ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全に離脱する方針を明らかにした。移民制限や司法権独立などを優先する。ある程度、予想されていたことではあるが、実質的にEUに残留するという選択肢はなくなった。

eikokumei

 メイ氏は2017年1月17日、EUからの離脱交渉に関する政府の方針について演説した。この中でメイ氏は「EU域内での単一市場にとどまることはできない」と述べ、単一市場からの撤退を明言した。EUとはあたらな自由貿易の締結を目指すという。

 当初、英政府はEU離脱の影響を最小限にとどめるため、移民の流入を制限しながらも単一市場アクセスを維持する方向で交渉を進める腹づもりだった。だがEU側としては、こうした例外を認めてしまうと、離脱ドミノが発生する可能性があるため容易には妥協できない。このためEUとの交渉は難航するとの見方が大勢を占めていた。

 英国内では、単一市場へのアクセスを犠牲にしても移民規制を優先させるべきという、いわゆる「ハード・ブレグジット」論と、単一市場へのアクセス維持を目指す「ソフト・ブレグジット」論が対立していた。最終的にメイ氏は、独立派を中心にEUに対する反発が強いことやEU側の姿勢が強硬であることを考慮し、単一市場へのアクセスは断念した。

 その代わり、メイ氏はEUとの間であらたな自由貿易協定を結ぶとしている。EU側も英国市場の存在は魅力的なので何らかの妥協が図られる可能性が高いが、交渉が難航し、長期化するのは必至とみられる。
 今回の決定はある程度、予想されていたことであり、市場にはそれほどの混乱は発生していない。短期的には大きな動きはないと考えられるが、EUとの交渉が難航するような状況となった場合には、英国に拠点を置く企業の欧州シフトが発生する可能性がある。

 また今回の英国の決定は、長期的に見た場合、経済のブロック化を進めるきっかけとなる可能性もある。トランプ次期大統領はアメリカファーストを掲げ、自由貿易よりも国内雇用を優先する方針を打ち出している。米国の保護主義が本格的なものだった場合、各国は米国という世界でもっとも魅力的な市場を失うことになる。

 そうなった場合、英国はカナダやオーストラリア、ニュージーランドといった英連邦圏国家との通商協定を強化する可能性が高くなってくる。結果的に米国、英連邦、EU、中国という4大経済ブロック圏が出現することも十分に考えられる。
 今回の英国の決断そのものは規定路線ではあるが、長い目で見た場合、大きな転換点となっているのかもしれない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

abetouben
安倍政権が考える言論の自由と民主党が考える言論の自由

 与野党の間で「言論の自由」の考え方をめぐって論争となっている。安倍首相がテレビ …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

legoburokku
レゴが素材の脱石油化を決断できる理由は、ズバリ高収益体質

 デンマークの玩具世界大手レゴグループは、主力商品のレゴブロックの素材を従来の石 …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …