ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した。2017年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.4%となり、前回の見通しを据え置いた。トランプ政権の誕生で、中長期的に米国経済が成長する余地が大きくなると判断したものの、保護貿易的な政策によって効果が相殺される可能性も考慮した。

imf201701

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、7月と1月に見通しの改定値を出している。今回の発表は2016年10月における見通しの改定値ということになる。

 今回の最大の注目点はIMFがトランプ政権の経済政策をどう評価するのかという部分であった。現在、世界経済は米国が牽引する構図になっており、米国の成長率見通しは世界経済全体の見通しに大きな影響を与える。
 米国の2017年の成長率見通しはプラス2.3%と前回よりも0.1ポイント上方修正された。トランプ政権が計画している総額1兆ドルのインフラ投資が短期的にも、長期的にも経済成長に効果を及ぼすと判断した。

 ただ、トランプ氏が掲げる保護主義的な政策はマイナス要因であり、場合によってはインフラ投資の効果を相殺する。利上げのスピードが加速することも成長の抑制要因になるとしており、2017年の成長率ついては0.1ポイントの増加にとどめた。これに加えてブラジルやメキシコといった新興国の経済が打撃を受ける可能性も高まっている。

 この結果、2017年の世界経済の成長率は3.4%となり、前回予想を据え置く形となった。ユーロ圏はプラス1.6%と0.1ポイントの上方修正だが、金融危機の懸念があるイタリアは0.2ポイント下方修正された。スペインは前回より0.1ポイント上方修正となりプラス2.3%、フランス、ドイツはともに0.1ポイントの上方修正である。
 EUからの離脱を決めた英国は2017年はプラス1.5%、2018年はプラス1.4%と落ち着いた数字を見込んでいる。EUとの交渉推移を見守るということだろう。

  日本は円安の効果から0.2ポイント上方修正されたが、2017年はプラス0.8%、2018年はプラス0.5%と伸び悩みが続く。中国はプラス6.5%と前回より0.3ポイント上方修正された。中国政府はとりあえず経済のコントロールに成功しており、今のところはクラッシュは起こらず、安定的に推移すると予想している。大幅なマイナスが続いていたロシアが、ようやくプラス成長に転じる一方、インド、ブラジル、メキシコなどは軒並み下方修正となった。

 トランプ氏の経済政策の効果を織り込みつつも、保護貿易的な政策のマイナス要素も考慮に入れた形であり、今の時点ではかなり現実的な予測といってよいだろう。現在の市場はトランプ政権の経済政策を織り込み過ぎているものの、それほど大きな反動もないかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

oecd02
OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

nitigin
安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「 …

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …