ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持ち株会社化で経営判断を迅速にするというのが目的だが、投資家からは懸念の声が聞かれる。持ち株会社化されてしまうと、情報開示のルールが変わり、事業会社における重要な情報が開示されなくなるリスクがあるからだ。

toshibakojo

 東芝は米国の原子力事業で多額の損失を抱えており、その金額によっては債務超過に陥る可能性がある。一部からは事業の解体が必要との声も出ているが、状況は流動的だ。そのような中、持ち株会社化を検討との報道が出ている。分社化を検討しているメモリ事業、原発事業、その他の事業を持ち株会社の傘下に収める案が検討されているという。

 持ち株会社への移行というと聞こえはよいが、持ち株会社を作ったところで経営状況が変わるわけではない。しかも持ち株会社化した場合、投資家にとっては不利になることが多い。情報開示のルールが変わり、事業会社における重要情報が開示の対象から外れる可能性があるのだ。

 例えばテレビ局は、ほとんどが持ち株会社制に移行したが、現実にはテレビ事業が売上高のほとんどを占めており経営実態は変わっていない。しかし、持ち株会社の傘下にあるテレビ事業の子会社はあくまで子会社なので、以前より詳しい情報を開示する必要がない。このため、テレビ事業の透明性は以前より低下した。
 外食産業などでも、持ち株会社に移行すると既存店売上高などに関する詳細情報を開示しなくなるケースがある。

 東芝の場合、どのような形態の持ち株会社になるのか分からないので、現時点では何ともいえないが、少なくとも投資家から見た場合には、情報開示のレベルが下がることはあっても上がることはないだろう。

 日本では、組織や制度をいじることを改革だと考える風潮が強く、これが問題解決を先送りしてしまうケースが多い。組織は戦略に従うという有名な経営学の言葉があるが、組織や制度は、基本戦略が確定すれば自動的に付いてくるものであって、組織を変えることで戦略が生まれるわけではない。

 会社の存続が危ぶまれるこのような状況において、組織論の話が出てくるという状況を考えると、東芝はまさに末期症状なのかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …