ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

事実上のジャパンディスプレイ救済策。今度は有機EL事業を統合

 

 国策ディスプレイ・メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)は2016年12月21日、筆頭株主である産業革新機構から資金の提供を受け、有機EL事業を手がけるJOLEDを子会社化する。液晶と一体化させることで競争力を付ける戦略だが先行きは不透明だ。
 JOLEDもまた産業革新機構が出資して出来た企業であり、JDIは一時期、資金繰りにすら窮していた。産業革新機構による事実上の救済であり、同機構を中心に株式を移動しているだけとも解釈できる。

japandisprei

 JDIは日立製作所、東芝、ソニーの中小型液晶パネル事業を統合して出来上がった国策液晶パネルメーカーである。同じく国策ファンドの産業革新機構が資金を提供した。当初は、iPhoneの売上拡大に合わせて業績も拡大し、上場までこぎ着けたものの、iPhoneの失速に伴い業績が悪化。2期連続で赤字を垂れ流す事態となった。アップル1社に売上げの多くを依存するというリスキーな経営体制のツケが回った格好だ。

 一方、JOLED(ジェイオーレッド)も、パナソニックとソニーの有機ELパネル事業を統合した企業で、やはり産業革新機構が資金を提供している。先端的な有機EL事業をJDIに集約することで、韓国メーカーや中国メーカーに対抗しようという目論見である。

 ただ、有機ELについては韓国勢が猛烈な勢いで投資をしているほか、台湾・鴻海精密工業の傘下に入ったシャープも約2000億円を投じて開発を進めており、日本側の出遅れ感は否めない。JDIとJOLEDを統合したところで競争力が増すわけではなく、先行きは不透明なままだ。

 さらによくないのが今回の統合が事実上のJDIの救済策になっている点である。JDIは9月の中間決算でも経常赤字となっており、経営危機が続いている。本来であれば、事業を拡大している場合ではない。子会社化の資金は結局のところ産業革新機構が提供したことを考えれば、今回の統合はJDIに対する資金提供と見るのが自然だろう。

 JDIの設立資金やJOLEDの設立資金、そして今回の統合の資金はすべて産業革新機構、つまり国民の税金で賄われている。3社の間を株式と資金が移動しているだけであり、これは一種のマネーゲームであるともいえる。明確な戦略なき国策企業ほど、コントロールの効かないものはない。

 - 経済 , ,

  関連記事

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

yunikuroginza
ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …