ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロケット「SS-520」の4号機を打ち上げたが、データ通信に異常が発生し、打ち上げは失敗に終わった。今回の打ち上げは民生品を活用し低コスト化を目指すプロジェクトだったが、スタート地点から躓いてしまった。

jaxass520

 今回打ち上げたロケットは、1998年に1号機が打ち上げられた観測ロケットSS-520をベースに改良を施したもの。従来は2段ロケットだったが、今回は3段目を追加し、超小型衛星を軌道に投入する予定となっていた。
 3段目の開発には民生品の電子部品が多用された。コストが安い民政部品を使用することでコストを低下させることが主な目的である。宇宙開発は国威発揚を目指してコストを考えずに実施するものから、採算を重視したビジネス用途へのシフトが進んでいる。今回のプロジェクトは日本の宇宙開発においてもコスト競争力を確保することが目的だった。

 SS-520の4号機は、午前8時33分に鹿児島県内之浦の宇宙観測所から打ち上げられたが、20秒後にロケットからのデータ通信(テレメトリー)が途絶えてしまった。本来であれば、2段目に点火する予定だったが、飛行計画ではロケットの状態が分からない状態で2段目以降に点火することはできないルールとなっており、これに従って点火を見送った。結果としてロケットは2段目以降に点火できず海上に落下した。

 点火を見送った判断は正しいが、もっとも重要なデータ通信の機能を失ってしまったのは大きな失態である。3段目については今回が初めての投入になるが、1段目と2段目については打ち上げ実績がある。なぜデータが途絶えてしまったのか、徹底的な原因究明が求められる。

 今回のプロジェクトはJAXAの長期的な計画にはなかったもので、経済産業省の2015年度宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業の採択を受けて急遽、発表になったという経緯がある。予算が付いたことがプロジェクトを開始するきっかけになった可能性があるが、これが今回の失敗に影響したのかは不明である。技術面での検証に加えて、スケジュールなどに無理がなかったのか、手続き面での検証も必要かもしれない。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

asohadaijin201406
問題発言連発の麻生大臣。最後の大物政治家か、無邪気なボンボンか?

 麻生財務大臣の発言が話題になっている。新聞報道によると麻生氏は2014年6月2 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

rio
変わるカトリック教会。ブラジルではプロテスタントに対抗して現代マーケティング手法を導入

 カトリック教会のフランシスコ新法王が就任して4カ月が経過した。性的虐待問題やマ …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

konchu
国連が飢餓対策に昆虫食を推奨。日本ではすでに昆虫食を趣味にしている人も

 国連食糧農業機関(FAO)は5月13日、世界の飢餓対策として、カブトムシやシロ …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …