ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は多くの人が認識するようになっており、働き方改革そのものの方向性は正しい。だが、一連の施策に対して、どうしても違和感が拭えないのも事実である。
 その理由は、日本の労働問題の根幹をなしているある事実を無視しているからである。この問題に手を付けなければ、すべての取り組みはうまく機能しないだろう。

kigyoshakai

 政府は社員の兼業に対する考え方を大きく転換させる。年度内にも、厚生労働省が提示するモデル就業規則から兼業禁止規定を撤廃し、原則容認という方向性を明確にする。兼業の容認は、多様な働き方を推進する原動力になるほか、労働者のキャリアパス形成にもよい影響を与える可能性が高い。この動きが広がれば、企業における人の働き方は確実に変わるだろう。

 このほか正社員と非正規社員の待遇を同じにする同一労働同一賃金についてもガイドライン案を示し、関連法の改正に向けて作業を開始した。また、厚労省内部に「過重労働特別対策室」を設置し、長時間労働に対する行政指導を強化する。

 一連の施策は極めて妥当なものであり、働き方改革には不可欠のものといえる。多くの人が、政策の実施を望んでいるが、一方では、現実にはうまく機能しないのではないかと漠然と考ている人も多い。こうした漠然とした不安には理由がある。それは、政府が進める働き方改革が、ある重大な事実から目をそむけていることである。

 日本企業において長時間労働が一向に改善されなかったり、兼業が禁止されていたり、あるいは、正社員と非正規社員という一種の身分制ともいえるシステムが出来上がっているのは、ひとつの制度を守るためである。それは大企業を中心とした終身雇用制度である。

 企業はひとたび社員を雇えば定年まで解雇することはできない。そうなってくると好景気には少ない人数で長時間残業を行ってなんとか業務を遂行し、逆に不景気の時には人が余っても解雇はしないというやり方にならざるを得ない。
 企業が一生、労働者を雇い続けるのであれば、企業に対して高いロイヤリティを求めるのは当然であり、そうであればこそ兼業禁止という概念が出てくる。また年功序列というシステムも、解雇がないという環境下ではもっとも合理的な昇進システムといえる。

 つまり、日本型の労働慣行のほぼすべては、この終身雇用を守るために機能している。欧米各国と比べて日本の生産性が極めて低いのは、終身雇用制度によって基本的に過剰な労働力を抱えていることが大きな要因となっている。
 終身雇用を撤廃すれば、企業は解雇が容易になり、社員の年収は確実に上昇し、労働時間は減少する。ほとんどの問題はこの制度を撤廃することで容易に実現するのだ。

 日本は少子高齢化でマクロ的に見れば基本的に人手が足りない。終身雇用を撤廃しても、失業者が街にあふれることにはならないが、転職は必須となるだろう。だが、大企業あるいはそれに準じる中堅企業に勤務する多くの労働者は、現行の地位と年収の維持を強く求めており、この意識が強く存在する限りは、一連の施策は機能しない可能性が高い。

 解雇のリスクはあるが、転職が極めて容易で自由闊達な社会と、長時間労働や年功序列という息苦しい制度を受け入れる代わりに、とりあえず定年までの雇用が保証される社会。どちらがよいのか、そろそろ日本人は決断する必要があるだろう。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …