ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全に離脱する方針を明らかにした。移民制限や司法権独立などを優先する。ある程度、予想されていたことではあるが、実質的にEUに残留するという選択肢はなくなった。

eikokumei

 メイ氏は2017年1月17日、EUからの離脱交渉に関する政府の方針について演説した。この中でメイ氏は「EU域内での単一市場にとどまることはできない」と述べ、単一市場からの撤退を明言した。EUとはあたらな自由貿易の締結を目指すという。

 当初、英政府はEU離脱の影響を最小限にとどめるため、移民の流入を制限しながらも単一市場アクセスを維持する方向で交渉を進める腹づもりだった。だがEU側としては、こうした例外を認めてしまうと、離脱ドミノが発生する可能性があるため容易には妥協できない。このためEUとの交渉は難航するとの見方が大勢を占めていた。

 英国内では、単一市場へのアクセスを犠牲にしても移民規制を優先させるべきという、いわゆる「ハード・ブレグジット」論と、単一市場へのアクセス維持を目指す「ソフト・ブレグジット」論が対立していた。最終的にメイ氏は、独立派を中心にEUに対する反発が強いことやEU側の姿勢が強硬であることを考慮し、単一市場へのアクセスは断念した。

 その代わり、メイ氏はEUとの間であらたな自由貿易協定を結ぶとしている。EU側も英国市場の存在は魅力的なので何らかの妥協が図られる可能性が高いが、交渉が難航し、長期化するのは必至とみられる。
 今回の決定はある程度、予想されていたことであり、市場にはそれほどの混乱は発生していない。短期的には大きな動きはないと考えられるが、EUとの交渉が難航するような状況となった場合には、英国に拠点を置く企業の欧州シフトが発生する可能性がある。

 また今回の英国の決定は、長期的に見た場合、経済のブロック化を進めるきっかけとなる可能性もある。トランプ次期大統領はアメリカファーストを掲げ、自由貿易よりも国内雇用を優先する方針を打ち出している。米国の保護主義が本格的なものだった場合、各国は米国という世界でもっとも魅力的な市場を失うことになる。

 そうなった場合、英国はカナダやオーストラリア、ニュージーランドといった英連邦圏国家との通商協定を強化する可能性が高くなってくる。結果的に米国、英連邦、EU、中国という4大経済ブロック圏が出現することも十分に考えられる。
 今回の英国の決断そのものは規定路線ではあるが、長い目で見た場合、大きな転換点となっているのかもしれない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

kitachosenmisaru02
北朝鮮がミサイルの追加発射を準備?一方では米朝交渉を探る神経戦

 核実験を実施したばかりの北朝鮮で、今度は弾道ミサイルの追加発射の可能性が出てき …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …