ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は多くの人が認識するようになっており、働き方改革そのものの方向性は正しい。だが、一連の施策に対して、どうしても違和感が拭えないのも事実である。
 その理由は、日本の労働問題の根幹をなしているある事実を無視しているからである。この問題に手を付けなければ、すべての取り組みはうまく機能しないだろう。

kigyoshakai

 政府は社員の兼業に対する考え方を大きく転換させる。年度内にも、厚生労働省が提示するモデル就業規則から兼業禁止規定を撤廃し、原則容認という方向性を明確にする。兼業の容認は、多様な働き方を推進する原動力になるほか、労働者のキャリアパス形成にもよい影響を与える可能性が高い。この動きが広がれば、企業における人の働き方は確実に変わるだろう。

 このほか正社員と非正規社員の待遇を同じにする同一労働同一賃金についてもガイドライン案を示し、関連法の改正に向けて作業を開始した。また、厚労省内部に「過重労働特別対策室」を設置し、長時間労働に対する行政指導を強化する。

 一連の施策は極めて妥当なものであり、働き方改革には不可欠のものといえる。多くの人が、政策の実施を望んでいるが、一方では、現実にはうまく機能しないのではないかと漠然と考ている人も多い。こうした漠然とした不安には理由がある。それは、政府が進める働き方改革が、ある重大な事実から目をそむけていることである。

 日本企業において長時間労働が一向に改善されなかったり、兼業が禁止されていたり、あるいは、正社員と非正規社員という一種の身分制ともいえるシステムが出来上がっているのは、ひとつの制度を守るためである。それは大企業を中心とした終身雇用制度である。

 企業はひとたび社員を雇えば定年まで解雇することはできない。そうなってくると好景気には少ない人数で長時間残業を行ってなんとか業務を遂行し、逆に不景気の時には人が余っても解雇はしないというやり方にならざるを得ない。
 企業が一生、労働者を雇い続けるのであれば、企業に対して高いロイヤリティを求めるのは当然であり、そうであればこそ兼業禁止という概念が出てくる。また年功序列というシステムも、解雇がないという環境下ではもっとも合理的な昇進システムといえる。

 つまり、日本型の労働慣行のほぼすべては、この終身雇用を守るために機能している。欧米各国と比べて日本の生産性が極めて低いのは、終身雇用制度によって基本的に過剰な労働力を抱えていることが大きな要因となっている。
 終身雇用を撤廃すれば、企業は解雇が容易になり、社員の年収は確実に上昇し、労働時間は減少する。ほとんどの問題はこの制度を撤廃することで容易に実現するのだ。

 日本は少子高齢化でマクロ的に見れば基本的に人手が足りない。終身雇用を撤廃しても、失業者が街にあふれることにはならないが、転職は必須となるだろう。だが、大企業あるいはそれに準じる中堅企業に勤務する多くの労働者は、現行の地位と年収の維持を強く求めており、この意識が強く存在する限りは、一連の施策は機能しない可能性が高い。

 解雇のリスクはあるが、転職が極めて容易で自由闊達な社会と、長時間労働や年功序列という息苦しい制度を受け入れる代わりに、とりあえず定年までの雇用が保証される社会。どちらがよいのか、そろそろ日本人は決断する必要があるだろう。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

kyousho
自信を深めたオバマ大統領。二期目最初の一般教書演説は強烈な独自色

 オバマ大統領は12日(日本時間13日)、政権二期目最初の一般教書演説を行った。 …

no image
座礁したクルーズ客船の事故現場が大観光地に

 今年の1月に座礁事故を起こして転覆した超大型クルーズ客船「コスタ・コンコルディ …

no image
検察の独善性は万国共通?韓国検察が相次ぐ不祥事を受けて改革案を策定中。

 日本と同様、絶大な権限と半ば特権的な立場が許容されている韓国の検察当局が、これ …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …