ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガスで開催された。CESでの展示や講演を見れば家電の最新トレンドが分かるといわれているが、今年の展示はAI(人工知能)一色となった。ハードはただの箱という扱いになり、AIが次世代家電のカギを握ることがより鮮明になってきた。

nvidiaceo

 SECは1967年から開催されている由緒ある見本市で、毎年1月にラスベガスで行われる。かつては最新のAV機器を展示する場だったが、近年ではネット・サービスや電気自動車など対象分野が広がってきている。

 CESでは、今年の主役になると考えられる企業が基調講演を行うことになっており、どの企業が基調講演を担当するのか多くの関係者が注目している。今年の基調講演を担当したのは、米NVIDIA(エヌビディア)CEOのジェンスン・ファン氏だった。
 NVIDIAは一般にはあまり知られていないが、パソコン用の画像処理チップの設計を手がけてきた半導体企業である。最近では人工知能向けチップの開発で市場の注目を集めている。

 人工知能を家電や自動車などに搭載し、現実的なレベルのサービスを行うということになった場合、高速処理を行うコンピュータが必要となる。汎用性を追求してきた現在のパソコン向け半導体では実現は難しく、人工知能に特化したものが求められている。
 ここで急浮上してきたのが、画像処理に用いる高度な演算処理を得意としてきたNVIDIAである。こうした企業が注目を集めているということは、AIがいよいよ実用段階に入ってきたことを意味している。

 NVIDAと並んで存在感を一気に高めているのが米アマゾンである。アマゾンはメーカーではないのでプロダクトはあまり持っていないが、AIの中核技術を持っている。韓国LGがアマゾンのAIを使った家電を発表したほか、米家電大手のワールプール、米GE、中国レノボなどが、アマゾンとの提携を進めている。表には見えない形でアマゾンAIの市場浸透が進む。

 見本市では、ソニーが復活の象徴として有機ELを使った薄型テレビ「A1Eシリーズ」を大々的に発表したが、市場の関心はもはや機器そのものには注がれていない。いまだにハード偏重から脱却できていない日本の家電メーカーは、さらに周回遅れとなってしまった印象だ。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

indo
新興国の通貨や株価が大暴落。緩和縮小開始までの投機的な動きか?

 インドやタイ、マレーシアといった新興国の通貨や株式の下落が激しくなっている。イ …

sumahokodomo
スマホが幼児に悪影響という小児科医会の主張。もっと具体的な情報が欲しい

 全国の小児科医などで作る日本小児科医会は、乳幼児にスマホやタブレットで長時間遊 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …