ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見が相次いでいる。特に小規模店舗からの反対の声が大きい。喫煙大国の日本では、オリンピックというタイミングを逃すと二度と導入は不可能ともいわれているが、雲行きはかなり怪しくなってきた。

bunen02

 政府は東京オリンピックを控え、公共の場所を原則禁煙とした本格的な受動喫煙対策の導入を検討している。厚労省が8月にまとめた「たばこ白書」では、日本の対策は先進国では最低レベルであると指摘。公共の場所をすべて禁煙とし、喫煙室の設置についても清掃や管理を担当する労働者の健康問題という観点から、設置を認めるべきではないとする踏み込んだ提言を行っていた。

 その後に公表された「たたき台」では、一部の施設で喫煙室の設置を認めるなど現実を考慮した内容に改定されたが、原則禁煙というスタンスは堅持した。だが自民党の部会では、この「たたき台」についても異論が続出した。特に小規模な飲食店から反発が大きく、対策が導入されるのかは微妙な情勢となってきた。

 飲食店側の理屈としては、分煙のためのコストを捻出できないというものが多いという。こうした店は、全面禁煙にした場合、喫煙できることを理由に来店していた客が来なくなり、経営が成り立たなくなる可能性は否定できない。だが、すべての事業者を満足させることは不可能であり、どこかで線引きをする必要がある。

 日本では喫煙について、主に「吸う人の権利」という観点で議論が行われていた。だが最近では、権利の有無以前の問題として、喫煙は受動喫煙を通じて他人に危害を加える行為であるという認識に変わりつつある。同様の認識は司法判断でも示されており、もはや議論の余地はなくなったといってよい。

 国際的に見ても完全禁煙は大きな流れであり、国際オリンピック委員会や世界保健機関は開催国に対して「たばこのない五輪」を求めている。小規模事業者の経営問題があるとはいえ、日本だけが一連の流れに逆行する判断をするのは望ましいことではない。原則禁煙という流れを前提に、どのような対応が可能なのか、早急に議論を進めていく必要があるだろう。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

abe20141125
盛り上がる解散の「大義」に関する論争。結論は選挙の結果次第?

 衆議院を解散する「大義」に関する議論が活発になっている。野党側が「アベノミクス …

scotlandmap02
スコットランドの独立問題。果たして本当に国家分裂の危機だったのか?

 英国北部スコットランド独立の賛否を問う住民投票は、賛成が45%、反対が55%( …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

no image
イランの核開発能力が倍増というIAEA報告書は出来レース?

  IAEA(国際原子力機関)は、イランが核兵器開発に必要なウラン濃縮の能力を2 …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …