ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が10月末時点で310万3300人となり、14年半ぶりの高水準になったと発表した。10%を超える失業率は当分続き、失業者数が減少に転じるには早くても2013年末以降になるという。

 だが深刻な状況が続くフランスやスペインなどを尻目に、ほぼ完全雇用に近い状態を維持している国もある。ゲルマン圏の工業国オーストリアである。

 オーストリアでは、失業率が4.5%とほぼ完全雇用の状態が継続している。その秘密は高付加価値型製造業の高い競争力と、柔軟性のある雇用システムである。
 オーストリアは、雇用主は理由の如何に関わらず自由に従業員を解雇できる。このため、従業員の雇用にリスクが少なく、思い切った採用が実施できる。一方労働者には手厚い職業訓練プログラムが適用されるため、たとえ解雇されたとしても、新しい技能を身に付け、次の職場をすぐに探すことができる。

 一方フランスは、日本と同様、従業員の解雇が原則として禁止されているため、企業はなかなか従業員を雇いたがらない。結果としてすでに雇用している高齢者の雇用だけが温存され、若年層に仕事が回らないという事態が生じている。
 フランスの25歳以下の失業率はなんと22%、これに対して50歳以上の失業質は7%未満である。オーストリアは移民の割合が高く、労働人口の12%を占めている。フランスは移民に否定的であり、労働人口の5%に満たないが、移民の失業率は20%と極めて高い。

 オーストリアと同様、北欧諸国も手厚い職業訓練プログラムを導入する代わりに、企業の解雇を容易にする措置を導入し成果を上げている。オーストリアや北欧は小国であるという事情は考慮する必要はあるが、これらの事例は、雇用を過剰に保護する政策は若年層にしわ寄せがいくだけの結果しかもたらさないことを如実に表している。

 日本はまさにフランスと同じような状態になっているわけだが、この状態を解消しようという動きはほとんど見られない。時期衆院選が迫っているが、若年層の雇用が大きな政治問題にならないのは由々しき事態である。

 - 政治, 経済

  関連記事

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

egyptdemo02
エジプトの反政府デモが重大局面。軍の介入は今後の民主化運動にどう影響するのか?

 モルシ大統領の退陣を求める大規模なデモが続くエジプトで、これまで中立を保ってい …

lottehoteru
ロッテグループのお家騒動で再び注目される、韓国の循環出資構造

 経営をめぐって創業家内部の争いが続いていたロッテホールディングスは2015年8 …

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

taxi
3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気 …

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …