ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GMを除く各社は国内雇用を重視する方針は示したものの、政権発足後の具体的な政策がはっきりしていないため対応に苦慮している。トランプ政権の保護主義がどの程度なのかを見極めるまでにはしばらく時間がかかりそうだ。

toyotatranpu

 トランプ氏はフォードモーターのメキシコの工場建設計画に対して選挙期間中から批判を展開。同社はトランプ氏の当選を受けて2016年1月3日、メキシコへの工場移転を撤回すると発表し、トランプ氏はツイッターで「ありがとう」と発言している。
 トランプ氏は続いてGM(ゼネラル・モーターズ)に対しても「高い関税を払うか、米国内で生産すべきだ」とツイッターで批判。フォードと異なり、GMはこれに対して反論しており、引き続きグローバルな経営を持続するとしている。

 その後、トランプ氏による攻撃の矛先は日本メーカーであるトヨタにも向けられた。5日、トランプ氏はツイッターでトヨタに対し、同社がメキシコで進めている新工場の建設について批判した。これを受けてトヨタの豊田章男社長は9日、デトロイトで開かれている北米自動車ショーの会場で講演し「米国に今後5年間で100億ドル(約1兆1700億円)を投資する」計画を明らかにした。
 また豊田氏は、トヨタは米国で13万6000人を雇用していることや、これまでに累計で220億ドルの投資を行ってきた実績も強調している。

 トランプ氏の保護主義的な政策が、こうした「口撃」レベルで終わるのか、それとも政権発足後にさらに具体的なレベルに踏み込んでくるのかは今のところ何ともいえない。だが通商政策を担当する経済閣僚には、貿易不均衡是正を強く主張する強硬派を揃えており、単純な口先介入だけで終わるとは思えない。

 実際に、保護主義的な政策が始まった場合には、自動車メーカー各社にとっては影響が大きいものの、それを前提に経営計画を策定することになり、方向性だけは明確になる。

 当面はトランプ政権の具体的な動きを探ることになるが、市場がもっとも嫌うのは不確実性である。具体的な方向性がはっきりしない期間が長く続いた場合、株価などにも影響が出てくるだろう。また、各社の中で従来の経営方針堅持を主張しているGMが今後、どのような対応を取るのかについても市場の注目が集まっている。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

ecb02
欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

abe001
エコノミスト誌が安倍首相は多重人格と指摘。それは日本人全体のことを指している

 英国の経済誌エコノミストが、安倍首相が多重人格であるという記事を掲載し、ちょっ …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

imfasia
IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。そ …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …