ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した。2017年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.4%となり、前回の見通しを据え置いた。トランプ政権の誕生で、中長期的に米国経済が成長する余地が大きくなると判断したものの、保護貿易的な政策によって効果が相殺される可能性も考慮した。

imf201701

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2016年10月における見通しの改定値ということになる。

 今回の最大の注目点はIMFがトランプ政権の経済政策をどう評価するのかという部分であった。現在、世界経済は米国が牽引する構図になっており、米国の成長率見通しは世界経済全体の見通しに大きな影響を与える。
 米国の2017年の成長率見通しはプラス2.3%と前回よりも0.1ポイント上方修正された。トランプ政権が計画している総額1兆ドルのインフラ投資が短期的にも、長期的にも経済成長に効果を及ぼすと判断した。

 ただ、トランプ氏が掲げる保護主義的な政策はマイナス要因であり、場合によってはインフラ投資の効果を相殺する。利上げのスピードが加速することも成長の抑制要因になるとしており、2017年の成長率ついては0.1ポイントの増加にとどめた。これに加えてブラジルやメキシコといった新興国の経済が打撃を受ける可能性も高まっている。

 この結果、2017年の世界経済の成長率は3.4%となり、前回予想を据え置く形となった。ユーロ圏はプラス1.6%と0.1ポイントの上方修正だが、金融危機の懸念があるイタリアは0.2ポイント下方修正された。スペインは前回より0.1ポイント上方修正となりプラス2.3%、フランス、ドイツはともに0.1ポイントの上方修正である。
 EUからの離脱を決めた英国は2017年はプラス1.5%、2018年はプラス1.4%と落ち着いた数字を見込んでいる。EUとの交渉推移を見守るということだろう。

  日本は円安の効果から0.2ポイント上方修正されたが、2017年はプラス0.8%、2018年はプラス0.5%と伸び悩みが続く。中国はプラス6.5%と前回より0.3ポイント上方修正された。中国政府はとりあえず経済のコントロールに成功しており、今のところはクラッシュは起こらず、安定的に推移すると予想している。大幅なマイナスが続いていたロシアが、ようやくプラス成長に転じる一方、インド、ブラジル、メキシコなどは軒並み下方修正となった。

 トランプ氏の経済政策の効果を織り込みつつも、保護貿易的な政策のマイナス要素も考慮に入れた形であり、今の時点ではかなり現実的な予測といってよいだろう。現在の市場はトランプ政権の経済政策を織り込み過ぎているものの、それほど大きな反動もないかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …