ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45代アメリカ大統領に正式に就任した。トランプ氏は就任演説で、米国第一主義を宣言し、ワシントンを中心とするエスタブリッシュメント(支配階級)の手から政治を奪い返すと強調した。米国が自国中心主義を強めることは確実な状況となった。

trumpshunin

 トランプ氏の就任演説は約20分という簡潔なものだった。冒頭でトランプ氏はワシントンのエスタブリッシュメントは自らを保護したが国民は守らなかったと厳しく批判。政治を国民の手に奪い返すと強く宣言した。

 具体的なテーマとして最初に言及したのは貿易問題であった。米国は長年にわたって自国の産業を犠牲にし、他国に利益を与えてきたと述べ、自国産業の利益を中心とする考えを明確にした。また他国の防衛に多額のコストをかけてきたと主張し、日本や韓国の駐留米軍の負担軽減を匂わせた。
 続いてトランプ氏は国内のインフラ整備について言及。具体的な数字には触れなかったが、高速道路や鉄道網の整備を行うとした。

 一連の経済テーマの後にトランプ氏が触れたのはイスラム過激派であった。テロに対抗して文明世界を団結させるとし、テロを地球上から根絶すると強調した。
 この後、過去の大統領の演説に倣い聖書の一節に言及するとともに、テクノロジーの発達などについて触れ、終盤で人種を越えた団結を呼びかけて演説をしめくくっている。

 言及した順番から考えると、インフラ投資よりも米国第一主義を前面に打ち出しており、保護主義的な色彩の濃い演説といえる。
 トランプ氏は就任式を終えると早々に、医療保険改革制度(いわゆるオバマケア)の見直しに関する大統領令にサインし、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱と、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉について表明した。市場では巨額のインフラ投資に注目が集まっているが、少なくとも政権がスタートした当初は、保護主義的なスタンスが目立つことになるだろう。

 一般的に輸入規制など保護主義的な政策は、経済成長を抑制する要因となる。ただ米国はエネルギーや食糧を自給できることに加え、世界最大の消費市場を持っており、閉じた経済圏として振る舞うことができる。
 仮に保護貿易が米国経済の成長にマイナスの影響を与えたとしても、諸外国と比較した場合、米国への影響は軽微になる可能性もある。これは言い換えれば、近隣各国に対する窮乏政策であり、米国への輸出で経済を成り立たせている国にとっては厳しい時代の到来を意味している。

 当面は具体的な保護主義政策がどの程度のものなのか見極める動きが続くことになる。だが、選挙戦を通じて訴えかけてきた保護主義が、イメージだけのものではないことは確実となった。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
すでに中東戦争?イスラエルとシリアが一部交戦状態に

 シリア内戦が引き金となり、中東では事実上「中東戦争」が始まったかのような状況と …

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …

abenaikaku
強いリーダーシップに憧れる安倍首相が上滑り。企業戦士という昭和なキーワード

 安倍政権がスタートしてから約1ヶ月が経過した。日銀に対する強硬姿勢によって円安 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

puting20
原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国 …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …