ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガスで開催された。CESでの展示や講演を見れば家電の最新トレンドが分かるといわれているが、今年の展示はAI(人工知能)一色となった。ハードはただの箱という扱いになり、AIが次世代家電のカギを握ることがより鮮明になってきた。

nvidiaceo

 SECは1967年から開催されている由緒ある見本市で、毎年1月にラスベガスで行われる。かつては最新のAV機器を展示する場だったが、近年ではネット・サービスや電気自動車など対象分野が広がってきている。

 CESでは、今年の主役になると考えられる企業が基調講演を行うことになっており、どの企業が基調講演を担当するのか多くの関係者が注目している。今年の基調講演を担当したのは、米NVIDIA(エヌビディア)CEOのジェンスン・ファン氏だった。
 NVIDIAは一般にはあまり知られていないが、パソコン用の画像処理チップの設計を手がけてきた半導体企業である。最近では人工知能向けチップの開発で市場の注目を集めている。

 人工知能を家電や自動車などに搭載し、現実的なレベルのサービスを行うということになった場合、高速処理を行うコンピュータが必要となる。汎用性を追求してきた現在のパソコン向け半導体では実現は難しく、人工知能に特化したものが求められている。
 ここで急浮上してきたのが、画像処理に用いる高度な演算処理を得意としてきたNVIDIAである。こうした企業が注目を集めているということは、AIがいよいよ実用段階に入ってきたことを意味している。

 NVIDAと並んで存在感を一気に高めているのが米アマゾンである。アマゾンはメーカーではないのでプロダクトはあまり持っていないが、AIの中核技術を持っている。韓国LGがアマゾンのAIを使った家電を発表したほか、米家電大手のワールプール、米GE、中国レノボなどが、アマゾンとの提携を進めている。表には見えない形でアマゾンAIの市場浸透が進む。

 見本市では、ソニーが復活の象徴として有機ELを使った薄型テレビ「A1Eシリーズ」を大々的に発表したが、市場の関心はもはや機器そのものには注がれていない。いまだにハード偏重から脱却できていない日本の家電メーカーは、さらに周回遅れとなってしまった印象だ。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

asakusa02
訪日外国人観光客は海外旅行に出かける日本人の1.3倍も消費している

 政府は2015年6月5日、観光立国推進閣僚会議を開催し、訪日外国人を2000万 …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …