問題として、喫煙は受動喫煙を通じて他人に危害を加える行為であるという認識に変わりつつある。同様の認識は司法判断でも示されており、もはや議論の余地はなくなったといってよい。

 国際的に見ても完全禁煙は大きな流れであり、国際オリンピック委員会や世界保健機関は開催国に対して「たばこのない五輪」を求めている。小規模事業者の経営問題があるとはいえ、日本だけが一連の流れに逆行する判断をするのは望ましいことではない。原則禁煙という流れを前提に、どのような対応が可能なのか、早急に議論を進めていく必要があるだろう。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

pentagon02
米国防総省が発表した中国軍に関する年次報告書。中国側が激しく反発する理由とは?

 米国防総省は5月6日、中国の軍事力に関する年次報告書を発表した。この中で国防総 …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

no image
美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えて …