ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロケット「SS-520」の4号機を打ち上げたが、データ通信に異常が発生し、打ち上げは失敗に終わった。今回の打ち上げは民生品を活用し低コスト化を目指すプロジェクトだったが、スタート地点から躓いてしまった。

jaxass520

 今回打ち上げたロケットは、1998年に1号機が打ち上げられた観測ロケットSS-520をベースに改良を施したもの。従来は2段ロケットだったが、今回は3段目を追加し、超小型衛星を軌道に投入する予定となっていた。
 3段目の開発には民生品の電子部品が多用された。コストが安い民政部品を使用することでコストを低下させることが主な目的である。宇宙開発は国威発揚を目指してコストを考えずに実施するものから、採算を重視したビジネス用途へのシフトが進んでいる。今回のプロジェクトは日本の宇宙開発においてもコスト競争力を確保することが目的だった。

 SS-520の4号機は、午前8時33分に鹿児島県内之浦の宇宙観測所から打ち上げられたが、20秒後にロケットからのデータ通信(テレメトリー)が途絶えてしまった。本来であれば、2段目に点火する予定だったが、飛行計画ではロケットの状態が分からない状態で2段目以降に点火することはできないルールとなっており、これに従って点火を見送った。結果としてロケットは2段目以降に点火できず海上に落下した。

 点火を見送った判断は正しいが、もっとも重要なデータ通信の機能を失ってしまったのは大きな失態である。3段目については今回が初めての投入になるが、1段目と2段目については打ち上げ実績がある。なぜデータが途絶えてしまったのか、徹底的な原因究明が求められる。

 今回のプロジェクトはJAXAの長期的な計画にはなかったもので、経済産業省の2015年度宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業の採択を受けて急遽、発表になったという経緯がある。予算が付いたことがプロジェクトを開始するきっかけになった可能性があるが、これが今回の失敗に影響したのかは不明である。技術面での検証に加えて、スケジュールなどに無理がなかったのか、手続き面での検証も必要かもしれない。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …