ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガスで開催された。CESでの展示や講演を見れば家電の最新トレンドが分かるといわれているが、今年の展示はAI(人工知能)一色となった。ハードはただの箱という扱いになり、AIが次世代家電のカギを握ることがより鮮明になってきた。

nvidiaceo

 SECは1967年から開催されている由緒ある見本市で、毎年1月にラスベガスで行われる。かつては最新のAV機器を展示する場だったが、近年ではネット・サービスや電気自動車など対象分野が広がってきている。

 CESでは、今年の主役になると考えられる企業が基調講演を行うことになっており、どの企業が基調講演を担当するのか多くの関係者が注目している。今年の基調講演を担当したのは、米NVIDIA(エヌビディア)CEOのジェンスン・ファン氏だった。
 NVIDIAは一般にはあまり知られていないが、パソコン用の画像処理チップの設計を手がけてきた半導体企業である。最近では人工知能向けチップの開発で市場の注目を集めている。

 人工知能を家電や自動車などに搭載し、現実的なレベルのサービスを行うということになった場合、高速処理を行うコンピュータが必要となる。汎用性を追求してきた現在のパソコン向け半導体では実現は難しく、人工知能に特化したものが求められている。
 ここで急浮上してきたのが、画像処理に用いる高度な演算処理を得意としてきたNVIDIAである。こうした企業が注目を集めているということは、AIがいよいよ実用段階に入ってきたことを意味している。

 NVIDAと並んで存在感を一気に高めているのが米アマゾンである。アマゾンはメーカーではないのでプロダクトはあまり持っていないが、AIの中核技術を持っている。韓国LGがアマゾンのAIを使った家電を発表したほか、米家電大手のワールプール、米GE、中国レノボなどが、アマゾンとの提携を進めている。表には見えない形でアマゾンAIの市場浸透が進む。

 見本市では、ソニーが復活の象徴として有機ELを使った薄型テレビ「A1Eシリーズ」を大々的に発表したが、市場の関心はもはや機器そのものには注がれていない。いまだにハード偏重から脱却できていない日本の家電メーカーは、さらに周回遅れとなってしまった印象だ。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

no image
この期に及んでも決められないシャープ。鴻海の郭会長はブチ切れて帰国

 経営危機に陥っているシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の資本提携内容の見直し交 …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

saujisaruman
サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

sonyhonsha
ソニーが相次いでリストラ策。だが今後の戦略についてはいまだ不透明

 業績低迷が続くソニーが、相次いでリストラ策を打ち出している。個々の施策はそれな …