ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全に離脱する方針を明らかにした。移民制限や司法権独立などを優先する。ある程度、予想されていたことではあるが、実質的にEUに残留するという選択肢はなくなった。

eikokumei

 メイ氏は2017年1月17日、EUからの離脱交渉に関する政府の方針について演説した。この中でメイ氏は「EU域内での単一市場にとどまることはできない」と述べ、単一市場からの撤退を明言した。EUとはあたらな自由貿易の締結を目指すという。

 当初、英政府はEU離脱の影響を最小限にとどめるため、移民の流入を制限しながらも単一市場アクセスを維持する方向で交渉を進める腹づもりだった。だがEU側としては、こうした例外を認めてしまうと、離脱ドミノが発生する可能性があるため容易には妥協できない。このためEUとの交渉は難航するとの見方が大勢を占めていた。

 英国内では、単一市場へのアクセスを犠牲にしても移民規制を優先させるべきという、いわゆる「ハード・ブレグジット」論と、単一市場へのアクセス維持を目指す「ソフト・ブレグジット」論が対立していた。最終的にメイ氏は、独立派を中心にEUに対する反発が強いことやEU側の姿勢が強硬であることを考慮し、単一市場へのアクセスは断念した。

 その代わり、メイ氏はEUとの間であらたな自由貿易協定を結ぶとしている。EU側も英国市場の存在は魅力的なので何らかの妥協が図られる可能性が高いが、交渉が難航し、長期化するのは必至とみられる。
 今回の決定はある程度、予想されていたことであり、市場にはそれほどの混乱は発生していない。短期的には大きな動きはないと考えられるが、EUとの交渉が難航するような状況となった場合には、英国に拠点を置く企業の欧州シフトが発生する可能性がある。

 また今回の英国の決定は、長期的に見た場合、経済のブロック化を進めるきっかけとなる可能性もある。トランプ次期大統領はアメリカファーストを掲げ、自由貿易よりも国内雇用を優先する方針を打ち出している。米国の保護主義が本格的なものだった場合、各国は米国という世界でもっとも魅力的な市場を失うことになる。

 そうなった場合、英国はカナダやオーストラリア、ニュージーランドといった英連邦圏国家との通商協定を強化する可能性が高くなってくる。結果的に米国、英連邦、EU、中国という4大経済ブロック圏が出現することも十分に考えられる。
 今回の英国の決断そのものは規定路線ではあるが、長い目で見た場合、大きな転換点となっているのかもしれない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

oecd02
OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

abechoshu
安倍首相が何度も強調する長州人のDNA。果たしてその怨念はどこに向かうのか?

 「志定まれば、気盛んなり」安倍首相は消費増税を正式表明する記者会見の場において …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

tenanmon
中国が2012年GDP値を発表。中国の爆発的成長は終了し、今後は普通の経済成長へ

 中国国家統計局は18日、2012年のGDP(国内総生産)を発表した。実質GDP …

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …