ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

行政が長時間労働是正に本腰。日本では欧州のような生活は定着するのか?

 

 このところ長時間労働を見直す動きが顕著になっている。ファミリーレストラン大手が相次いで24時間営業の見直しを図っているほか、電通や三菱電機が労働基準法違反の容疑で書類送検されるなど行政の対応も厳しくなっている。
 一部からは、小売店の休日営業・深夜営業が規制されてきたドイツやフランスを参考に、多少、不便でもゆとりのある生活を目指すべきだという声も出ている。こうした短時間労働は日本では実現できるのだろうか。

oushukyujitu

 ファミレス大手のすかいらーくは2016年12月15日、深夜営業を見直し、営業時間の短縮を行うと発表した。現在、同社グループでは24時間営業もしくは深夜営業を行っている店舗が1000店ほどあるが、このうち750店舗について、深夜2時閉店、朝7時開店とする。タイミングを同じくしてロイヤルホストを展開するロイヤルホールディングスも24時間営業の廃止を決定している。

 電通の過労自殺事件では、厚生労働省が同社を書類送検したほか、年が明けると三菱電機についても立件に動くなど行政側は異例の対応を見せている。監督官庁は、世間が大騒ぎする事件があると、それを利用して存在意義を過剰にアピールする傾向がある。このため政府がこの問題についてどこまで本腰なのかは現時点では不明だが、行政側の認識が変化していることだけは間違いない。

 一部からはフランスやドイツのように本格的に営業時間の規制が必要との声も出ている。だが欧州の状況を見ると日本とはだいぶ様子が異なる。
 ドイツやフランスでは長年、小売店の営業時間が規制されてきたが、近年、規制緩和が進んだことで、実際にはこうした規制は有名無実化している。だが興味深いことに、規制が緩和された後も、両国ではそれほど本格的に24時間営業が普及しているわけではない。つまり顧客も強く営業時間の延長を望んでおらず、事業者側も営業時間の延長はそれほど重要ではないと考えているようなのだ。

 こうした結果になるのは、営業時間規制の由来による影響が大きい。ドイツ営業時間規制は1900年に成立した閉店法が根拠となっているが、この法律の趣旨はキリスト教の安息日の概念である。規制が緩和されても、急激に24時間営業が広がらないのは宗教的な理由が強く影響している。
 一方、フランスの規制は革命国家らしく労働者の保護である。つまり労働者の権利を守るための法律であり、労働者に該当しない自営業者は規制の対象から外れている。このため、安息日が異なるイスラム教徒の自営業者は日曜や深夜でも店を開けていることが多く、実質的な弊害は少なかったという背景がある。

 また両国経済とも日本と比較して生産性が極めて高く企業経営に余裕がある。背景が異なり、かつ企業の収益が少ない日本の場合、長時間労働を積極的に是正できる企業はあまり多くないかもしれない。
 労働時間や労働者の賃金、経済の生産性に大きく依存してくる。最終的には日本経済が儲かる構造にならなければ、短時間労働の実現は難しいだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , , ,

  関連記事

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

no image
ここまでくるともう病気。解散発表当日にオバマ大統領にTPP参加方針は変わらずと電話

  野田首相は国会の党首討論会で解散を表明した14日夜、オバマ米大統領と約10分 …

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

nichigin04
日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金 …

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …

awa
エイベックスとサーバーエージェントが音楽定額配信に参入。ガラパゴス打破の契機となるか?

 エイベックス・グループとサイバーエージェントが定額制音楽配信サービスに参入した …

puerutoriko
ギリシャ問題のウラでデフォルト騒ぎになっていたプエルトリコ。明らかになった意外と豊かな経済

 ギリシャ問題に世界の注目が集まっているが、同じタイミングでデフォルト騒ぎになっ …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …