ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全に離脱する方針を明らかにした。移民制限や司法権独立などを優先する。ある程度、予想されていたことではあるが、実質的にEUに残留するという選択肢はなくなった。

eikokumei

 メイ氏は2017年1月17日、EUからの離脱交渉に関する政府の方針について演説した。この中でメイ氏は「EU域内での単一市場にとどまることはできない」と述べ、単一市場からの撤退を明言した。EUとはあたらな自由貿易の締結を目指すという。

 当初、英政府はEU離脱の影響を最小限にとどめるため、移民の流入を制限しながらも単一市場アクセスを維持する方向で交渉を進める腹づもりだった。だがEU側としては、こうした例外を認めてしまうと、離脱ドミノが発生する可能性があるため容易には妥協できない。このためEUとの交渉は難航するとの見方が大勢を占めていた。

 英国内では、単一市場へのアクセスを犠牲にしても移民規制を優先させるべきという、いわゆる「ハード・ブレグジット」論と、単一市場へのアクセス維持を目指す「ソフト・ブレグジット」論が対立していた。最終的にメイ氏は、独立派を中心にEUに対する反発が強いことやEU側の姿勢が強硬であることを考慮し、単一市場へのアクセスは断念した。

 その代わり、メイ氏はEUとの間であらたな自由貿易協定を結ぶとしている。EU側も英国市場の存在は魅力的なので何らかの妥協が図られる可能性が高いが、交渉が難航し、長期化するのは必至とみられる。
 今回の決定はある程度、予想されていたことであり、市場にはそれほどの混乱は発生していない。短期的には大きな動きはないと考えられるが、EUとの交渉が難航するような状況となった場合には、英国に拠点を置く企業の欧州シフトが発生する可能性がある。

 また今回の英国の決定は、長期的に見た場合、経済のブロック化を進めるきっかけとなる可能性もある。トランプ次期大統領はアメリカファーストを掲げ、自由貿易よりも国内雇用を優先する方針を打ち出している。米国の保護主義が本格的なものだった場合、各国は米国という世界でもっとも魅力的な市場を失うことになる。

 そうなった場合、英国はカナダやオーストラリア、ニュージーランドといった英連邦圏国家との通商協定を強化する可能性が高くなってくる。結果的に米国、英連邦、EU、中国という4大経済ブロック圏が出現することも十分に考えられる。
 今回の英国の決断そのものは規定路線ではあるが、長い目で見た場合、大きな転換点となっているのかもしれない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

abeputin
日本の制裁措置にロシア側が反発。安倍政権の対ロ独自外交は難しい局面に

 ウクライナ問題をめぐるロシアへの経済制裁について、ロシア側が反発している。ロシ …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …