ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロケット「SS-520」の4号機を打ち上げたが、データ通信に異常が発生し、打ち上げは失敗に終わった。今回の打ち上げは民生品を活用し低コスト化を目指すプロジェクトだったが、スタート地点から躓いてしまった。

jaxass520

 今回打ち上げたロケットは、1998年に1号機が打ち上げられた観測ロケットSS-520をベースに改良を施したもの。従来は2段ロケットだったが、今回は3段目を追加し、超小型衛星を軌道に投入する予定となっていた。
 3段目の開発には民生品の電子部品が多用された。コストが安い民政部品を使用することでコストを低下させることが主な目的である。宇宙開発は国威発揚を目指してコストを考えずに実施するものから、採算を重視したビジネス用途へのシフトが進んでいる。今回のプロジェクトは日本の宇宙開発においてもコスト競争力を確保することが目的だった。

 SS-520の4号機は、午前8時33分に鹿児島県内之浦の宇宙観測所から打ち上げられたが、20秒後にロケットからのデータ通信(テレメトリー)が途絶えてしまった。本来であれば、2段目に点火する予定だったが、飛行計画ではロケットの状態が分からない状態で2段目以降に点火することはできないルールとなっており、これに従って点火を見送った。結果としてロケットは2段目以降に点火できず海上に落下した。

 点火を見送った判断は正しいが、もっとも重要なデータ通信の機能を失ってしまったのは大きな失態である。3段目については今回が初めての投入になるが、1段目と2段目については打ち上げ実績がある。なぜデータが途絶えてしまったのか、徹底的な原因究明が求められる。

 今回のプロジェクトはJAXAの長期的な計画にはなかったもので、経済産業省の2015年度宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業の採択を受けて急遽、発表になったという経緯がある。予算が付いたことがプロジェクトを開始するきっかけになった可能性があるが、これが今回の失敗に影響したのかは不明である。技術面での検証に加えて、スケジュールなどに無理がなかったのか、手続き面での検証も必要かもしれない。

 - 政治, IT・科学

  関連記事

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

zenjindai201401
中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表 …

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …